« 一度じゃ見えない | トップページ | カシミール3D »

2006年4月16日 (日)

アンチ・エイジング

「いかに若さを保ち続けるか」って、この言葉。僕は嫌い。

僕は「ポジティブ・エイジング」。きたないものも、きれいなものも、
年食ってちゃんと見えていくことの方が、たのしそうだ。
早くなりたいワケじゃなく、追々、すてきなジイさんになりたい。

|

« 一度じゃ見えない | トップページ | カシミール3D »

コメント

アンチエイジングって、女性のお肌のハナシと違うの?それ以外であんまり使わない言葉のような気がするのですが・・・。

投稿: aya | 2006年4月17日 (月) 19時19分

そっかぁ。(笑)
それでもね。なんかもっと女性もポジティブに年とること、
考えていい気がする。
あんまり年を意識しすぎるのって、もったいない気が。。。(^^)

投稿: さかた | 2006年4月17日 (月) 20時01分

先日、プロ野球の巨人戦で工藤投手が投げてる時のテレビ中継で。
やたらアナウンサーが工藤の年齢のことを言うのです。
いや、42歳(だったかな?)で今も現役を続けて投げているということに アナウンサーなりに敬意を払っているのはわかるんですが、ちょっとしつこすぎて閉口しました。
何かというと「42歳!!」と言う。
下手したら1球投げるごとに言う。
その言葉の裏には、「本来この歳なら引退してるはずなのに」みたいな固定観念に縛られているようなものがあるような気がして。

工藤投手本人は、投げてる時は自分の年齢など意識しないで投げてると思うのです。
もちろん、普段の体調管理には歳相応の気は使ってるはずですが。

日本は、一つの物差しであらゆる人を同じように計りすぎではないかと。
物差しは十人十色でいいと思うのです。
で、それぞれの物差しで歳をとっていき、それぞれが素敵な歳のとり方をしていけばいいのではないかと思えてなりません。


・・・ちょっと、話を飛躍させすぎましたか?(笑)

投稿: 時代屋だんぞう | 2006年4月22日 (土) 14時20分

>だんぞうさん
「人それぞれの素敵な歳の取り方」。。
「その人自身を見る」って大切ですよね。
よく女性雑誌などの電車内吊り広告で「恋愛の法則」的な特集
見ますけど、いちばん大切なのは「異性はこう思うもの」って
一般的に盲信されてる言葉じゃないと思う。目の前にいる人
そのものの表情、言葉、会話などから自分が工夫して得た情報で、
「その人が好きなこと、嫌なことは何か」を一生懸命考えて、
対峙し、失敗の中で情報を蓄積することだと思ってます。
「歳の取り方」とおなじで、決して法則化できませんよね。

投稿: さかた | 2006年4月25日 (火) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンチ・エイジング:

« 一度じゃ見えない | トップページ | カシミール3D »