« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月16日 (土)

村上"ポンタ"秀一『自暴自伝』

「まぁあんたせいぜい、自分でチ○チ○しごいてなさい」(爆)

ギターで遊んでる僕からしたら、こう言われてるようで(わかってはいたけど)痛い本だった。けど、ポンタさんからみた70年代以降の音楽アーティストの素晴らしさ、裏話、音楽観がつまったすごくいい芸談。

僕らの世代(30代後半前後)で、多感な十代の頃にポンタさんのドラムを聞かずに育った日本人なんて絶対いない。赤い鳥、さだまさし、細野晴臣、井上陽水、山下達郎、泉谷しげる、渡辺香津美、坂本龍一、矢野顕子、大貫妙子 ピンクレディー、松田聖子、キャンディーズ、宇宙戦艦ヤマトのテーマ、ドリカム、その他大勢。僕らの記憶にある70年代以降のほぼ全部のタレントさんと、音楽を創造し続けてきてんだから。
だから関わったミュージシャンたちの、ポンタさんから観たエピソードも最高に面白い。KYLYNバンド前後の坂本龍一さんの素行の話、お世辞にも"キョージュ"なんて呼べない。でもほんとパワーがある。昨日から電車の中で読んでて何度笑ったことか。

そして、すごいな、と思ったのはこれ。

「探求はするけど練習はしない」、つまり自分が求める音をどう得るかの試行錯誤はするけど、「単に音を出す」なんてことはしない。

また、もとは管楽器吹きでバリバリクラシック人間だったポンタさんが、ドラムに惚れてバンドボーイ(ボーヤ)しながら、していた練習(探求)。
「だからドラムやろうと思ってもしばらくの間はあえてスティックを持たなかった。(中略)とにかく歌ってたんだよ。歌いたいものが何もないのにスティックを持ってセットに座ってもダメなのよ。ドラムって楽器にしばられちゃう。(中略)『右手をこうして、右足をどこで入れて、左手でこうやって』なんてやりはじめたら、それはもう音楽じゃないでしょ。だから俺の場合、右手を『チ』、左手を『タ』、右足を『ドッ』っていうふうに音を決めておいて、自分の歌いたいドラムのパターンを歌ってた」。ポンタさんのこのイメージ練習、知ってはいたけど、ここまで細かく知ったのは初めてだった。

Charさんしかり、ハチャメチャでもみんな音楽にはマジメなんだよなぁ。言い換えれば「美しいと思うものへの探求だけがある」ってだけ、そこへの道ならどんな方法もとる。求める音楽が身体にないなら、音楽なんてできないんだよね。つーより仕事全部そうだけど(マンションの耐震偽装の問題の根幹もこれでしょ。「いい家を造ろう」と思ってない)。欲しいものを持って、練習の仕方自体を工夫できない、その練習の意味自体を考えられない人間は、いつまで経っても「弾けない」「歌えない」んだよねf^_^;;;。

似ているなと思った本はマイルス・デイヴィスの自伝かなぁ。
これは日本のポップスの歴史を知る上で最高の名著の一つだと思う。

村上"ポンタ"秀一『自暴自伝』(文春文庫PLUS \620・税込)

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2006年9月 5日 (火)

It's alright,It's alright

That's all I'm trying,
  
To get some rest.

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »