« 咲けばTon(酒バトン) | トップページ | 発熱した »

2006年10月29日 (日)

You have control(長男への難題)

Son




最近忙しくて休みもろくに休めなかったが、気持ちよく晴れた28日(土)の午前中、持ち帰り仕事の合間を縫って久々に長男(2年生)と遊んだ。自転車で県立相模原公園へ、長男のご所望。
だが、長男にちょっと難題をふっかけた。

僕 「○△(長男の名前)、おまえが前走れ。お父さんついてくから」
長男「ええっ! ボク、道わからないよ」
僕 「やってみろって。どこ行っちゃったって、
    お父さん連れてかえってやるから」

相模原公園は自転車で何度もつれてってる。家から直線距離なら3.6キロ(カシミール3Dで計測)。僕なら20分だが、奴なら約30分弱かな。こういう冒険にはちょうどいい。そこから後はずっと後ろについていった。「ねぇ、この道でいいのかなぁ」と聞かれても、「知らねぇよ~。自分で考えな~」と突き放す。ウチから相模原公園までは県道の村富線をほぼ一直線に行くだけ。その記憶にヒットすれば出来るはずだ。何も教えずにいたら、長男の奴、まずは村富線に出た。そして南東方面へ走り出す。
偉い。大体の道と方向はわかってやがる。

10分ほど走って相模浄水場や古山公園の前あたりに来た。
そこで長男は「進行方向右斜め」に進む道に入った。
この道は間違いなのだが、これで奴の道のりの記憶の大枠がしっかり正しいことがわかった。正しい道だと長男が曲がってしまったところから1キロ弱先、北里大学近くの「相模原公園入口」という交差点を100mばかり先に行った所で「進行方向右斜め」に入って到着、となるのだ。
長男のやつ、すぐに自分で間違いに気づいた。しばしその辺りをぐるぐるする。「ねぇ、わかんないよ~」と尋ねられたけど「自分の感じてる道を信じてごらん」とまた突き放す。回ってるうちに方向感覚が壊れて村富線を逆走するかと思いきや、正しい南東方面に走り出した。
えらいっ、偉いぞ、長男!

果たしてあいつは「相模原公園入口」の交差点まで辿り着いた。
そこで奴は素晴らしい言葉を放った。「高い塔が見えるはずなんだけど…」。さすが俺の子! 方向音痴になるならないは、視覚的・映像的・出来れば鳥瞰的に道のりを覚えているか、イメージできるかなのだ。そこで見回してるウチにあいつはちゃんと「相模原公園の展望塔」を見つけた。それからは一目散! でもあいつの背はまだ低いから、少し行った所で物陰に隠れてこの塔を見失う。それで変な道をまた曲がった。でも長男は20メートルも走らないうちに「違う」と気づいて立ち止まり、辺りを見回す。少し動いては見回してを繰り返す。ここでちょっとだけ助け船を出した。「左を見てみ(^^)」そしたら奴はすぐ「塔」をみつけ、そこからは一直線だった。何もわかっていない人間にこの「左を見てみ」だけで、僕が何を言ってるかはわからない。奴がちゃんと目標物を意識しているから気づく。だから奴の力だ。僕が教えた訳じゃない。
辿り着いたらもうメチャクチャにホメた。
「おまえの力だけでここまで来たんだぞ。えらいっ! すごい!」って。
でも「来るだけで3倍疲れた」って言ってた。

僕は全体的にはいい意味にも悪い意味にも「イイ子」。だが、こと自転車に関してはやんちゃできかん坊だった。母に「やるな」と言われてることをやって下り坂で派手にすっころび、大けがしたこともある。だからこそ、何よりも限界を知っているつもり。長男と同じ「男の子」として、自信を持って伝えられるものは音楽よりこっちだと思ってる。自分の生業に就く根元も「自転車で直に行って・見て・感じて・考える」ことから来ているんだし。音楽は音楽で楽しい物をできるように続ける姿は見せられると思うけど。

これからも自転車でいろいろなところに、長男を連れてってみたい。
奴が同行を嫌がるまではね。

|

« 咲けばTon(酒バトン) | トップページ | 発熱した »

コメント

なんか含蓄のある文章ですね。。。

> 奴が同行を嫌がるまではね。

ある意味、それが同行の最大の目的なのですよね。

何度も読み返すうちにふと感じたのですが、このエピソード、曲にできますね。
ご次男だけでなくご長男までも巻き込む事態(笑)
進展がありましたらお知らせします。

投稿: かずき | 2006年10月30日 (月) 00時17分

おや・・・
相模原公園ですか・・・
うちの2号がこの前幼稚園のハイキングで行きましたよ♪
長男君頑張ったね♪

投稿: スワロママ | 2006年10月30日 (月) 07時11分

>かずきさん
>> 奴が同行を嫌がるまではね。
>それが同行の最大の目的なのですよね。

うん。親が子供にすべきいちばん大切な事って
「僕ら夫婦が死んだ後、ひとりで生きる知恵を付ける手助け」
だと思ってる。最終的には自分なりの方法を考えなくちゃ
ならないんだけど。息子たちは僕じゃないからね。
奴ら信じて、命がけ(奴ら大きくなったらマジでシャレに
ならない)でぶつかるだけです。

>何度も読み返すうちにふと感じたのですが、
>このエピソード、曲にできますね。
>ご次男だけでなくご長男までも巻き込む事態(笑)
>進展がありましたらお知らせします。

おお、楽しみぃ!! 期待してます!!
投稿 かずき | 2006/10/30 0:17:02

>スワロママさん
>相模原公園ですか・・・
>うちの2号がこの前幼稚園のハイキングで行きましたよ♪

このへんじゃ大きい方の公園だからね。遠足御用達だよね
同じ県立公園だと「あいかわ公園」とか行った?
宮ヶ瀬ダムのすぐ下流にある公園。ココも広くて楽しいよ

>長男君頑張ったね♪

うん。すごくエライと思った。

投稿: さかた | 2006年10月30日 (月) 19時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: You have control(長男への難題):

» ソナタ形式 [フェルマータのおと]
ソナタ形式。 提示部、展開部および再現部から構成される古典的音楽形式。 その楽曲形式を完成させたのが誰よりも音に耳を傾けようとした作曲家、ベートーベン。 提示部では第1主題と第2主題が提示されます。 それぞれが対をなすのがポイント。 第1が力強ければ第2は繊細に、とか、第1が短調なら第2が長調とか(第2は往々にして転調されます)。 展開部ではこの第1と第2をモチーフに音楽が展開します。 ここで転調する場合もあるし拍子が変わる場合もあり。 とにかくここは作曲家の腕の見せ所。 ... [続きを読む]

受信: 2006年10月30日 (月) 22時34分

« 咲けばTon(酒バトン) | トップページ | 発熱した »