« 映画「眉山」観た | トップページ | 抱っこできる幸せ、ジレンマ »

2007年5月25日 (金)

鉄塔とおばちゃんと夏みかん

JR中央線豊田駅にある電車区、ここを越える跨線橋がある。
さらにその上を越えていくガッチリした送電線がある。こいつやその周辺の送電線も見に行きたくて(電線病が進んできました・笑)、先日、豊田駅から京王線長沼駅まで歩いてみた。

僕は送電線の構造とかにはあまり興味がない。路線に惹かれてる。その路線名には供給先(終点)が意識されてるように思えて、街の暮らしがミクロにどういう送電ネットワークに支えられているかが感じられて面白い。日が落ちたって鉄塔の足下に付いた路線名プレートぐらいはストロボ焚けば撮れる。僕のデジカメの写真には帰ったら全部携帯GPSのトラックデータとリンクさせてEXIF情報に位置データを入れてるから、後日プレート名だけの写真を集めてカシミール3D上にドラッグ&ドロップすれば、地図上の送電線に路線名が入って表示できる。だから鉄塔を見つけると路線名プレートだけでも撮影している。

Dscn9401 さてこのがっちりした鉄塔は、東京西線の鉄塔、同じ路線に府中線・由木線も同居してる。写真を採ってたら、この鉄塔の麓の家に住むおばちゃんに声かけられた。
「このあたりは鳥も多いし、のどかじゃろー。へぇ、こんな鉄塔の写真撮ってんの? 強い風が吹くとね、この鉄塔の上の方からブーーーーンって結構大きなうなり声が聞こえてくるんだよ。ちょっと怖いね~。もし倒れちゃったりしたら引っ張られてるからアッチの方へ倒れるんかねぇ」と北を指さした。酔狂だよな、僕も。こんなものの写真撮ってさ。麓に住むってのはやっぱり怖いだろうな。電磁波とかの問題もあるしね。

Dscn9404 写真撮り終えて西へ歩くと、別のおばちゃんが自転車に乗ってこちらへやってくる。歩道の小さな段差の乗り上げた時、後ろのカゴに満載してた夏みかんが4つ5つ、はね出て路上に散らばった。「ありゃりゃー(^^)」と言いながら拾って渡したら、「まぁ、ありがとう。これたくさんもらっちゃったのよー。2つ3つあげるわ(^^)」と言ってもらってしまった。思いがけない家への土産が出来ちゃった。その後鉄塔長沼線の写真を撮って京王線長沼駅へ。

僕はほんとよくおばちゃんに声かけられるなー。若い子はほとんどない(笑)。うーーん、僕の魅力は人生経験を経ないとわからないってことなんだろう(爆)。

|

« 映画「眉山」観た | トップページ | 抱っこできる幸せ、ジレンマ »

コメント

あいにく、鉄塔の魅力はわかりかねるのですがさかたさんの魅力は(^◇^)ちゃんとわかりますので、私はきっと人生経験を経たりっぱな押しもおされぬ?おばちゃんなんですね(^_^;)(^_^)v

投稿: ねも | 2007年5月25日 (金) 22時45分

>ねもさん

後ほどゆっくりしっかり、レス付けさせてくださいね。書きたいことが出来て、先にそちらを書いてアップしてしまい、恐縮です。

投稿: さかた | 2007年5月26日 (土) 12時34分

今の世の中、隣人にさえ警戒心を抱かなければならないことすらある。
そんな中で声をかけられやすいというのは人柄がにじみ出て「この人なら....」ということなんだろうな(^O^)

ところで今更若い子に声かけられて何をしたいと?

投稿: をんばせ | 2007年5月26日 (土) 22時00分

サカタって人妻キラーだったのね…。


それはともかく、この文章、いいなぁ。
あ、鉄塔のことでないよ。(^_^;)

なんとなく、ほわ~っとしてて。

投稿: ジロー | 2007年5月27日 (日) 16時07分

>僕はほんとよくおばちゃんに声かけられるなー。若い子はほとんどない(笑)。うーーん、僕の魅力は人生経験を経ないとわからないってことなんだろう(爆)。

ちょっと対抗させてもらうよ(笑)。私は20代のころ、美術館に行くと、かなりの頻度でただで見ることができた。なぜかっていうと、チケットを買おうと売り場に並んでいると、よく上品な老婦人が声をかけてきて、「ただでもらった券が余ってるんですが、よろしかったらもらっていただけますか?」というふうになったんだよね。それも、1度や2度じゃないんだよ。

そういう私も、もう40のじじいだけどね。

投稿: ウミユスリカ | 2007年5月27日 (日) 18時40分

>ねもさん
>私はきっと人生経験を経たりっぱな押しも
>おされぬ?おばちゃんなんですね(^_^;)(^_^)v

「いやいや、そんなことないですよ」なんて歯の浮いたウソ申しません。きっぱり「おばちゃん」です。でも、僕にとってのこの「おばちゃん」って言葉、世の中で使われている意味とは違います。英語の「lady」の意味が近い。でもladyや淑女って呼び方もなにかエエカッコな感じがしてキライ。あったかみがあって、知恵と厳しさと懐の深さを兼ね備えてて、親しみやすい。そんな素敵な女性が「おばちゃん」です。
たしかに世に言うオバチャンには、ただ恥の感覚だけを失われた方もおいでです。でも、特に子育てしているうち「大人のエエカッコシイ」に過ぎない部分は子ども達にぶち壊されていく。家族の中でのハダカのぶつかり合いの中で、それらが枝葉末節になって行く。恥を失うそういう背景に思いを馳せずに、十把一絡げでオバチャンを嫌う言い方は僕はもっとキライです。
アンチエイジングでなくポジティブエイジングしてる人は、男も女もいい表情してますよね。僕ぁ、これで行きたいです(^^)。

>をんばせさん
>そんな中で声をかけられやすい

まぁ、毒にも薬にもならん、顔をしてるってことなのでしょう(笑)。嫌いな人は嫌いだと思いますが、でもそれでいいです。できるだけ「隙だらけ」の人間でいたいと思います。武士のような人生、僕には無理です(笑)。

>ところで今更若い子に声かけられて何をしたいと?

あはははは、はっきり言って話すことがありませんわ。これもいかんなぁ。ただ最近職場に入った20代前半のアルバイトの子と、『のだめ…』の話だったら出来ますね。うわべだけあわせても無理ですね。

>ジローさん
>サカタって人妻キラーだったのね…。

人妻、ねぇ。ちょっとそういうとナマナマシイねぇ(爆)。ちょっと違う気がする。色気がまるっきり介在してないもんf^^;;;。でも隊長もたぶんそういう部分、あるでしょ?

>ウミユスリカさん
>ちょっと対抗させてもらうよ(笑)。

わはははぁ、やっぱりね(^_^)。絶対そうだと思ったよ。この辺は僕と完璧にタイプ同じだもん。オーラで感じてたことが、こないだの散歩で豆乳買った時・おにぎり買った時のやりとりで確信に変わったね(^^)。ところで同じ「チケットもらう」経験、よ○ちゃんもしてるってさ。「愛されて生きてきたかわいげ」があるってことなんだろうね、お互い。僕もストイックに磨けばこういう知性のある男になれるって道の先を、ウミユスリカさんは歩いてくれてる。嬉しいっすね。

>そういう私も、もう40のじじいだけどね。

「じじい」だって? ふざけんない! まだまだじゃねぇか(^^)。40過ぎりゃもっとポジティブになれます(by 丸山ももたろう)。何度格好悪くヘコタレても僕はこうありたいです。

投稿: さかた | 2007年5月28日 (月) 07時37分

あはは。。おもわず笑ってしまったです、
さかたさんが歯の浮くようなこというはずないですから。(^◇^)はい、ポジティブエイジングなLADY=おばちゃん♪、これでいきます!(^_^)v
私もよく道きかれたり、たずねられたり(職場でも)します~。顔におせっかい。がでてるのかしら、、でもちょととでもお役にたったりするとうれしいなぁとも思います。

投稿: ねも | 2007年5月28日 (月) 12時15分

>サカタって人妻キラーだったのね…。

あ、これね、私が長崎時代によく言われていたあだ名を、襲名してもらおう。

「マダムキラー」

投稿: ウミユスリカ | 2007年5月28日 (月) 12時23分

>ねもさん
>よく道きかれたり、たずねられたり(職場でも)します~。

僕もそうです。お仕事の方もたくさんレファレンス来るでしょう。一緒に考えるって楽しいですよね。あれが苦痛になったら、この商売できませんよね。

>ウミユスリカさん
>「マダムキラー」

謹んでお受けいたします(^^)。マダムキラーの名を汚さぬよう、大きなお世話・お節介に精進いたします(笑)。

投稿: さかた | 2007年5月30日 (水) 17時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄塔とおばちゃんと夏みかん:

« 映画「眉山」観た | トップページ | 抱っこできる幸せ、ジレンマ »