« 石川県で地震 | トップページ | エキサイティング!?なお彼岸 »

2007年3月25日 (日)

パンク修理のお勉強

恥を忍んで書くが、パンク修理が下手になった。カミさんのママチャリと、僕の通勤用の折り畳み自転車。その2台を最近直したのだが、直しても2日ぐらい経つと空気が抜けてしまう。ショックだった。ガンガン乗っていた大学時代までは、他人のまでも直していたのに。。。

だが、クサっていても何の解決にもならない。近くの自転車屋「サイクルベースあさひ」に持ってって、「すいません。直しても2日で抜けてしまいます。直し方のどこが悪いか、教えてください」と言って、修理風景を見学させてもらった。迷惑な客だf^_^;;;;;。

また穴は空いていたのだが、タイヤにも見落とした釘や針などないし、リムフラップ(スポークを止めてるニップルからチューブを保護するゴムテープ)も問題なし。僕の貼ったパッチからも空気漏れはなし。修理しながら店長さんにこう言われた。「直した後、どっか段差に乗り上げました? 空いていた穴はチューブの裏側で、考えられるのは段差に乗り上げてタイヤとリムの間に挟まれて、チューブに傷が付いた(リム打ち)としか考えられませんが…」といわれた。ところがそんなことはしていない。そう答えると、店長さんは首を傾げた。修理してタイヤを元に戻しながら、パッと気付いたように、店長さんは声をかけてくださった。「あの、お客様、タイヤをリムに戻す時に、タイヤレバー、使いませんでした?」、僕は「はい、使いました」。すると店長さん「それですね。それでかえってタイヤレバーでチューブに傷を付けちゃったんですよ」。よく乗っていた頃は車輪をはずして直してたので早いし、意味もわからずに「レバーを使わず」にリムにタイヤを戻していた。それが最近レバーで戻すことで、ご丁寧にも余計な傷を付けていたのだった

恥はかいた。自転車好きなくせにかなり悔しい。でもプロの仕事見て知恵が付いた。ゴム糊の乾かし方、パッチの貼り方も見て聞いて盗んできた。僕の貼ったパッチを例に自分の修理のダメさも指摘してもらった。今まで見よう見まねで意味も考えずやっていたことに、しっかり「意味」をつけてもらった。絶対自分の知恵にしてやる。
ごく初歩的な知恵ではあるが、気軽に教えてくれた「サイクルベースあさひ相模原店」、僕は信用した。今度買う時も、ここで買おうと思う。

|

« 石川県で地震 | トップページ | エキサイティング!?なお彼岸 »

コメント

僕書く必要もなさそうですね!(笑い)

投稿: イチコロ | 2007年3月25日 (日) 23時39分

これ拝見して、イチコロさんから何かコメントが・・・と思ったら、すでについてた。爆
私もチャリンコ好きですが、パンク修理なんてやってことありません。以前平塚の海岸でパンクして、藤沢の自宅まで押して帰ったことがあります。炎天下で辛かった~
私もチャリンコはスーパーで買うんじゃなくて、近所に信頼の置けるチャリンコ屋さんを探してそこで買おう、って思いました。

投稿: 一太郎 | 2007年3月26日 (月) 08時44分

>イチコロさん
>僕書く必要もなさそうですね!(笑い)

いやー、イチコロさんはこの記事、「見られて特に恥ずかしい」人の一人ですわ(笑)。あとはジローさんとかまごさんとか(^^)。こんな初歩的なことでも学ぶことたくさんありました。ところで、アコギ好きに不思議に自転車好きが多いって気、しませんか?(イチコロさんは気合いの入り方、別格ですが(^^))。自転車のアコースティック感や道具との付き合い方の質がすごく似ている気がします。

>一太郎さん
>チャリンコ好きですが、
>パンク修理なんてやってことありません。

パンク修理は、それなりに手順に意味がありますが(長年やっててその手順の意味が今回はじめて失敗してみて腑に落ちた)、そんなに大変なことじゃありません。サイクリングやポタリングをするなら、最低限知っておいた方がいい修理ノウハウの一つだと思います。たいていの穴はチューブ引っ張り出して空気入れて、チューブに耳を当てていけば見つかりますからね。わざわざ押して帰るなんて、たまんないですもん

>チャリンコはスーパーで買うんじゃなくて、
>近所に信頼の置けるチャリンコ屋さんを探して
>そこで買おう、って思いました。

ただ僕、これから不安なのが今回「いい」と思った店、チェーン店なのよね。きっとその人は異動してしまう。自分たちも含め、「商売は人なり」です。

投稿: さかた | 2007年3月26日 (月) 23時31分

自転車も、アコギも 自力?リズミカル?のめると高い買い物? なんでしょうね〜なんか共通する!カッコいい!(笑)

投稿: イチコロ | 2007年3月31日 (土) 23時18分

>イチコロさん
>自力?
エフェクターガンガンに効かせて弾くエレクトリックギターだと「オートバイ」って感じがしますね。でも結局エレクトリックギターも音色の根元は、ハートと指先なんですよね(^^)。

>リズミカル?
これ、イチコロさんに書かれると深いなぁ。
登坂でこれが出来たらすばらしいな。いつも僕はノロノロヒーヒーです。でも帰ってくるとまた登りたくなります。

>のめると高い買い物?
ある自転車と飛行機と鉄塔の大好きなお友達(もうバレてるやん)のお宅に伺いました。奥様は「最近のロードレーサーはいかにお高いか」、ご存じない様子。帰り際、お友達に「この自転車に値札つけて帰ろうか」と申し上げましたら、「オ、オネガイ、ヤメテ…」と言われました。最近は「ちたんフレーム」に乗ってるご様子、値札つけに行くのが楽しみです(笑)。っていっても僕は、最近の相場、詳しく迄わからない「自転車シーラカンス(パーツが600EXの世界で止まってます・笑)、値札なんぞつけられませんが。「カンパやデュラは高い」って程度の認識ですもん。最近チネリのフレームが一般化してるの見てびっくりしました。

>カッコいい!(笑)

僕もかっこよく弾けたらいいなぁ。

投稿: さかた | 2007年4月 1日 (日) 00時33分

600EXというと6段の時ぐらいでしたっけ?今や9とか10とか前3枚とか(笑)僕も現役は8段あたりで止まってます! ロードもバラして一から組まないとって感じです。時間つくらないと.... 音楽、自転車 どっちも時間かけないと楽しめないな〜 もしかしてこれが共通点?
明日から大田区に週半分通うので、自転車はじめた時のように多摩川沿いを走って原点に戻ろうかな〜
 何かそんな気持ちが坂さんの書き込み見てたらッ沸々とわいてきましたよ!

投稿: イチコロ | 2007年4月 1日 (日) 11時54分

>イチコロさん
>600EXというと6段の時ぐらいでしたっけ?

ハイ、そうです。

>今や9とか10とか前3枚とか(笑)

スゴイ世界だな。ハブ幅がこの10年で全然違ってきてるみたいですね。そんなにあってもレースやらない僕は使い切れません(笑)。6段でリアに26Tぐらいついてて、前は38Tあたりついててくれれば、とりあえずの坂は鈍亀走法で登れますからね。

>ロードもバラして一から組まないとって感じです。

やっぱりそうやって「自分の道具」にしていくんですよね。
レースとなると楽しいともいってられないかもしれませんが、趣味としてはそれがまた楽しいかもしれないですよね。

>明日から大田区に週半分通うので
>多摩川沿いを走って原点に戻ろうかな〜

いいですよね、あの道。
国分寺で一人暮らししてたころ、僕もレーサー(なるしまフレンドで買った廉価版ロードでですが)で走ってました。国分寺から関戸橋に出て是政橋まで多摩川のCR走って、是政橋渡って。で、川崎街道の連光寺の坂登って関戸橋へ戻って、また関戸橋から是政橋までCR走って、是政橋から国分寺へ戻るという8の字コース。楽しかったですね。

投稿: さかた | 2007年4月 1日 (日) 14時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パンク修理のお勉強:

« 石川県で地震 | トップページ | エキサイティング!?なお彼岸 »