« Layover、その後 | トップページ | 次男、今日で3歳 »

2007年10月28日 (日)

銭湯マップ

僕は就職して1年で家を出て、一人暮らしを始めた。
場所は東京都国分寺市東戸倉、西武国分寺線恋ヶ窪駅のすぐ近くのアパート。家賃3万3千円、水洗トイレはついてたけど風呂はない。だから銭湯に行ってた。幼い頃はずっと銭湯だったから大好きだけど、同じ所に行き続けるのはツマラナイ。だから一人暮らししてから金貯めて買ったポンコツ軽自動車"ミラターボ"で銭湯行脚をしてた。いまでもちょっと旅に出ると、時間があれば必ずその土地の銭湯に入る。まるで居酒屋のカウンターの如く、その土地の素顔が見える様に思う。

1994 最初は電話帳で住所調べて行った。そのうち東京都公衆浴場業生活衛生同業組合が出したのがコレ、「東京銭湯マップ'94」。行った銭湯にはマルつけて、あっちの銭湯、こっちの銭湯。僕だけで行くのでなく、同じように部屋に風呂のない友達とも一緒に行った。マルの数、勘定してみたら現在までで東京だけで117軒程度は入っている。その時使っていた僕のこのパンフは、もうボロボロだ(笑)。
ウォーキングにいま人気あるから、1994年に刊行された上記銭湯マップも改訂版がもう3回出ている。下の左が2000年度版、真ん中が2002年版、右が最新の2007年度版。前の3版は無料配布だったけど、2007年版は300円。先日の藤の湯で買ってきた。
2000 2002 2007








銭湯行脚には決まった作法などない。他人様に迷惑をかけず、入ればいいだけ。使った洗面器や腰掛けは濯いでちゃんと片付ける。大人としてアタリマエのこと。ただ一つだけ不文律がある。

「はじめて入った銭湯では、脱衣場の扉にいちばん近い蛇口を使う」。特に湯船にいちばん近い蛇口は、初めて入った人間は決して使ってはいけない。ご近所のお年寄とか常連さんの指定席の時があるからね。

3回改訂を重ねたこの銭湯マップ、前に掲載されていた銭湯が少しずつ消えている。悲しいが、まだかなりの銭湯が残っている。2002年版からA5版になったから手持ちしやすく、使いやすい。今回のはスタンプラリーのシートもついていて26湯("ふろ"をかけてるのね(^^))入ったら、その各銭湯の印が捺されたスタンプシートを組合に送ると、景品がもらえる。ラリーは別にして、散歩の後に風呂入ってビールって最高っす(^^)。散歩コースの最後に銭湯、おすすめです。

|

« Layover、その後 | トップページ | 次男、今日で3歳 »

コメント

銭湯、好きです。
特に私は、銭湯の壁絵が大好きなんです。
銭湯がどんどん消えてゆくことは、あの壁絵も消えていくことになるから、銭湯には生き残っていってほしい・・。

あの壁絵は、庶民芸術であり、貴重な大衆文化でもありますよね。

なんでも、銭湯の写真集ってのがあったらしいんですが、確かそうとう高かったはず。
なので、購入はあきらめた覚えがあります。
というか、その本の存在を知った時には、すでに絶版だったみたいでした。

すいません、話題を銭湯の壁絵にすりかえてしまいましたね(笑)。

投稿: 時代屋だんぞう | 2007年10月29日 (月) 00時40分

>だんぞうさん
あの壁絵は、4,5時間で描き上げてしまうってこと書いたの、確かだんぞうさんHPのBBSでしたよね。あれは職人芸ですよ。はっきり言って、下手な現代美術は僕は嫌いです。芸術家のマスターベーションでしかない。作り手のメッセージのみで鑑賞者が存在しない。それでも伝えるべき時は伝えなきゃいけないのもわかりますが。風呂屋のペンキ絵には風呂に浸かる人への、大きな景色の安らぎがありますからね。

いままででいちばん「デケェ」って思ったペンキ絵は、吉祥寺の弁天湯。男湯・女湯の仕切の上に富士山の山頂を描き壁面全体での景色になっている。世田谷区の宇田川湯のペンキ絵もよかったですね
最近は「富士と砂浜」「松島」だけでなく他の風景もありますよね。ヨーロッパアルプスの風景を描いて印象に残っているのは、府中市の美好湯。レインボーブリッジと横浜港の絵は同じ府中市の福の湯。こちらはタイルモザイクで作った作品でした。

>銭湯の壁絵にすりかえてしまいましたね(笑)。

同じ銭湯の話題。全然すり替わってないですよ。
一つの話題が起爆剤になって、どんどん派生してゆくのが僕は好きです。それこそが音楽にせよ、会話にせよコミュニケーションやセッションの魅力ですもんね(^^)。これからもどんどんよろしくお願いいたします。

投稿: さかた(Ton) | 2007年10月29日 (月) 08時57分

94年版だったのか~。
ワタシも持ち歩いてました。この表紙の。(^_^;)

やはり下町の方が密度が濃いけれど、新宿にぽつんと残されている銭湯もなかなかよかったなぁ。


>銭湯の壁絵にすりかえてしまいましたね

酢カレーに比べれば…(←まだ引きずってるヒト)

投稿: ジロー | 2007年10月29日 (月) 12時26分

>ジローさん
やはりあなたも持ってたのね、これ。。。
僕の部屋に来てゴーヤーチャンプルー作って
一緒に食ったことあったような。その時一緒に風呂行ったっけ?

その新宿の銭湯、まだ残っているのかな。
それともなくなってしまったのか。。

>酢カレー
是非早々におためし下さい(笑)

投稿: さかた | 2007年10月30日 (火) 06時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銭湯マップ:

« Layover、その後 | トップページ | 次男、今日で3歳 »