« 写実詠 | トップページ | JR八王子駅7:53発、中央線東京行 »

2006年6月28日 (水)

時間がつくる公園

職場のお昼休みには、くにたちの街に30分弱散歩に出る。
歩きながらストロークの素振り練習をした後(心や身体の調子次第ではやらないこともある)、一橋大学の構内を散歩させていただいてる。この構内の森は素晴らしい。鬱蒼としていながら開放感もある。実は一浪して東京学芸大学を再度受験した際、試験会場はこの大学だったのだが、その時ほんとに思った。伝統ある洋風建築の校舎と深い森、ここで勉強できる人が本当にうらやましかった。

くにたちの街は、大正末期~昭和初期に箱根土地(現西武)が「国立学園町」として造成、東京商科大学(現一橋大学)がやってきた。以来80年超、学校だったおかげで、校舎が建ったところ以外はこうした深い森が残ってる。最近造成されたばかりの公園ではこうはいかない。木々は「植えられただけの存在」で、まだその場所なりの生態系を満足に形成していない。だからとても薄っぺらい感じがする。そういう公園だと都会のビル街歩いているのとそう感覚が変わらない。だから僕はなにか落ち着かない。23区内だと、この一橋大構内に匹敵する、僕の行ったことのある公園といえば、明治神宮の森や目黒の自然教育園といったところかなぁ。自然系の公園は、一つできるにも数十年の時間が必要なんだと思う。

この一橋大学の森は、僕にとっては「最高のリスニング空間」でもある。
MP3プレイヤーに好きな曲入れてここで聞く。機械はめちゃショボイが(笑)空間は最高。今日聞いたのは武満徹。こうした森に最高に合う作曲家だと思う。とても浸みる。ふと足下に視線を落とすと、梅雨の晴れ間の今日、小さなキノコがそこここに。気づいてみると結構顔を出している。この森が生命に溢れていることをまた実感した。
キノコは菌類。土壌学に興味を持っていくつか本を読んだときに知ったのだが、土の中にいるこうした微生物は、その生命体内で行う化学反応で、大規模化学プラントを持ってしてもなし得ないことをいとも簡単にやってしまうらしい。しかもそのメカニズムがわからない現象が相当あるんだって。土には目には見えないけど信じられないほど多くの生命が宿り、それぞれの働きが他の生命を支えている。土の中にすら宇宙がある。

こうしたたくさんの生命に囲まれながらの散歩って、すごく心地いい。自分すらも生かされてるんだよなぁ。これを実感できる森ってなかなかない。大切にしたい緑だと思う。

|

« 写実詠 | トップページ | JR八王子駅7:53発、中央線東京行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時間がつくる公園:

« 写実詠 | トップページ | JR八王子駅7:53発、中央線東京行 »