« 千葉徳爾 | トップページ | 変わった二宮金次郎像 »

2006年6月 6日 (火)

続 色気

人前で芸をやるうえでやはり色気のあるなしは大きい。
高校時代も思ったな~。

高校3年の時、一緒にサイモンとガーファンクルのコピーやったK氏。今は少々??お太りになったが、その頃は痩せていて、憂いがあって口数も少ない。しかもいい男。声もいい。優しい。ときたら、ほっとかないよな。
文化祭までに放課後、かなり練習積んだ(受験生なのにぃ・笑)。そして迎えた文化祭、あるステージの終了後、僕が廊下においたギターを持ち上げようと下を向いたら、合唱部のカワイイ女の子に声かけられた。「センパイッ、いいですね!」。視野の端に見えるその子の靴はこちらを向いている。「よっしゃ!!!」と思って顔を上げたら、その子の視線は僕の後ろへ。そこにはにこやかに微笑む相棒Kがいました(T_T)。

奴ぁモテた。だいいち文化祭までの練習中もすごかったんだから。練習してた書道教室へ相棒と二人で行く途中、他校から吹奏楽部の交流練習に来てたある女の子が相棒に声かけた。
「あ、、Kくん、、、(ナンダコノ間ハ・笑)、あたしのこと、覚えてる?」だって。僕ぁ気を遣って、一人先に教室行って弁当食ってた。少し遅れてやってきた相棒、一緒に弁当食いだしたのはいいが、ふと見ると箸が止まってる。そして虚空を見つめニヤーッとしてやがる。「おい、どうした!?」と聞くと「やぁ(まだニヤニヤ)、あの子、キレイになったなぁ」だって。
フザケンナー!!!(^^)

これがもう20年前。だがBBSに時々カキコしてくれるしゅごさん夫婦が世話好きなおかげで、こういった仲間ともまだ年2回は、BBQ(バーベキュー)やって会えている。有り難いことだ。
こないだのGWのBBQでも、この相棒に会った。僕はギター持ってって、手の空いた時レパートリー弾いてた。その時は友だち連中が聞き流してくれるだけでギャラリーはゼロ(T_T)。その後、他の友だちと僕で、集まったメンツの子供たちを近くの遊具広場へ連れてってる時に、相棒は僕の持っていったギターを弾いてちょこっと歌ったらしい。そしたら。。。
隣のBBQグループの母娘が近くに来て聞いてたんだって!
(カミさん談)。

サイモン&ガーファンクルのポール・サイモンが、「明日にかける橋」で拍手喝采を受けるアート・ガーファンクルを見て「この曲作ったのはボクだぞ」って言ったとか。うーーーん、このキモチ、わかるなぁ(笑)。
色気のある人間には敵わないんすよ。こればっかりは才能。
練習なんぞいくらしても、無駄です(T_T)。

今になっても、相棒Kには男の魅力で、、かないませんでした(笑)。

一太郎さんのmixiの話題で刺激受けて、書きたくなっちゃいました。
すいません>一太郎さん、それともし見てたら相棒K(^^)

|

« 千葉徳爾 | トップページ | 変わった二宮金次郎像 »

コメント

そういえばサイモン&ガーファンクルのコピーを生で聴いたことって無いんです(歌の断片だけのコピーなら聴いたことありますが、何曲も通して聴いたことはない・・)。意外でしょ?
さかたさん、もし機会があったらS&Gのコピーユニット、人前でやってみてください。

>奴ぁモテた。だいいち文化祭までの練習中もすごかったんだから


相方としては口惜しいでしょうね(笑)!
だいたい、音楽を自分でも始める奴の大半は、その動機の中に「音楽をやってモテたい」というのがあるはずです(断言!)。

投稿: 時代屋だんぞう | 2006年6月11日 (日) 01時21分

で、さかたさんとだんぞうさんはモテたくて音楽やってるんですか?

昨日、ギターの好きな大学時代の友人がケーナを演奏する人と知り合って、ぶっつけでS&Gを何曲かライブステージで演奏してきたそうです。
(アマチュアミュージシャン@オジサンたちの集まり)

そうだ、だんぞうさんとさかたさんで一曲やりません?
『ダンカンの歌』の替え歌で『だんとんの歌』希望!(笑)

投稿: ちとせ | 2006年6月11日 (日) 08時34分

この相棒K、ホントにいい奴なんです。

>さかたさん、もし機会があったらS&Gのコピーユニット、
>人前でやってみてください。

これ、先日"そろいこ"にお邪魔した時、ちとせさんのお友達
みたく、一太郎さんとブッツケでやりましたよ。ボクサーとか
フィーリングルービーとか。秋ぐらいに「そろいこ」でちゃんと
やろうか、と、一太郎さんとお話ししてます(>ね、一太郎さん)

>相方としては口惜しいでしょうね(笑)!

あはははは、いや、クヤシイというより、こうして語ったり
MCで使うネタが出来たのが嬉しかったです。当時バレンタイン
デーにも、義理チョコすらもらったことありませんでしたから。
同じフォークソング愛好会にいたカミさんのことは、当時
「女とすら見ていなかった」ですし(笑)。
「モテる人間ではない」自己認識はしっかり出来ていました。

>だんぞうさん
>動機の中に「音楽をやってモテたい」というのがあるはず(断言!)。
>ちとせさん
>さかたさんとだんぞうさんはモテたくて音楽やってるんですか?

やはりお客様がいるのは嬉しい(^^)。自分のプレイを「いいね」
って言ってもらえればもっと嬉しい。それが女性ならなおのこと!!
ってのが正直なところで~す。

まずは僕、楽器が好きでした。中1の時はドラム、やりたかった。
買えないから大きさの違う雑誌並べて、古くなった菜箸をスティック
代わりにして叩いてました。あれでリズム感を少しは養わせてもらっ
たかもしれません。中3の時に、母の持ってた大正琴弾き壊して
それで買ってもらったギター。ジャーニーのニール・ショーンが
好きだったので、最初はエレクトリックを弾きたかった。
でも当時好きだった女の子がさだまさしを好きだったので、
話すキッカケにもなるし、その子に借りてさださん聞いてみた。
(モテたくてというより、きっかけにしたかったって感じですね)
そしたらミイラ取りがミイラになりました。アコギのきらびやかで
深い音色、アコギアンサンブルの美しさにはまりました。
エレクトリックもちょっとかじったけど、アンプまで凝らないと
あれはいい音にならない。だから基本はずっとアコギですね。

モテたいだけならやめてたでしょう。絶対ギター弾いたからって
モテないっ!!(T_T)。それは僕が身を以て証明しています(笑)。

>そうだ、だんぞうさんとさかたさんで一曲やりません?

これも面白いですね。
マジで"だっちゅ~のぶらざ~す"(命名シンドウアツコ)やります?

>『ダンカンの歌』の替え歌で『だんとんの歌』希望!(笑)

むむっ!! ちとせさん、ポール・サイモンお好きなんですか。
この「Duncan」僕も好きなんです。ウルー・バンバと一緒にやった
「Live Rhymin」のバージョンが大好き。いくらアーティが甘い
いい声だろうが、この曲は絶対ポールの声じゃなきゃヤです。
でなきゃ、この曲にある"深い溜め息"みたいなのが伝わらない。

僕がこの曲聴いたのは浪人時代。多感な当時の僕は3番か4番に
出てくる詞「My longyears of innocense ended.She took me to
the woods,sayin' "Here comes somethin',and feel so good".」が
ミョーに頭から離れませんでした(第一いまもソラで書ける(爆))。

投稿: さかた | 2006年6月11日 (日) 13時12分

呼ばれて飛び出て...えっと、このあと何でしたっけ?<ウゴウゴルーガ
ハイ、S&G大好き一太郎です。坂田さんと秋か冬にS&Gをやらせてもらおうという相談をさせてもらっています。
実現のアカツキにはぜひ橋の下にいらしてください。

>動機の中に「音楽をやってモテたい」

私はそういうの無かったです・・・イエ、ホントの話です。信じてくだされ~ (^^;
なぜならば、私は当時肥満児で、何やってもモテないものはモテないという悟りの境地にいたからです。
むしろ逆に、音楽をやってる女の子にホレそうになったりしてました。

投稿: 一太郎 | 2006年6月13日 (火) 12時18分

もてまくりだったらしいKです。

こんなことをネタにされてるとは。。。。。
でも、他行の吹奏楽部の話は失念していました。
「きれいになったなぁ」というフレーズは俺の言いそうな台詞ではあるが、、、

投稿: K | 2006年6月16日 (金) 23時53分

>Kへ

わはははは、読んでくれたんだ(^^)。嬉しいな(^^)。
と、同時に、ネタにしてゴメンナサイ(^^)。

お前さんの魅力が利用したいです(爆)、
じゃなかった、久々にS&G、やりたいなぁ(笑)。
をーつきさんともやって、今度一太郎さんともやろうと
画策してるけど、やはりお前さんがルーツだしね。

もうほんと一緒にやってから20年なんだよね。早いもんだ。

投稿: さかた | 2006年6月17日 (土) 00時10分

そんなにもてた記憶は無いんだけどなぁ
間違いなく子供にはもてるって認識はあるが。。。。。

#もうほんと一緒にやってから20年なんだよね。早いもんだ。

「Old Friends」っていうライブビデオを入手しました。
多分、見に行ったツアーのアメリカでの映像と思われる。
ポールもアーティも本当におじいさんって感じで軽く衝撃を受ける。

Can you imagine us years from today

投稿: 近藤 | 2006年6月17日 (土) 06時52分

レス遅れてゴメン。

>そんなにもてた記憶は無いんだけどなぁ

そぉかぁ。自覚してたような台詞も聞いたゾ、俺は(笑)。

>間違いなく子供にはもてるって認識はあるが。。。。。

うん。これは才能だと思う。
ちなみに僕はオバチャンにもてます。(笑)

>Can you imagine us years from today

How terribly strange to be seventy...

いったい、この部分をあの二人はどう歌うんだろうね。
俺らのseventyかぁ。どうなんだろうなぁ。。。


投稿: さかた | 2006年6月19日 (月) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続 色気:

« 千葉徳爾 | トップページ | 変わった二宮金次郎像 »