« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月27日 (土)

色気

僕が関わってる多摩の伝統芸能「説経節」。
三味線をバックに義太夫のように物語を語る芸能。車人形という人形芝居の地語り(バックに流れる物語)でよく聞かれる。数年前、「太夫(語り手)をやってみようかな」って、ウチで呟いたことがある。そしたら間髪入れずにカミさんがこうのたまった。

「Tonちゃんに、若太夫(八王子の筆頭太夫)さんみたいな色気、
  か・け・らもないじゃない。だからやめなさい」

ちきしょー、そのとおりだよ!

「じゃあ、なんで僕を選んだの?」
(プロポーズは奴からなのだ、ホントよ、これ)ってカミさんに言ったら
「あんな色気のある人が外に出たら、ちゃんと帰ってくるか、
 気が気じゃなくて疲れそう。その点Tonちゃんは大丈夫!」
だって(T_T)

ハッキリ言ってくれやがる(笑)。

芸人の色気、アブナい感じというか、、ぞくっとさせるものというか。。
言葉で上手く説明しがたい魅力。。。オレ、確かに、、ない。。。
邦楽の語り物の世界だと、そういうそこはかとない色気、確かに重要。
反論できましぇんでした(T_T)。
ギターもオレ、人前で弾いてていいんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

武蔵野台地の毛細血管

今日は京王線芦花公園駅からスタート、玉川上水の開渠部分を遡って、小金井市の貫井橋まで歩いた。遊歩道が整備されてる拝島まで行けるかなと思ったけど、さすがに小金井まで行って飽きた(笑)。で、小平市内の短冊状地割の畑地の中をウロウロしてきた。

玉川上水は就職したての頃、自転車で四谷大木戸から羽村まで辿ったことがある。だからあまり発見することはないかなと思いきやさにあらず、やはり歩くって凄い。見落としていた分水口や、廃止になった鉄道(中島飛行機武蔵製作所引込線→国鉄武蔵野競技場線)の橋梁跡に気付いたりする。14年前じゃ見えなかった物だって多少は見える。

Hashi_1


鉄道橋梁跡

玉川上水からは大きなものだと野火止用水と千川上水、品川用水が分している。だが小川分水や田無分水・深大寺用水といった小さな分水が、武蔵野台地の上を毛細血管のように走っている。

Bunsui


小平市鈴木町に残る分水

これがこの辺りの享保期の新田開発のインフラとなってゆく。その分水は今もまだ残っており。今日も至るところで見た。これから折を見て、これらの分水をひとつひとつ辿っていきたいものだ。

今日のTon's歩きデータ
総歩行距離19.6キロ 移動時間3時間58分
停止時間54分39秒 平均歩行速度4.9キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

誠実に、たんたんと。。。

バンドネオン奏者・小松亮太さん。日本でアストル・ピアソラの曲の名演となると大概この人の名が上がってくる。昨日の朝、FM放送を聞いていたら寺田恵子さん(SHOH-YAボーカル)の番組で「私の名盤」といった話題で出演していらした。そこでオスバルド ・ モンテスというバンドネオン奏者の曲を紹介した後の言葉にしびれた。

「この人は"指が早く動く"とかの、信じられないようなことが出来るといったプレイヤーじゃない。でもごく普通のプレイにすごく存在感がある。『まずは誠実に音を出せばいいのだ』ということを僕に教えてくれて、勇気をくれた僕の名盤です」

といったようなことをおっしゃってた。たしかにこのオスバルド・モンテスの演奏、別段びっくりするということはないが、微妙なテンポの揺れや歌い回しから来る存在感がすごい。

この放送を聞いていて『まずは誠実に音を出せばいいのだ』という言葉には、僕もすごく勇気をもらえた。同じアマチュアの中で較べてみても、僕にはあっと驚くようなテクも、様々な音楽に即応する柔軟性も、ぐっとつかむMCの能力もない。ただ好きなだけの「寝床」ギタリスト。それでも「音楽をなめずに誠実にやっていさえすれば」、やっていても許されるんじゃないかと思わせてもらえた。
たんたんと、たんたんと、だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

小さな歴史

15日のTon's歩き(長距離散歩)は、小田急江ノ島線桜が丘駅から京急上大岡駅まで。途中相鉄いずみ野線いずみ野駅周辺の住宅地を通った。この住宅地の家々を見ていて、ここに住む人達の小さな歴史をふっと感じた。

住宅地内にはそれなりに築年数が経った、僕の子どものころによく見たデザインの家々の中に、大きく新しくなった家々が立っている。幼い頃の記憶にあるが、いずみ野線は昭和50年前半の開通のはず。恐らくここの宅地造成もセットだろう。その当初、ここに家を買って移り住んだ人達は僕らの親の世代(いま65~72か3歳)が多いのではないか。それから30年、新しく建て替えた人もいるだろうし。その頃小さかった子供たちが独立、やがて結婚して2世帯住居に建て替えて住む。新しい家々からはそんな香りが漂ってくる気がした。調べた訳じゃないから、あくまで「感じ」だけど。

ニュータウンといわれる場所を歩いてみると、新しいものだとその土地の人の香りがまだしなくて、なんだか"ニュータウンって双六の駒"になって歩いている錯覚すら覚える。でもそんな街も数十年経って、人が生きる中で小さな歴史を刻んでこうやって色が出てくるんだろうな。国レベルの大きな歴史でなくてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

function is beauty

これ、先日南大沢のアウトレットモールに行った時、アウトドアグッズの店"mont-bell"のお店に書いてあった言葉。同感だぁ!
"ファッションセンス無ぇ"コンプレックスに阻害されてるのもあるだろうけど、ただ"おしゃれ"だけのファッションって不得手なのだ。なにか自分にやりたいことに対して意味のある機能を持つものでないと、身につける気にもならない。でもTon's歩きの中からちょっとこだわりたいグッズが、少しずつ生まれつつある。

まず靴、僕の足にはもうDunlopのAirJunpに尽きる。25キロ歩いてマメ一つ出来ない。しかも4000円弱。派手でもない落ち着いたカラーリング。仕事以外ではもうこれしか履いてない。

サングラス。眼が多少弱くなったのか、長い時間歩くのには無いともうツラい。僕が身につけるもので、いちばんファッショナブルなものかもしれん。使ってるのは昨年ユニクロで買った500円の代物だが、いくつか欲しくなってきた。で、こないだ2000円のを買った。昨日、立川のビックカメラで15000円ぐらいするやつをかけてみた。実に像がシャープで見やすい。眼にキツイ光線のみをカットしてくれて楽な感じがする。鼻への当たりもソフト。ちょっと値が張るものも、ほしくなったな。

さていま、いちばん欲しいのは、ポケットのたくさんある通気性のいいベスト。僕はGeographer(地理屋)というより、TAMA-grapher(多摩の記録者)(^^)でありたい。Ton's歩き中の僕は「歩く地域記録マシーン」だと思っている。だからすぐに手に取れるところに、デジカメ(静止画だけでなく動画も撮れる)・ICレコーダー・地形図を持っている。ポケットの多い服を着られるこの季節はいいが、夏はTシャツになるからポケットが減る。だからそういったものを入れておけるベストが欲しい。

とにかく"function is beauty"がコンセプトのmont-bell、惹かれるねぇ。
また近いうちに南大沢のmont-bell、行ってみよっと(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

身体を感じる

8日は川崎市内の二ヶ領用水沿いに、
京王稲田堤駅から川崎駅まで25キロ弱歩いた。
歩いていると、つくづく身体は地球とつながっていることを感じる。

歩いていると暑いから汗をかく。2時間も歩いた頃、長袖のカジュアルシャツがびっしょりになって、脱いでTシャツになった。これで体感がちょうど良くなって歩きやすくなった。汗は蒸発する時、潜熱となって上がった体温を下げてくれる。地球大気とつながった身体の摂理、あたりまえのことをすごいと思った。ちゃんと自分で体温を調節するように、人間という動物は出来ているようだ。

川崎に着いたらイカガワしい堀之内の街中も歩いてみた(歩いただけよ~f^~^;;;;、ホントだってばぁ・笑)。やぁ吉原もすごかったけど大ソープ街のスンゲェ街(笑)。一本路地に入れば、ちょんの間とかもまだ生きてそう。何人かに「ただいま朝のサービス時間の最終ご案内となっております。写真だけでもご覧になっていって下さい」って声かけられました(笑)。
もう通っただけ。写真撮る勇気はありませんでした。

8日のTon's歩きデータ
歩行距離24.7Km  歩行時間 4時間55分
停止時間 1時間4分  撮影枚数118枚
これがばっちり書けるのがGPSの強みだな。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

Key=Eとギター

レギュラーチューニングのギターで弾くKey=E、って好きだ。
かずきさんが作ってくださった「cozy」がKey=E、アクセントに使ってあるC音がニクい。これを練習してるうちにギターで弾くKey=Eの響きに魅せられてしまった。今朝もこのキーで曲想が浮かんだ。「ARIGATO」もKey=E、もとはレギュラーチューンだ。ギターの美しい響きに引っ張られ、つい弾いてしまうKey=E。はっきり僕は「ギターに囚われて」いる。でもいいや。綺麗なんだもの。気持ちいいんだもの。
ちなみにEの次に好きなのがKey=A。反対につまらないのが、レギュラーチューンのKey=C。聞き飽きちゃったのか、ふくらみを感じない。シャレでアドリブソロギター弾く時以外は、まずハナからは弾かない。

ちょこまかと自己アレンジやってみて思うのは、アレンジするからには「その旋律を『わざわざギターで弾く』意味」っての感じる必要があるな、ってこと。ただ闇雲にコード進行と主旋律をギターアレンジしてみても、面白くない。ギターがギターとして歌ってない感じがする。似合わない服を着せられた感じというか。。。他の楽器でやった方がいいのにって感じてしまう。オープンチューニングの存在理由も開放弦を上手く利用して、ギターをいかにふくよかに響かせるかってところにあるんだろうな。
無論、無理を承知で突き進んでギター表現の可能性を追求する、という方向もあると思う。でも、いまのところ僕は、使い古されてんのかもしれないけど、オーソドックスなギターの響かせ方ってのに惚れてる。あ、でもそのわりにクラシックは、ギターではあまり聞く気ないなぁ。オーケストラやピアノなど他の楽器の方がいい(吹奏楽器系はいいな、特にフルート、リコーダー)。図書館でもセゴビアとかあるけど、何故か手が伸びない。。。なんでだろ???

どっちにせよ、気持ちよくギター弾いて、音楽したいな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

すごいぞ!! カシミール3D&GPS

BBSにも書いたけど、このGWで大体使えるようになった。
トラックログの保存の仕方を間違えて、時刻データが残らず写真の位置推定リンクが張れないとか、この数日いろいろ失敗したけど、いまはOK。ほんと僕のやりたいことをやってくれる道具になりました。
改めて、KAZUさんとウミユスリカさんにお礼が言いたい。
ありがとうございましたァァァァァァァ。最高です!!!!

これからも「Ton's歩記(長距離散歩)」のカテゴリーでこのブログに散歩記を書いていきますが、気が向いた時には(「毎回」は大変そうだから約束しませ~ん・笑)、僕の歩いたトラックログをアップしようと思います。カシミール3Dをお持ちの方は、ダウンロードして読み込めば、僕の歩いた道が手に取るように分かります。

歩くって、車や電車以上に「目で見た景色の印象が濃く」なります。
歩き終えた後のビールもウマイ!(だから痩せないの・笑)
是非おすすめです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

GPS

昨日・今日と試行錯誤しながらいろいろ使ってみた。今日の昼休みも国立の街を持って歩いてトラックデータ(移動軌跡)を採ってみた。どういう環境のなかで衛星電波の受信状態が落ちるか、しっかりトラックデータを採るには身体のどこに付ければいいか、大体わかってきた。ストラップが付いて首から提げられるようになっており、そうすると受信状態は良いのだが、胸の前ぶらぶらさせながら歩くのは邪魔。手に持ったまま歩くのもイヤ。「歩きやすさ」「『おや?』と思ったものの手に取りやすさ」「写真の撮りやすさ」のために、両手は出来る限り空けておきたい。愛用リュックの外側に網ポケットがあるのだが、ここに入れるのが衛星電波受信にも支障ないようだ。結構電池も食う。だが、しっかり充電しておけば12時間はちゃんと働いてくれそう。数日出る際には、電池の充電器も持参する必要がありそうだ。
これからカメラの時刻合せは少々シビアにやっとく必要はあるな。でないと、カシミール3D上で撮影位置のリンクデータを作った際、素っ頓狂な場所に表示されちゃうな。GPSの時刻データは衛星から送られてくるからかなり正確だもん。

ポイントとして「自宅」「職場」は入力、マイリストに入れた。
GW中にはこのGPSとPCとのリンクをあれこれ試行錯誤してみようと思う。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

GPSがやってきた!!

「携帯用GPSが欲しい欲しい!」と連呼していたら。。。
昨日、手に入ってしまいましたァーー!!!!!!!!
サンチョさんのブログ風に・笑)

入手できたのは、GARMIN社のetrex"Legend"というもの(しかも日本語版)。3年ほど前の機種ではあるけど、狙っていた同じGARMIN社の"GEKO-201"よりも格段に性能が高い。それを同じ相模原にお住まいのギター仲間・KAZUさんが、「いまほとんど使っていないから…」ということで、信じられないような安価で譲ってくださった。

ありがとうございますっ!!!>KAZUさん。

今日早速、自転車に乗って家の近くを15㎞ほど走りながら使ってみたけど、僕の通った軌跡(トラックデータ)をしっかり記録してくれる。もう涙がチョチョ切れんばかりに感動した。こないだ書いたブログのように、カシミール3Dとリンクさせれば、歩きながら撮りまくってる写真が、位置データを含めて整理出来る。単なる散歩から「30年40年後に活きる写真データベース」が構築出来る!!

もうビシバシに使わせていただきます。僕が使ったらKAZUさんの100倍ぐらい早いスピードでボロボロになっていくだろうな。
でもホンッッット嬉しいっす。
さぁぁぁぁぁぁ、どんどん歩くぞぉ!!! 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »