« 報われた(^^) | トップページ | 歌は才能だ »

2007年9月 8日 (土)

拍手する時

他人の音楽演奏を聴く。。。
他人のオナニープレイなんか見て、聴いて、楽しいか?
その感じ方は人それぞれであることも、それはたしか。
だけど、マスターベーションなら僕は嫌いだ。楽しくない。

アマプロ関係なく、マスターベーションにしか思えない演奏。ストリートなら耳をふさいでそそくさと立ち去れるからいい。ライブハウスとかでそんな演奏に出会うとキツい。聴きたい人までひたすら耐えないといけない。その人にアンケートを渡されてようものなら、「○△がダメ。自分の歌や演奏を録音して自分で冷静にしっかり聞いて、ちゃんと練習してこい」と大概はハッキリ書く。練習やアレンジの時に追い込めない奴はアマチュアでもダメ。部屋で楽しむ分には結構だが、人前でやってはいけない。気に入らないパフォーマンスにはアマプロ関係なく、僕は一発も拍手をしない。"お付き合いカラオケ"的に拍手するのなんか、ゴメンだ。「やる気への賞賛」? そんなもん人前でやるなら当たり前だ。当たり前のものに拍手する必要なんかあるか?無論、これ全部自分に返ってくる。自分のパフォーマンスにも気に入らなければ拍手なんかしてくれなくて結構。

逆に感動して拍手できないときもある。
そういう時は感謝を込めて手を合わせてる。
「美の真理」があって白黒の決まるものではない。自分の楽しいことが、他人には"ご迷惑"にしかならない時がある。はっきり人前でやってもいいものか、悩んでる。でも、何があっても迷惑だろうがなんだろうが表現せざるを得ない煩悩、しなくては崩壊してしまう精神を持ったものが、やるものであるんだろうとも感じる。因果なもん、趣味にしちまったなぁ。

|

« 報われた(^^) | トップページ | 歌は才能だ »

コメント

こんにちは。そしてご無沙汰してます。あ、それと、試験前にメールいただいてありがとう。元気が出ました。

少なくとも歌が「歌」として成り立つための条件というのが、私の中にあります。それは「音程がずれていない」ということです。音外されるとイヤになってきます。以前アカペラで合唱やったんですが、歌っていてイヤになってきました。それでも「一生懸命やってるんだから認めてやれ」といわれて、ますますイヤになりました。

おっと、チョイとずれました。「マスターベーション」とはきついですね。結局一つの「価値基準」で判断されることになるから、そのうちの1つが、いかに「経済効果」を生むかとか、「名声・名誉」を得ることになるか、なんていうことが関わってくるんでしょう。実際この国の音楽シーンを見ても、そう思わざるを得ない状況ですね。浜○○ゆ○の声なんて、私は聞いているだけで頭が痛くなってくるんですが、それでもCDの売り上げはすごいんですから。どんな価値観においても支持されるというのは大きな意味がありますね。

個人的には、どんな「価値観」であろうとも、しっかりそれを理解されるように「マーケティング」を行って、それに基づいて「創作活動」すべきだと思っています。意外と芸術も「マーケッティング」がうまくいったかいかないかにかかってくるところもありそうですよね。サティーだって生きているうちには評価されなかったわけですから。

おっと長文失礼いたしました。またよろしくね。

投稿: をーつき | 2007年9月10日 (月) 15時22分

「技術的にはド下手ではないけど即応力という柔軟性がない。マジメなだけで歌心・色気の少ないパフォーマンス」 これが僕の自己評価。この二つの記事、決して自分を高みに置いた意見ではありません。全て自分に返ってくる。「自分自身はどうなんだ?」の戒めとして書いているつもりです。

>をーつきさん
>歌が「歌」として成り立つための条件
>「音程がずれていない」ということです。

たしかにこれ、最低条件。これができないなら、まず克服する方法を考え、実践してみる。それでもできないなら、たとえ趣味であっても人前でやるのは諦めなければならない。自分は放出して気持ちよくても(爆)、聴かされる方は気持ち悪いだけで迷惑だもの。だから伝えられる時は僕はハッキリ伝えますよ。「自分の歌、録音して聴いてみ」って。陰口はいやですから。

>「一生懸命やってるんだから認めてやれ」といわれて、
>ますますイヤになりました。

人前でやらないなら許してもいいけど、人前でやるなら許しちゃいけない。「お前、ダメ」って言うのも思いやりの一つだと思います。それで消えてしまう程度の情熱ならその程度の趣味なんだもの。

>「マスターベーション」とはきついですね。

プロやストリートの人にはあまりない。そういうのはハッキリ売れないし、人が立ち止まらないから。でも弾き語り系のライブハウスだと、最近多いんだよ。進行や立ち居振る舞いは憧れのミュージシャンぶってカッコつけてても、全く音楽が着いてきてない。お客に手拍子を求めるなら、出来るだけのビートを歌から楽器から身体から打ち出してくれ、って言いたくなるのがね。

自分でまず録ってみて聴けば大概愕然とするはずなんだ。下手くそさ加減に。アマチュアの場合人前でやるならその経験を一度通って、克服しようとしてみてるかだけだね。それやってる奴は、聴いてるこっちはわかるもん。

>個人的には、どんな「価値観」であろうとも、
>しっかりそれを理解されるように「マーケティング」を行って、
>それに基づいて「創作活動」すべきだと思っています。

せっかく人前でやる以上は、ちゃんとお客さんを見て、どう伝えたらいいか、考えていきたいなとは思ってます。普通の会話と同じなんじゃないかな。音楽は好きです。まずはいま身体の中に貯めたいって思いが最近強いです。

投稿: さかた | 2007年9月10日 (月) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 拍手する時:

« 報われた(^^) | トップページ | 歌は才能だ »