« 遊歴雑記 | トップページ | 「詩」に、出会う »

2007年2月22日 (木)

結婚向き

こないだ引き出しを整理してたら、婚約直後に高校の友達が撮ってくれた僕ら夫婦のツーショット写真が出てきた。
まぁ「これから結婚する雰囲気ゼロ」の二人(笑)。

カミさんは、恋愛するならジツにツマラない(爆)人間だ。

婚約前、付き合っている時のことだが、

こちらから電話しなけりゃ、奴からは数週間はない。
僕は折にふれて手紙を出したが、奴からの返事はゼロ。
こうなると当たり前だが、婚前交渉もゼロ(笑)。
チューも婚約前はナシ。婚約してから結婚までの約1年で2回だけ。僕がガマンできずにお願いして、させていただいたようなもん(爆)。
博物館・美術館はよく行ったが(今も行く)、二人並んで展示を見たことありゃしない(これは今も僕もイヤ)。お互い見方が違うから、かえって互いがジャマなだけだし。付き合ってるのかどうか、自分でも不思議だった。
カミさんはあれでモテた時期もあったらしいが(オモシロイ奴ではある)、これじゃ大抵の男は付き合ってみたら不安に耐えられないだろう。「もう後がない」崖っぷちの僕だから耐えられたのだ(笑)。

なんちゃってね(^^)(^^)(^^)(^^)。
耐えたつもりは全然ない(チューを除く・笑)。

婚約直前ぐらいに、小田原の曽我梅林に梅見のデートに行った時、朝、当時乗ってたポンコツミラで迎えに行った。そしてカミさんの実家でコーヒーをご馳走になった。朝ご飯を終えたぐらいのカミさんの家族。ゆっくりコーヒー淹れて、ゆっくり過ごす日曜の朝。あの時に僕はカミさんの時間感覚をつかんだ。「あ、こいつはただの~~んびりしてるだけなんだ」って。そう思ったら上に書いたこと全てが楽になった。ほっといていいんだから。こんな楽な奴はいない。

そういや僕だって色気はない。洒落っ気もない。女性をドキドキなんかさせられない。トキメキなんて言葉とは無縁な、ジツに「子宮に響かない(笑)」男だ。ソロでステージセンターに立つべき人間ではない。ただハデなことは出来ないが、生活上役に立つ人間である自信はある。

俺ら夫婦は恋愛に向かなかっただけだと思う。ただ生活してみたらほっとける性質のおかげで、ホント一緒にいて楽。結婚向きだったんだな。

来月2日で、結婚10年か。。まだまだとは思うが、早いもんだ。

|

« 遊歴雑記 | トップページ | 「詩」に、出会う »

コメント

もう10年も経つんだ。おめでとうございます。隣の部屋から太鼓の音が響いてきた(笑)、市ヶ谷での結婚式のことは、つい最近のような気もします。
そういえば、うちも去年で5年持ちました。いつまで続くか…

投稿: Real Man | 2007年2月22日 (木) 23時32分

>Real manさん
>もう10年も経つんだ。おめでとうございます。

ありがとうございます。お互い時間の進み、最近早い感じしない?
太鼓の音がしてたんだ。式・披露宴ってメチャクチャ疲れなかった? 僕は自分で台本書いたからもうヘロヘロで、だから『初夜』なんてもう(ピーーーーーッ〈自主規制〉)(爆)。当日の周りの環境まで全然気が回ってなかった。もう二度とやりたくないっすね、結婚式は。

>うちも去年で5年持ちました。いつまで続くか…

そんなこと言っても、あっというまに10年です(^^)。

投稿: さかた | 2007年2月24日 (土) 08時21分

あら、もしかすると、よ○ちゃんより私のほうがずっと普通だったりして(爆)。でも、ピーナツバターサンド食いたくなって、ピーナツを剥いてすり鉢でゴリゴリやり始める私の時間感覚は尋常じゃないか。

明日で結婚10周年ですね。おめでとうございます。

今ちょうど千葉街道の旧道を調べてます。今度ご一緒に船橋大神宮から千葉まで踏査いたしましょうか?

投稿: ウミユスリカ | 2007年3月 1日 (木) 07時54分

>ウミユスリカさん
>よ○ちゃんより私のほうがずっと普通だったりして(爆)。

もしかしなくても、そうです(爆)。
ただマトモじゃないから、飽きません。オモシロイです。
ここに書かない(書けない(^_^:;;;;;;)アホなこと、
たくさんあります。

>ピーナツバターサンド食いたくなって、ピーナツを剥いて
>すり鉢でゴリゴリやり始める私の時間感覚は尋常じゃないか。

それが本当はマトモなんです。
ホンモノには時間がかかります。早すぎるんす。いま。
何もかも。。。

>明日で結婚10周年ですね。おめでとうございます。

ありがとうございます(^^)。

>今ちょうど千葉街道の旧道を調べてます。
>今度ご一緒に船橋大神宮から千葉まで踏査いたしましょうか?

都合つけば、やります!!
メール下さい!! 日程調整しましょう!!

投稿: さかた | 2007年3月 1日 (木) 22時30分

今朝の朝食は、私の手製のピーナツバターが、大好評でした。

作り方は単純。でも時間はかかる。

質のいい煎りピーナッツをひたすら剥いて秤の上に載せていき、100グラムになったらすり鉢に移す。それをひたすらすりこ木でとんとんたたいて粗砕きする。挽き割ができたら、こんどは胡麻擂りと同じ要領でひたすら擂る。だいたい1時間ぐらいは擂る。なめてみてざらつきがなくなったら、白絞りのごま油をちょっとたらしてのばす。これで、だいぶゆるくなる。そうしたら、今度は蜂蜜をたら~り。そして、またじっくりと擂ってのばす。そうすると、ごま油でだいぶゆるくなったのが、またしっかりとしたこしが出てくる。あじをみてOKだったら、出来上がり。これで、だいたい1時間半から2時間ぐらいかなぁ。まぁ、胡麻豆腐や杏仁豆腐だったら、いつも擂るだけで2時間はかけるからね。あと、熟した乾燥蚕豆炊いてお多福豆をつくるときも、だいたい半日仕事だから、ピーナツバターはいつもの僕の調理パターンからすると、かなりハイペースだといえそうだね。

市販のピーナツバターの組成を見ると、落花生と植物油、砂糖が基本配合になっているのを見て、だったらとやってみたら、難なくできました。

投稿: ウミユスリカ | 2007年3月 1日 (木) 23時12分

>ウミユスリカさん
>今朝の朝食は、私の手製のピーナツバターが、大好評
>作り方は単純。でも時間はかかる。

素晴らしい! 
こういったレシピも載って、ためになる我がBLOG。
でも、市販品って作ってみると以外に簡単なものってありますよね。

ウミユスリカさん、次は石臼が欲しいんじゃない?(笑)
もう持ってるとか(^^)。

投稿: さかた | 2007年3月 3日 (土) 10時22分

石臼は、東急ハンズクラスだと、中国製の(中国製だからということじゃないが)劣悪品だからまだ買ってない。せめて、合羽橋か、できたら工房から直接購入でないとね。乾燥挽きと水挽きの二つの用途で2つ買いたいので、また収入が復帰してから買う予定です。

投稿: ウミユスリカ | 2007年3月 3日 (土) 14時29分

>ウミユスリカさん

合羽橋って石臼まで売ってるの? すごいね。
前も聞いてたら申し訳ないですが、やはり石臼でいい材は"花崗岩"?
それもどこ産ってあるの?

投稿: さかた | 2007年3月 3日 (土) 23時07分

石臼にいい石材は、地方ごとにいろいろ試行錯誤されているみたい。ただ、私自身は前に仕事をしていた肥前諫早地方の石臼が安山岩製だったことしか実体験がないから、これから修行を積んでいきたいと思ってる。まぁ、今のところは三輪先生のバイブルに頼り切ってる段階だよね。まずは、しっかりした石臼を手に入れて、実体験をつまなくちゃ。

投稿: ウミユスリカ | 2007年3月 4日 (日) 07時47分

>ウミユスリカさん
>石臼にいい石材は、
>地方ごとにいろいろ試行錯誤されているみたい。

あ、そりゃそうだね。
日常の社会の中で普通に使われる道具だし、石は重たいからいくらいい材だからといっても、そう遠くから運んでこれるものではないしね。前も話題にしたけど、多摩では砂岩系の伊奈石が使われるぐらいだから。粉だか砂だかわからない時もあるんじゃない、なんて思ったりするもの。

石臼は水車とセットで見ても面白いよね。
先日は玉川上水の分水(立川の街へ流れる柴崎分水)沿いを探索してて、胸掛け式水車の海老樋・払い堀を発見して(もう水車自体はないけどね)、すっげーワクワクしたよ。

投稿: さかた | 2007年3月 6日 (火) 10時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結婚向き:

« 遊歴雑記 | トップページ | 「詩」に、出会う »