« 『のだめ』、最終回 | トップページ | Breath »

2006年12月28日 (木)

Her Favorite Song、僕なりの解釈

ラリー・カールトンのHer Favorite Song、面白いっす。
ベースラインが半音ずつ下がっていく流れの中に、美味しくハーモニーを絡めてあって、Key=AなのにFmaj7が出てきたりする。こんなかんじ。

A   |A/G♯ |A/G |D/F♯
Fmaj7 |A |Bm7 C♯m7 |A/D  E |

このFmaj7、どう解釈したらいいんだろう。気持ちいいってのはわかるんだけど(^^)。そして転調部分がまた面白い。

A♯m7 |D♯m7 |Am7 Am7/D |Bm7
Dm/F |F  |G♯add9 A♯add9 |Cadd9 C♯add9 |Bm7/E

最初のA♯m7はメロディラインからのリハーモナイズから生まれた転調と解釈。でもってD♯m7へⅤ→Ⅰ進行してぇ、こんどはAm7へ飛ぶ。これ、「A♯m7 |D♯m7」のⅤ→Ⅰ進行を半音下げただけととるか。それともD♯(E♭)とAは単音ならトライトーン(増五度)の関係だから、増五度の進行って感じでとるのか? 面白いっ。で、「Am7 Am7/D |Bm7 |Dm/F |F 」のあたりはBm7のとこ除いてひとしきりKey=Cで推移(メロディラインのスケールもそんな感じ)。一音ずつ力業でコードあげてってKey=AのダイアトニックコードのBm7/Eに着陸させ、Aに戻す。

ラリーの思いつきなのかなぁ。シンプルで気持ちいい。
どっかで自分もこのアイデア、使ってみたい。

いまはポール・サイモン「I do it for your love」の間奏を耳コピ中。ジローさんに借りっぱなし(ごめん)のビデオ「Paul Simon Show」のバージョン、ハーモニカのトゥーツ・シールマンスの泣きのプレイが切なくてね。ギターでハーモニカの音色採るってなかなか手強い。それとトゥーツのフレーズの訛りを譜面化するのに苦労してる(これで泣いているのだ)。一小節も進まないこともしばしば。ダイアトニックスケールからアウトした音の使い方がすごく美味しい。がんばってみる。

追伸
一個コードネームミス発見、訂正しました(2006/12/29 6:10am)

|

« 『のだめ』、最終回 | トップページ | Breath »

コメント

>このFmaj7、どう解釈したらいいんだろう。

曲知らないけど ^^;
FM7はAmの代理で、ベースはずっと半音進行できたからF、トニックのマイナーもってきて調を分からなくさせる作戦かも...でもって、FM7のAのスケール外の音はCだけど、次のA/Bm7でC->C#->Dちう内声の動きができますね。

というのはまぁありますが
これは"彼女が好きな唄を調子っぱずれな鼻歌で唄っててとってもいいかんじだった"というのがいい解釈なのでは??
で、ここでいう彼女てのが彼の小さな娘さんだともっといい話っぽくなりますねぇ。

投稿: とり | 2006年12月28日 (木) 12時43分

あ、そのビデオあげる!価値の分かるヒトに持ってて欲しいよ。お代はI do it for your loveのコピー聞かせてくれればOKよん。

投稿: ジロー | 2006年12月29日 (金) 00時17分

間違い、見っけちまいました。直しておきました。

>とりさん
はっきり言って、この記事にとりさんのレス、
期待してました。ウレシいです(^^)

>FM7はAmの代理で、ベースはずっと半音進行できたからF、
>トニックのマイナーもってきて調を分からなくさせる作戦かも...

うんうん。わかる気がする。

>でもって、FM7のAのスケール外の音はCだけど、
>次のA/Bm7でC->C#->Dちう内声の動きができますね。

そう、お見通し! これすごく綺麗です。

>これは"彼女が好きな唄を調子っぱずれな鼻歌で唄ってて
>とってもいいかんじだった"というのがいい解釈なのでは??

うーーーん、ミュージシャンはそれでありたいっすね。
音楽で女の一人も侍らせられないなら、存在価値ないかも。
てーと、おれ、価値ないや。
でも好きなんだもん。やめないもん(笑)。

>彼女てのが彼の小さな娘さんだともっといい話っぽくなりますねぇ。

これ当たってたりして。ラリーの奥さんって一人だけなのかな?(爆)

>ジローさん
>あ、そのビデオあげる!価値の分かるヒトに持ってて欲しいよ。

え、ホント! ありがとうございます。
先日来いろいろ譜面とか、役に立ってます。

>お代はI do it for your loveのコピー聞かせてくれればOKよん。

いま採ってるのはトゥーツの間奏部分だけだけど、
トゥーツのこの「I do it for your love」でのプレイって、
男心特有の切なさや、傷ついた心を包み込む優しさに、
すごい溢れてるよね。

去年の2月に日経で読んだ、トゥーツの言葉、
「僕の音楽は笑いと涙の間にあるもの」
「ハーモニカはおもちゃのように思われていて、
 僕も最初は興味本位で買った。でも泣けるでしょう。
 それがいい。本当にいい友達なんだ。」
もう最高っす(^^)。

譜面出来たら送るね。ちょっと弾いてみて。

投稿: さかた | 2006年12月29日 (金) 07時38分

ほーい、楽しみにしてるよん。

投稿: ジロー | 2006年12月29日 (金) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Her Favorite Song、僕なりの解釈:

« 『のだめ』、最終回 | トップページ | Breath »