« 年始休みオシマイ | トップページ | コードが採れねぇ。f^_^;;;;;; »

2007年1月 5日 (金)

向井千秋さんの半生記、ドラマ化!!

この企画、まってました!! 絶対このご夫婦のドラマは、暖かいいい話になると思ってた。それが来週金曜日に放送される。フジテレビ系「金曜プレステージ 新春特別企画 女の一代記『向井千秋~夢を宇宙に追いかけた人~』」。1月12日(金)21:00~23:07放送とのこと。詳しくはフジテレビのHPを是非見て欲しい。

向井千秋さんはここに書くまでもないが、1980年代半ばに、毛利衛さん・土井隆雄さんとともにスペースシャトル内での実験技術者として採用された、宇宙飛行士の一人。日本人初の女性宇宙飛行士だ。そして僕が「真の大和撫子」と思う人の一人。大変失礼だが、見てくれは「単なる美人」では決してないと思う。でもユーモアや夢・シンの通った強固な意志・明るさに溢れる人。こういう人でない限り、僕は「大和撫子」とは決して呼ばない、日本女性への最高の讃辞。女であれ男であれ、単に「見てくれ」だけで美しいとは、今の僕は思えない。

僕は飛行機だけでなく、アポロ計画・スペースシャトル計画などの宇宙開発も大好き。図書館を利用して、JAXAの毛利衛さん・土井隆雄さん・若田光一さん・野口聡一さんのものをはじめ、日本語訳されている様々なアメリカの宇宙飛行士の書いた本は大体読んだ。中でもこのドラマの原作となった、向井千秋さんの旦那さん・向井万起男さんの『君についていこう』『女房が宇宙を飛んだ』は秀逸なものの一つ。とにかくこのご夫婦をはじめに、千秋さんと一緒に飛んだクルーのポジティブさ・プロとしての厳しさ・人間くささ・暖かさがたくさん詰まってる。決して宇宙飛行士たちが冷徹一辺倒な人間たちでないことがとてもわかる。スペースシャトルの飛行計画が実際にどう進んでゆくかも、とても分かりやすい。
この本で知った向井千秋さんの大好きなところは、とにかく明るく、凛々しく生きようとし、飾らないところ。そして何より無類の食いしん坊なのだ。向井さんご夫婦の新婚当初、万起男さんが食い物責めにされる所も笑える。要するに向井千秋さん、見てくれの器量のなさも含め、食いしん坊なところもウチのカミさんに似てるのだ。女房をこよなく愛する万起男さん(でも病理医としてのお仕事や慶応義塾大学医学部での講義にはとても厳しい人でもある)、さらっとしてお互いがそれぞれ自分の好きなことをしっかり持って追求してる、親友的な夫婦像もすごく親近感がある。ハッキリ言えば僕のこの「Tonの日々雑感」のカミさんに関する書き口、この万起男さんの文章にかなり影響されていると思う。

だからこのTVドラマに関しては、かなり期待する所は大きい。

僕は「ライトスタッフ」「アポロ13」「人類、月に立つ」と、しっかりした宇宙開発ものの映像を見て、目が肥えてる(謙遜はしない)。評価はかなりカラい。数年前にあった宮地真緒主演のNHK朝の連続TV小説の宇宙ものではと~ってもガッカリさせられた。でも今回、無重力状態の再現に、ちゃんと弾道飛行をする飛行機を使って撮ったというから、期待をしている。
周りの人々のキャストもワクワクだ。千秋さんのご両親や弟・妹さんたち、慶応大学付属高校に通うために千秋さんが高校時代に下宿していた先の茶道の先生、それに向井ご夫妻を語る上でとても大きな宇宙飛行士、マーク・リー(毛利さんの初飛行時に一緒に飛んでいる人でもある)、千秋さんが一緒に飛んだミッションクルー、機長のボブ・キャバナ、パイロットのジム・ハルセル、ミッションスペシャリストのリック・ヒーブ、カール・ウォルツ、リロイ・チャオ、ドン・トーマス。家族護衛宇宙飛行士のジム・ヴォス、フランク・カルバートソン(ロシアの宇宙ステーション・ミールとのドッキングミッションでもかなり有名な人)…。。。みんな最高に面白い人たちばかりなのだ。この人たちがどうキャストされるのか? もうすごい楽しみ!!

あああ、「のだめ…」の時と同様、チト期待しすぎだな。
でもそれほどドラマ化が嬉しい物語なのだ。
うーーーーー、はやく来週にならないかな。絶対ビデオ撮るべ!!

|

« 年始休みオシマイ | トップページ | コードが採れねぇ。f^_^;;;;;; »

コメント

良い情報をありがとう~!
12日、是非とも見たいです。
”下巻”いよいよ、読み始めました^^。
もう少しだけ、貸してね♪

投稿: シンドウ | 2007年1月 5日 (金) 22時51分

ども。ミクシイからやってきました。

内藤もとい向井千秋さんといえば、私の
すみかである館林の出身。実家の鞄やさ
んの入っている雑居ビルは、かつての賑
わいがウソのようにひっそりとたたずん
でいます。

足利へお越しの際は、館林めぐりもしま
しょう。向井千秋記念こども科学館もあ
りますし。いかがですか?

投稿: をーつき | 2007年1月 5日 (金) 22時57分

>シンドウさん
>良い情報をありがとう~!
>12日、是非とも見たいです。

なんかすごくいいタイミングだよね(^^)。

>”下巻”いよいよ、読み始めました^^。
>もう少しだけ、貸してね♪

ごゆっくりどうぞ(^^)。だいいちこの記事の情報、お貸しした『君についていこう』(上)(下)からのことがほとんどだけど、読まなくてもソラで書けるほど、もう何度も読んで頭に入ってるもん。お菓子読みながら読んでたりしたから、お菓子のカス、頁の間に挟まってなかった?(爆)

>をーつきさん
>ども。ミクシイからやってきました。

こういうマイミクさんの日記update通知システムが嬉しいね。
僕はこのためにmixiを利用してるようなモノです。

>内藤もとい向井千秋さんといえば、
>私のすみかである館林の出身。
>実家の鞄やさんの入っている雑居ビルは、
>かつての賑わいがウソのように
>ひっそりとたたずんでいます。

そう! 館林の出身ですよね。
向井ご夫妻のファンとして、EMへの初訪問の時、途中下車して
この雑居ビル、行きましたよ。勘だけで商店街探して歩いて、
カバン屋さん見つけました。ドキドキしながら近づいてったら、
休みだった(笑)。

でも様々な路地をウロウロして駅へ帰りながら、
きっとこんな路地の至る所を走り回り、近所の男の子を
泣かしながら、千秋さんは育ったんだろうな、と感慨深いです。
これEM行く時に、館林駅でいつも感じてます。

>足利へお越しの際は、館林めぐりもしましょう。
>向井千秋記念こども科学館もありますし。いかがですか?

いきたいいきたい!!
この科学館、アマチュア無線の社団局も持ってるのかな?
茂林寺も行ってみたいっすね。朝のラジコン飛行とかにも
付き合ってみたいもんだ(笑)。
ムリせず楽しみにしています。

投稿: さかた | 2007年1月 5日 (金) 23時46分

ながらでテレビを見ていたら「おかっぱ・ヒゲの変なおっさんが出ていた」のでコントか?と思ったら向井万起男役の(たぶん)石黒賢さんでした(^^;
このドラマ期待して良いかもしれません。
予告編をちらっと見た限りでは向井千秋さん役の(たぶん)菅野美穂さんが飛行機の急降下による無重力訓練シーンを本当にやっているようでした(水玉が完全に無重力状態)。
それに「合成ではないスペースシャトルの発射台を背景にしたシーン」もあったようです(ただ最近の合成は優秀だから....自信なし)。

去年2月、種子島でH2Aの打ち上げを見てきました。距離はかなりあったのにもの凄い轟音でした。
今年も何度か打ち上げがあるようですし、種子島のお隣は屋久島ですよ(^O^)b
と心をくすぐっておこう。

投稿: をんばせ | 2007年1月 6日 (土) 01時05分

>をんばせさん
フジテレビのHPはリンクフリーではないので、
ここからは張れないんです。でも、HP見ると、確かに面白そうです。

>「おかっぱ・ヒゲの変なおっさんが出ていた」
>コントか?と思ったら向井万起男役の(たぶん)石黒賢さん

HPで見ました。ウケました。似てるんだもん(^^)。
でも万起男さん本人すげーよな。こういうカッコするだけで
もう間違いなくこの人だ、ってわかるんだもの。

>向井千秋さん役の(たぶん)菅野美穂さん

これは本人とはかけ離れてるなぁと思いますね。
ウチのカミさん使った方が、似てるだけなら似てると思う(爆)。
これじゃ商売になりませんが(笑)。
千秋さんの小学生の頃の写真を何かの本で見たことあるんですが、
カミさんの小学生の頃とすごく似てるんです。

菅野美穂さん、僕は好きな役者さんです。僕のHPの"Tonの日々雑感バックナンバー"2005年2月8日に、陳昌鉉さんというヴァイオリン製作家のドラマ「海峡を渡るヴァイオリン」での、菅野美穂さんの演技について書いてますが、思い切りのあるいい演技してたんです。だから楽しみです。

その他番組HP見てびっくりしたのは、辻義人さん演ずる"毛利衛"さん。宇宙飛行士採用決定記者会見シーンの写真がHPにでてたんだけど、もうむっちゃそっくりなんだもの(笑)。

>飛行機の急降下による無重力訓練シーンを
>本当にやっているようでした
>(水玉が完全に無重力状態)。

をををを!!! すばらしい。「アポロ13」とかは弾道飛行で無重力状態を作るNASAの飛行機"KC-135"の中に宇宙船内のセットをつくって、撮ったといいます。そこまでは無理かな。ケネディ宇宙センターもロケに行ったのかぁ。僕もあの39A・Bの両発射台は見てみたいですね。

>去年2月、種子島でH2Aの打ち上げを見てきました。
>距離はかなりあったのにもの凄い轟音でした。

この打ち上げで上げられた衛星。たしかこの衛星に載せられたアンテナの開発に、僕のマイミクさんのお一人が関わってるんですよ。そうなるともっと親近感がわいて見えますね。縁って面白いものです。

>種子島のお隣は屋久島ですよ(^O^)b
>と心をくすぐっておこう。

お互い刺激しあってますね(笑)。
うずきますね。行きたいですよ、屋久島も種子島も。
でも、まずは足下から。。出来るだけ歩き倒してやろうと思ってます。

投稿: さかた | 2007年1月 6日 (土) 17時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 向井千秋さんの半生記、ドラマ化!!:

« 年始休みオシマイ | トップページ | コードが採れねぇ。f^_^;;;;;; »