« 高圧線の疑問 | トップページ | 選挙、音の暴力 »

2007年4月14日 (土)

夢に出た父

父が亡くなってからしっかり覚えているので3度、父は僕の夢に出ている。母の夢には出ないらしい。

一度目は亡くなってすぐの次の日の朝方。僕は大井の実家で父の亡骸の番をして、一人で泊まった。同室で寝たら凍えてしまうので(僕にあわせて部屋を暖めたら、今度は父の亡骸が腐敗してしまう)、僕は二階に寝て、父は一階。そしたら目覚めの直前にふと目の前にいた。穏やかな顔でただ立っていた。「ああ、来たな」と思った。

二度目は1ヶ月ぐらい前だったかな。
自分が何故死んだかを説明してた。

三度目は12日の朝だった。家の景色は何故か僕が大学生まで住んでいた海老名の家。部屋に入ると父が目を覚ましたまま寝ている。びっくりして「あれ、死んだんじゃないの?」と僕が聞くと、枕元の押入の奥から筆で書いたような古~い家の設計図を出して、やおら説明を始めた。そして最後はカーテンつかんで苦しみだし、「大丈夫!?」って僕が言おうとしたところで目を覚ました。

なんだったんだ。

父の納骨は7日に終えた。そろそろ父の住んでいた家をどうするか、叔父・叔母(父の兄弟)との話し合いが始まる。その意識がこういう形になって右脳に像を結んだかな。基本的には僕は「カミさん・息子二人をいかに守るか」を基準に判断を下すつもり。カミさんと出会えた縁のおかげで生まれた息子達は、まさに「生きている先祖の証拠」だもん。大切にしたい。

|

« 高圧線の疑問 | トップページ | 選挙、音の暴力 »

コメント

不思議ですね。
でも、3回も夢に出てこられたのなら、
それは、きっとさかたさんに伝えておきたいことがあったから、
そして、さかたさんの夢を通じて、
お父様自身の気持ちを整理しているんじゃないかな。

うちの父は、どういうわけか、一度たりとも
夢に出てきたことがありません!


投稿: シンドウ | 2007年4月16日 (月) 17時11分

いきなり亡くなったから、「え、俺、死んじゃったの?」って感じなのかもね。12月に担ぎ込まれた時、危険だから家族の連絡先教えてって医師に聞かれた時、「俺、死んじまうのか?」って聞いたらしいし。

「死ぬ」って何だろう。。。
こうして「生きている意識」、どこへ行くんだろう。
眠ったつもりでふっと消えているような感覚なのか。

投稿: さかた | 2007年4月17日 (火) 05時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢に出た父:

« 高圧線の疑問 | トップページ | 選挙、音の暴力 »