« function is beauty | トップページ | 誠実に、たんたんと。。。 »

2006年5月16日 (火)

小さな歴史

15日のTon's歩き(長距離散歩)は、小田急江ノ島線桜が丘駅から京急上大岡駅まで。途中相鉄いずみ野線いずみ野駅周辺の住宅地を通った。この住宅地の家々を見ていて、ここに住む人達の小さな歴史をふっと感じた。

住宅地内にはそれなりに築年数が経った、僕の子どものころによく見たデザインの家々の中に、大きく新しくなった家々が立っている。幼い頃の記憶にあるが、いずみ野線は昭和50年前半の開通のはず。恐らくここの宅地造成もセットだろう。その当初、ここに家を買って移り住んだ人達は僕らの親の世代(いま65~72か3歳)が多いのではないか。それから30年、新しく建て替えた人もいるだろうし。その頃小さかった子供たちが独立、やがて結婚して2世帯住居に建て替えて住む。新しい家々からはそんな香りが漂ってくる気がした。調べた訳じゃないから、あくまで「感じ」だけど。

ニュータウンといわれる場所を歩いてみると、新しいものだとその土地の人の香りがまだしなくて、なんだか"ニュータウンって双六の駒"になって歩いている錯覚すら覚える。でもそんな街も数十年経って、人が生きる中で小さな歴史を刻んでこうやって色が出てくるんだろうな。国レベルの大きな歴史でなくてね。

|

« function is beauty | トップページ | 誠実に、たんたんと。。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小さな歴史:

« function is beauty | トップページ | 誠実に、たんたんと。。。 »