« 粋(いき)だっ! | トップページ | 電験三種テキスト(電力分野) »

2007年10月16日 (火)

都心散策には自転車!

東京23区内、JR山手線の円で囲んだエリア、ここは歩くとすごく面白い。500mに一つは面白いものに出会うような感じ。

神田から市ヶ谷の法政大学まで歩いた時は、神田界隈でファサード(建物前面)だけを洋風にした和風建築とかに沢山出会うし、「南総里見八犬伝」作者・滝沢馬琴の居住地跡なんてのに出会えた。昨日は市ヶ谷で輪行した折り畳み自転車を組み立てて、国立公文書館まで行って仕事関係の調べもの。帰りは世田谷区の千歳烏山まで走っちゃった。それで見つけたのが滝廉太郎の居住地跡やら、明治30年代末の英国公使アーネスト・サトウの植えた桜並木、高野長英の私塾跡、乃木希典邸…etc。江戸幕府開幕以来、ダテに一極集中して(させて)きた都市じゃない。歴史の跡がそこここに掃いて捨てるほどある。説明板になってなくても考えたくなるものもある。ハナヂが出そうなほどだ。

でも、何度も歩いているから、さすがに歩くのはきつくなってきた。「歩いて見る」ってほとんど知らない場所でやる分にはいいけど、なまじっか知ってしまってるところは早く次が見たくなって僕には苦痛。そんな時にいいのが自転車!

My_chari こうした散策に使う自転車、立派すぎて快適にスピードが出ちゃう代物はダメ。走ることに快楽がありすぎて、止まりたくなくなっちゃう(^_^;;;;)。「止まるのを厭いたくならない自転車」がいい。だからいま、僕にはこの通勤で使ってる折り畳み自転車(写真)がいい。これでも歩くよりは速い。僕が歩くスピードはGPSで平均時速をとってみると、時速約4.2キロってとこ。自転車だと、こんな代物でも平均時速9.4キロは出てくれる。それにこれ以上速くなんかなくていい。スピードが速すぎるといろいろなものを見落としてしまう。

都心部は武蔵野台地及び下末吉ロームの積もったもう少し古い台地(赤坂や愛宕山あたりから南側ね)の末端部だから、浸食されて谷地形が発達して坂や階段が多い。この自転車なら階段は担いで上り下りしちゃえるし、登れないような坂は降りて押しちゃえばいいもん。

「歩く」「自転車でいく」、気分で使い分けていきたい。
どっちにせよいろいろなところ、身体張って見に行きたいぞ~。

|

« 粋(いき)だっ! | トップページ | 電験三種テキスト(電力分野) »

コメント

おはようおございます。昨日は起業塾というセミナーに行ってきました。要は起業家としての心得を学ぶ場所ですが、おもしろ方ですね。ホントに会社を作りたくなっちゃう。(笑)

>「止まるのを厭いたくならない自転車」がいい。

なるほど。となるとリカンベントは最適かな?もちろん輪行は大変です。(爆)一度やったけど組むのとばらすのが大変だったし、かさばるのでラッシュ時は絶対に無理。だけど乗っている間は最高!ハンドルが椅子の下だから視界はバッチリだし。ゆっくり走れる技術があればこれほど景色を楽しめるモノはないといったところでしょうか。

でも、いかに東京といえどあのスタイルは目立つんでしょうね。あ、3輪もいいですね。これも電車に持ち込むのに勇気がいりますが。

投稿: をーつき | 2007年10月17日 (水) 08時14分

私は自転車にはぜんぜん詳しくないのですが、輪行って、自転車を折りたたんで電車に乗って移動することですよね。
で、写真のような自転車って、最近流行ってるのか、よく売ってるのを見かけるのですが、こういうのって普通に半分に折りたたんで電車に乗れるモンなのでしょうか。メチャメチャ重くて、あちこちで出っ張っていて、担いで歩くのってタイヘンなのでは、と思いまして・・・。
そうじゃないとすると、ちょっと物欲に火がつきそう・・・(^^ゞ

投稿: 一太郎 | 2007年10月17日 (水) 22時20分

人様のブログで講釈をたれるのもはばかられますが、謹んで申し上げます。m(_ _)m

鉄道会社の規定で、自転車を列車内に持ち込む際、かならず袋に入れなくてはならないことになっています。ですから、折りたたみ自転車といえども、裸のまま持ち込むことは出来ません。多分ですが、突起部分で危害を加えることもあるから、それを防ぐ意味があるかもしれませんね。

逆に、婦人用自転車(いわゆるママチャリです)でも、大きめの袋をかぶせてしまえば電車に持ち込めてしまいます。かなり目立ちますけどね。(笑)以前は有料でしたが今はすべて無料になっています。時代の流れでしょうかね。

ふと、輪行で知らない町をガイドブック便りにフラフラしてみたくなりましたね。あ、そうそう。しまなみ海道いってみたいという気持ちがまだどこかにくすぶっていますので、そのうち実現させてみたいですね。

追伸:折りたたみ自転車の中には、折りたたんでもキャスターが付いていてそのまま転がして移動できるものもあります。あと、あまりやすいものはお勧めしません。ただでさえ折りたたみ部分に負担がかかって安全性に問題があるばかりでなく、結局買い換えのスパンが短いため高くついてしまうというのがあります。お気を付け下さい。

あ、さかたさん、人のブログで長く語ってゴメンね。すみません。

投稿: をーつき | 2007年10月17日 (水) 22時51分

取り急ぎ、ここだけレス(^^)

>かならず袋に入れなくてはならないことになっています。

入れてるよ~(^^)。写真のサドルの下にぶら下がってるのが輪行袋。
これ、大阪までランドナーで行った時に買った輪行袋。
をー、もう17年前の代物だ(笑)。
実は知らずにハダカで乗せようとして、駅員さんに注意された。
いい経験になりました。

一太郎さーん、自転車もいいね。
やっぱり大山街道踏破、やろうよ。
それとも区間ぶつ切りにして、東海道挑戦する?
どっちにします?

>さかたさん、人のブログで長く語ってゴメンね。すみません。

どんどん語って~(^^)。ここはその辺、あんまり気にしないでね

投稿: さかた | 2007年10月17日 (水) 23時16分

>一太郎さん
確かに何か袋に入れた方がいいけど、写真の僕の自転車だとギターケース程度のかさばりにはなってくれます。その写真も撮ってくればよかった。電車の運転席の後ろに置けばそんなにジャマになりません。実はこの日行きは朝の軽いラッシュに当たったけど、橋本始発の京王相模原線に乗って、運転席後ろの場所に置いたらs、そう迷惑にはなりませんでした。ただ、「始発駅から乗せる」って気は遣いましたけどね。平日朝の小田急線に町田から乗せるのは出来ませんでした。

>をーつきさん
>昨日は起業塾というセミナーに行ってきました。

をーつきさんのブログ読んでて思う。
ほんと勉強が好きだな~って。すごい! 起業、あってるかもしれない。

>となるとリカンベントは最適かな?

トロトロ運転がキツイとなるとどうかな。ただ座ったスタイルのあの視点位置は魅力だね。やはり見ることの方に僕は重きがあります。オーソドックスな自転車の形ってやはり走行シチュエーションの柔軟性に、オーソドックスたる由縁ってあると思います。たしかに20代までは速さに憧れたけど、40近くなって自転車に関してはある程度諦めました。1日24時間しかない中、家庭のことやって音楽・仕事・そこで自転車まで速さ求めて本気になったらパンクします。現にパンクしかけてるしね。

投稿: さかた | 2007年10月18日 (木) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都心散策には自転車!:

« 粋(いき)だっ! | トップページ | 電験三種テキスト(電力分野) »