« 安価なチャリの可能性 | トップページ | 雑感 »

2007年6月19日 (火)

「じぶんであるくぅ」「でもね」

今朝、通勤中に3才くらいの男の子を連れたお父さんを見た。保育施設に預けてこれから仕事の雰囲気。抱っこして階段登ってるとその子が「ぼく、じぶんであるくぅ」って。するとお父さん「ごめんね、気持ちわかるけど時間ないんだ。あっちで歩いていいからさ(^^)」って。

やり取り見てて、俺、ちょっとだけ涙ぐんでしまった。同じように長男預けた時のこと、お迎えの時、僕に気付いて保育園の廊下の向こうから走ってくる長男の姿思い出しちまって。

長男にも淋しさと苦労かけてるな。精一杯やってるつもりだが、こちらの恣意であいつを振り回してるところも、ないとはいえないよな。

週の初日だってのに、心が疲れてんのかな。ちょっと弱気だ。

|

« 安価なチャリの可能性 | トップページ | 雑感 »

コメント

いや、こりゃ泣けるよ。
弱気って悪いことじゃないでしょ。

弱気じゃ負けないぞぉ~。
あ、ワタシは単に弱い…(ToT)

投稿: ジロー | 2007年6月19日 (火) 17時39分

>ジローさん
お互い涙腺弱くなったかも。
ごく普通の景色の中にドラマなんて落っこちてる。
気づけるか気づけないかだけで。

でも親やってみて、自分の汚さもしれて
お互いほんといい経験させてもらってるよね。

僕は一般人だから、
こうして体験すること、人を傷つけるなかでしか
人生の機微、わからんもん。

申し訳なくも、ありがたいね。

投稿: さかた | 2007年6月20日 (水) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「じぶんであるくぅ」「でもね」:

« 安価なチャリの可能性 | トップページ | 雑感 »