« さだまさし「安曇野」 | トップページ | その世界に生きられるか… »

2007年5月 2日 (水)

男の子、女の子

ウチのガキ(男の子)二人とも、まぁお母さん(僕のカミさんね)の言うことを聞かない。ウチの愛すべきバカ長男! 1日(火)には、お母さんの制止も聞かず、タンスのいちばん上の引き出しにあるセロハンテープを、下から三段目の引き出しを開けて"足場"にして取ろうとし(まぁ工夫は認めてやろう)、タンスがバランス崩れて転倒した!
奴は直前で逃げて無事であったが(まずは安心)、タンスの上は仏壇にしていたので、倒れて落ちた香炉のなかにある香炉灰・花瓶の水、床に全てぶちまけて部屋の中をグチョグチョにしやがった(T_T)。片付けるのに1時間ぐらいかかったらしい。晩御飯を作る時間を余計な仕事で消費され、カミさんは僕と話す時は笑いながらもかなりご立腹だった。

だが、こうやって体験的にモノのバランスの危険性やモノの可塑限界・破壊限界を知っていき、そこから想像を拡げて物理の感覚・知恵を養っていくのが男の子。男はこういうタイプのバカだから、30まで生きてるのはある種奇跡だと思う。
長男のお友達見ていても、女の子は頭はいい。聞き分けもいい。「理性的生命体」として、女の子と男の子は「ヒトと動物」ほど違うとすら思う時がある。女の子は親もそれなりに育てやすそうだ。ただしいろいろな「モノの限界感」に関しての知恵は、女の子は薄いのではないか。言われることは言葉ではわかってるけど、実際に失敗して痛みで憶えてないから、知恵になってない。言っちゃ悪いがそういう「物理的限界を知る」意味で「女はバカ」だと思う。カミさんも「そうやって置いたらひっくり返るだろう」ってことよくやって失敗する。つくづく物理的危険性の知恵が欠如していると思う。

という僕には、着る物を大事にするとかいう感覚が欠如してる(笑)。いつも怒られる。つまりはお互い穴だらけ(^^)。埋めあって生きてるようなもんだ。穴だらけだからこそ周りが有り難いね。

男女を均しちゃう必要はないと思う。違うからこそ補完がしあえるんじゃないだろうかなぁ。

|

« さだまさし「安曇野」 | トップページ | その世界に生きられるか… »

コメント

女の子は確かに育てやすい。でもうちの子なんか見てると、いつも親の目を密かに気にしていて「私は親にとっていい子でいないといけない。」なんて見えない縄で縛られている気がする(まだ5才なのに)。幼少期からのうちの特殊な育児環境に寄るところも多いのだけれどもね。
でも集団活動においてはいつでも「物理的危険性の知恵」の学習をしてもらっていては、困ってしまうこともあるのよ。Tonさんだって現場をご存じでしょ。
うちの娘にはもう少し殻を破って、大胆に行動して欲しい。「女はバカ」で、でも補完しあえればいい、という考え方はもう現代ではちょっと古いのかもしれない。
個性が一番大切だけれど、ともかく今の○○現場では男女関係なくそれなりの方向を目指す、そんな感じが定着している。女は男っぽっく、男は女っぽく、それぞれよく言うと人間っぽくなることを目指しているんじゃないかな。

投稿: TATSU | 2007年5月 2日 (水) 08時09分

>TATSUさん
>「私は親にとっていい子でいないといけない。」
>なんて見えない縄で縛られている

これは僕もそうだったから、すごくよくわかる。
でも大丈夫、愛してさえいれば、いつか飛べるよ(^^)。

>いつでも「物理的危険性の知恵」の学習をして
>もらっていては、困ってしまうこともあるのよ。

はい、困ります(笑)。大~変こまってます(笑)。
「どうしてこうなったかわかるか!」と考えさせ、猛烈に叱り飛ばしてます。だからこそこうして「これは奴らの学習なんだ」と、ある種あきらめないと、こちらの心が持ちませんがな~(^^)。

>「女はバカ」で、でも補完しあえればいい、

ここでは物理的限界観って意味で「女性はバカ」と書いただけで、基本的には僕は女性を尊敬してるよ。はっきりいってフェミニストであるとすら思ってる。女性の全員が全員そうではないしね。
補完しあうのは、それぞれの人が持つ「男性」性、「女性」性から考えるのでなく、自分の出来ること・わかること・感じることを持ち寄って、お互いが補完し合えばいいんだよね。「男だからこんなコトできるか」って感覚は、あまり僕にはないなぁ。「男だから男と出来るか!(爆)」とは思ってるけど(笑)。
これは僕が同性愛者ではないだけで(^^)(女体の方が好きです、素敵です・爆)。そういう趣味の人は否定しません。むしろそういう人、僕にはない女性的な「あはれ」の感覚を持てる、センスの幅の広い人に感じる。優れた芸術家に同性愛者が多いのもさもありなんと思ってるよ。感じられなければ表現できないからね。

投稿: さかた | 2007年5月 2日 (水) 12時39分

それと「下手に危険なことをしない」、女の子の性質は
「子を宿す性」としての性質なのかなとも思うことがある。
これだけに全てを帰結させるつもりはないけどね。

俺、危険なことばかり書いてる気もするなぁ。f^_^;;;;;

投稿: さかた | 2007年5月 2日 (水) 22時39分

物理的な限界、なんて視点、目からウロコです。いや~なるほどなるほど~。(^^)
すんごい偏見ですが、女性ってクルマの運転が男性より下手な人が多いって言うじゃないですか。これもそのことの表れかも、なんて思いました。(運転が好きな女性の方、ごめんなさいね)
服とか見栄えとかに対する感覚の欠如は私も負けてないですよん。(^^; 自分がこういうカッコしたら似合う似合わない、という意識が芽生えたのって大学生の頃ですもん。女性だったら幼稚園生くらいの頃にすでに芽生えたりしますよね。
こういう差って面白いですね~、と、面白がってしまおう。

そうだ、母親の言う事聞かないのは、ウチの愚息も同じです。私もそうでしたし。

投稿: 一太郎 | 2007年5月 2日 (水) 22時58分

>服とか見栄えとかに対する感覚の欠如

でも、これってさぁ、自分が楽器弾く時のフレーズ選び
にもリンクしてると思いませんか? ポップス系の音楽だと、
やはりおしゃれな人は、洒落たテンションノート選びとか
リズムアンサンブルが上手いなって思う時はある。
「美しく見せるツボ」を心得てるっていうか。。。
いろいろなものでセンスって養っておきたいですよね。
とはいえ、着るモノにはほんと興味ないんだよな~。

>こういう差って面白いですね~、と、面白がってしまおう。

ホント面白い。特に9つまでは男女の内面差が顕著だから
見てて面白い。男は大体あっぱらぱーの「動物」だけど、
女の子はミニお母さんだものね。大体男がガキっぽいのは
いつまでたってもそう。でも、何で女がこんなバカ(男)と
結婚なんかして一緒に住む気になるんでしょうね。
不思議だ……。

投稿: さかた | 2007年5月 2日 (水) 23時34分

>でも、何で女がこんなバカ(男)と
結婚なんかして一緒に住む気になるんでしょうね。

まぁ、我々男は適当におだてて養っておけば、勝手にハイリスクの試行錯誤をしてくれて、うまくいけばブレークスルーを拾い当てて女子供に貢いできますからね。ハイリスクの地雷を踏んで自滅したら、次の男を拾えばいいわけだし(爆)。

投稿: ウミユスリカ | 2007年5月 3日 (木) 01時58分

>ウミユスリカさん

最近結婚しない人も増えてるからね。いま男も女も経済的に自立してるし、かつ脇目も振らず邁進したいもの、楽しいものがあれば、こんなハイリスクや足枷は避けたいのも当然かもね。

僕は一人でいる淋しさのほうが勝っちゃうし、やはり家族の中で得る知恵の方に尊さを感じる。やっぱりエキサイティングだけでなく温かさが欲しいね(*^_^*)。

投稿: さかた | 2007年5月 3日 (木) 08時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男の子、女の子:

« さだまさし「安曇野」 | トップページ | その世界に生きられるか… »