« エプロンを新調した | トップページ | 何の遊び?(^^) »

2007年2月15日 (木)

オルガスムスって…

のっけから、性の話題だが(^^;;;;、、「イク」という感覚がある。
僕は男だから「射精」だが、それはとんでもない快楽である。
これ以上、単純かつその後の鎮静効果のある行為は、そうはないと思う。
音楽で近い絶頂感を味わうことはあるが、その確率はそう高くない。
また音楽で得られるそれは、練習なり探求をしっかり積んだ後でないと、
まず、、ない。

ただ今日、ふと思った。「イク瞬間が来ずに快楽がそのまま続いたら、人間どうなっちゃうんだろう」って。ひょっとしたら死んじゃうんじゃないか。

そこで気づいたのは、この「イク」って瞬間は、生命の危険を未然に防ぐための"ブレーカー"なんじゃないじゃないかってこと。そのまま行ったら危ないからある一定の程度でそれを止める機能なんじゃないかって。

性医学の方では、どう捉えられてるんだろうなぁ。

|

« エプロンを新調した | トップページ | 何の遊び?(^^) »

コメント

人それぞれで感覚が違うと思うのですが、イク瞬間の快楽が続くのは、女としてはちょっと辛いかな。その最後の感覚があるからこその快楽だから。怖いのはイク感覚がずっと続くことだと思います。それこそ死んでしまうでしょうね。
ちなみに私、音楽で絶頂感を感じたことあります。

投稿: kazuko | 2007年2月15日 (木) 22時47分

「イク」の代わりに、死なないけど「死ぬ~」「死んじゃう~」というのは、万国共通らしいので、「一定の程度でそれを止める機能」ってーのは、ありかもね。

投稿: hikitagari | 2007年2月16日 (金) 21時26分

>kazukoさん
やっぱり「緊張・緩和」なんでしょうね。
テルイ・ショウさんってギタリストの曲で、
このタイトルの曲がある。彼の曲はとてもセクシー。
あれほどセクシーなわけ、わかる気がする。

>音楽で絶頂感を感じたことあります。

ありますね、僕も。
覚めてるけどアツい不思議な感覚。背筋がしびれて、
このまま死んじゃってもいいと思うような幸福感。
でも、芸事はやればやるほど、その感覚に至れるまでの
ハードルが、どんどん上がっていってしまう。
僕はすけべなので、あれがあるから、やめられないんです。

>hikitagariさん
お久しぶりです。

>「イク」の代わりに、死なないけど「死ぬ~」「死んじゃう~」
>というのは、万国共通らしいので、

あ、そうなんですか。やっぱりぎりぎりなんだなぁ。
でもこの「イク」の表現もオモシロイですよね。
日本だと「go」に近い意味ですが、英語だと「I'm coming」で、
向こうから「やってくる」意味なのかな。

投稿: さかた | 2007年2月16日 (金) 21時46分

"すべての動物のオスは射精したあとしょぼくれた顔をする"
という言葉があります。
なんか、この言葉を聴いたときに、ワタシ(人間のオス)は、ライオンや、シャケや、オオサンショウウオや、ウスバカゲロウや、カマキリのオスと肩を組んで、"そうだよなぁ、まったくだよなぁ"と語り合う絵が浮かびます。

>音楽で絶頂感を感じたことあります。
ないなぁ、泣いたことはあるけど...
ちなみに夢精もないです。
キモチいいらしいけど....

投稿: とり | 2007年2月19日 (月) 18時31分

>音楽で絶頂感を感じたことあります。

私もないなあ。
愛撫されてるような気持ちよさは感じたことあるけど。
私は聴くだけだからね。
演奏したり歌ったりしてると、そういうこともあるのかな。
ちょっとうらやましい。

投稿: ちとせ | 2007年2月19日 (月) 20時01分

>とりさん、ちとせさん
>ないなぁ

ないかなぁ。僕は相当感じやすいのかなぁ(爆)。
泣いたこともあるけど。
具体的に言えばエンニオモリコーネの
「ニューシネマパラダイス 愛のテーマ」だけど。

僕はある。たとえ僕程度の演奏でも。
僕が感じたのはギターデュオセッションの時、
セッションしていてヴァイブレーションが合ってきて、
「そう、それそれ!!」って瞬間。
思いもしないようなレスポンスが決まった瞬間。

すごい快感が走るよ~(^^)。

投稿: さかた | 2007年2月19日 (月) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オルガスムスって…:

« エプロンを新調した | トップページ | 何の遊び?(^^) »