« 懐中時計を買った | トップページ | 語学と音楽は"気合い"っしょ »

2007年3月31日 (土)

「歩き」「自転車」の使い分け

前も書いたが、「歩く」は、その土地を味わうには最高の移動手段。
しかし2地点間を「目標を持って移動する」には、とても不向き。
遅・す・ぎ・る。

大正初期から現代までの、同じ図幅の国土地理院地形図(具体的には1:25000「八王子」「与瀬」)を眺めていると、少しずつ変化してはいるが、大正期からあまり変わらない"送電路線"があるのに気づく。最近、こういったものを追いかけてみようかとか、思い出している。
「"歩き"でやってみようか」とまず思ったが、ふと心に「イヤ気」が走った。送電線と鉄塔を目標に歩いていく、次々と見たい心に、移動スピードがついてこない感じがする。

あっ、、「自転車があるじゃん(^^)」と思った。
自転車なら早いし、車ほど一方通行や駐車禁止にうるさくない。
それなりに景色も眺められる。
これから暖かくなってくる。自転車を楽しむいいテーマが出来た。

|

« 懐中時計を買った | トップページ | 語学と音楽は"気合い"っしょ »

コメント

景色を見て風を感じてそこそこのスピードであちこち見て回るには自転車が一番ですね!食べ物も美味しくなるし! いざとなれば、たたんで遠方にも移動可ですし〜 ギター担げないのが残念ですけど(笑)

投稿: イチコロ | 2007年3月31日 (土) 23時08分

>イチコロさん
自転車って、ステキですよね。
自力で風を感じられるのがいいです。
たとえ向かい風で敵に変わっちまおうと(^^)

>食べ物も美味しくなるし!

はい、ビールも美味しくなっちゃうんです。だから痩せません(笑)。

>いざとなれば、たたんで遠方にも移動可ですし〜

上手な輪行のノウハウ、イチコロさんに伝授してもらおうかな~。
イマイチ輪行が苦手なんです。

>ギター担げないのが残念

エンジンが自分自身ですものね。余計な荷物はほんとツライですね。
ウクレレなんかいいかも。

投稿: さかた | 2007年4月 1日 (日) 00時32分

新旧の地形図を比較するのって楽しいですよね。昔と今とで変わらない道を発見したりすると、すごく気になります。
でも送電線とは、気がつかなかった~すごい着眼点ですね。

イチコロさん>
マーチンのバックパッカー、乃至はヤマハの音なしギターなら十分担げると思いますよん。
これからの季節、チャリンコ乗るのもまたいいですよね。

投稿: 一太郎 | 2007年4月 1日 (日) 00時40分

>一太郎さん
>送電線とは、気がつかなかった~すごい着眼点

またまた、何をおっしゃる。
一太郎さんは僕と違って奥ゆかしいから話題にしないだけで、
何か一人で楽しんでる地形図の見方、あるでしょ(^^)。
教えて、教えて!!

昨日は2.5万の地形図片手に、地図上に山梨方面から国道20号の大垂水峠の南側を東京方面へ越え、片倉駅の南側を回り込んで八王子駅周辺へJRに給電するよう描かれている幹線送電線。それの八王子から片倉までを、会社帰りに1時間弱探訪してきました。

ところが平成4年の図幅にはあるはずの送電線がない。平成11年の図幅には消えてるのかな? あったあたりの景色を目を凝らしてみても、送電線があった形跡はない。ひょっとしたら、ミクロに歩いてみると地形図にもミスはあるのかもですね。まずは平成11年の図幅をチェックしてみたいと思ってます。

開発によって景観はどんどん変化してゆくし、編集が始まった段階で古くなるのは地図の宿命だけどね。

投稿: さかた | 2007年4月 1日 (日) 10時20分

>マーチンのバックパッカー、ヤマハサイレント
そっかそう言う手があったね!ギタレレっていうのもあるし!でもキカイダ−かってつっこまれるの間違い無いから!(笑)
ところでいっちゃんは何に乗って走り回ってるの?

>大垂水峠の南側を東京方面へ越え
同じかどうかはわからないんですが、大垂水峠の南側から城山湖に抜ける山道は昔MTBでトレ−ニングしてました。眼下に津久井湖を見渡せいい気持ちだったのをよく覚えてます。
一番の想い出は雲取山をMTBで登ったことかな?
送電線沿いとなると道が無いですよね!!

投稿: イチコロ | 2007年4月 1日 (日) 12時16分

>イチコロさん
>キカイダーかってつっこまれるの間違い無いから!(笑)

え、イチコロさんの自転車は、
「サイドカーつき」ですか?(笑)。

>ところでいっちゃんは何に乗って走り回ってるの?

うん、僕も興味ある。何だろう?(^^)

>大垂水峠の南側から城山湖に抜ける山道は
>昔MTBでトレ−ニングしてました。

その上をこの送電線通ってますね。面白そうだな、この道。僕は歩いてみたいです。でもこういうところでトレーニングするってのはシクロクロスもやってたんですか?

投稿: さかた | 2007年4月 1日 (日) 14時34分

>一人で楽しんでる地形図の見方

そういえばなんだろ?うーん、改めて考えるとよくわかんないです。
地形図も最近はネットで見れるのばっかりで買ってないな~

>何に乗って走り回ってるの

風です。爆

いえ、お恥ずかしいのですが、最近はママチャリに毛が生えたような、スーパーで1.5万円くらいのチャリンコです。
ホントはMTBとロードレーサーの中間みたいなチャリンコ(なんていうんでしたっけ?)に乗りたかったのですが、家計の都合もあるし、年に何回自転車で遠乗りして、何回スーパーに買い物に行くか、ということを考えると、スーパーの安物チャリンコにせいよと云われてnoと言えないワタクシでありました・・・。(T_T)

>雲取山をMTBで登った

私、湘南平だったらMTBで登ったことがあります。爆

投稿: 一太郎 | 2007年4月 2日 (月) 20時49分

>一太郎さん
いざ「どう地形図を楽しんでる?」っていわれても出てこないですよね。きっと一太郎さんも「無手勝流」に、いろんなもの読みとれる&想像出来ると思うもの(^^)。

>地形図も最近はネットで見れるのばっかりで買ってないな~

ネットの地形図って、嫌いなんです。
狭い画面に必要な地域だけが切り取られちゃう感じがイヤ。
紙の地形図だと、見つめている部分のまわりにフワッと別の部分の様子が目に入ってくるじゃないですか。一点を見つめながらも広く捉えられる、その余裕が好きですね。ただ国土地理院HPの「地形図等高線立体視サービス」は、楽しくて好きです(^^)。

>風です。爆

ネツでもあんじゃねぇの(笑)。

>最近はママチャリに毛が生えたような、
>スーパーで1.5万円くらいのチャリンコです。

ママチャリって長く走るのにはメチャクチャ不向きだけど、だからこそこれでサイクリングやってみたいなって、最近思ってます。だってレーサーやスポルティーフ、ランドナーあたりの前後掛け合わせて12段程度ギアが着いてる自転車を使えば、一日ゆっくり100キロ程度は走れて当たり前の道具であって、別段驚くべきものではありませんもの。
ママチャリに無理なスピードを出させてもしょうがない。ママチャリで出しやすいスピードでその分景色を楽しみながら、30㎞くらいの道のり走るなら、それなりに楽しめるんじゃないかと思います。

>ホントはMTBとロードレーサーの中間みたいなチャリンコ
>(なんていうんでしたっけ?)に乗りたかった

僕が話題にした「サイクルベースあさひ」に、29800円でタイヤが細め(700×28C、レーサーよりチョイ太い感じ)で、18段変速(前2後ろ9かな)くらいのやつ、ありました。僕もかなり購買欲ソソられた。

それよりもっと安いのは、再生品を売ってる自転車屋。
相模原の西門にあるこういうお店では、1万円ぐらいでMTB売ってました。レースするのではないんですから、ブレーキと変速機がしっかり作動すれば、これでも走れると思います。要はエンジン(自分自身)次第だと僕は思います。

>イチコロさん
>雲取山をMTBで登った
>一太郎さん
>湘南平だったらMTBで登った

みなさんやってらっしゃいますね。僕も高尾山は自転車で登りました。周りにご迷惑にならないよう気は遣いながらほとんど担いだ&押したんですけど(バカだ)。あと箱根旧街道の石畳。これも担ぎ。ある小さな子が「もうツカレタぁ、歩きたくな~い(>_<)」って泣いてる横を通った時に、その親御さんが「ホラ、あのお兄ちゃんをご覧! 自転車担いで登ってるよ。だからお前もがんばらなくちゃダメだ」だって(笑)。あの子に悪いことしましたf^_^;;;;;。

投稿: さかた | 2007年4月 2日 (月) 22時11分

遅ればせながら、キカイダー登場。(^_^;)
箱根の鉄塔を少々見てきたよ、自転車で。
このスピード、最適。これからのご報告期待しております。(@^^)/~~~

投稿: ジロー | 2007年4月 3日 (火) 00時12分

>ジローさん

をー、自転車と飛行機と鉄塔の好きなジローさん(バラしてるやん)、お帰りなさい!
「徹頭徹尾鉄塔鉄美」カテゴリー、はじめさせていただきました。

僕は僕なりに「歴史・地理」にこだわって、鉄塔探訪していきたいと思います(^^)。よろしくっ!!

投稿: さかた | 2007年4月 3日 (火) 00時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「歩き」「自転車」の使い分け:

« 懐中時計を買った | トップページ | 語学と音楽は"気合い"っしょ »