« 長男の作った餃子! | トップページ | Layover »

2007年10月13日 (土)

無意識過剰(2)

僕のカミさんは、人にオモチャにされやすい人間である。
天然ボケで打たれ強いし、明るいし。

カミさんは結婚当初、生命保険の営業をしていた(似合わねぇ!)。新宿駅南口にでっかいビルの建つ、元国営某鉄道会社への営業がカミさんの主たる仕事。そこの守衛さんにも楽しくおちょくられまくったそうだ。

結婚してすぐの頃のこと…

守衛さん「やぁ、○○さん(カミさんの旧姓)。結婚したんだってね。オメデトウ! なんて名字になったの?」
Ton's女房「(明るく)はい、サカタです!」
守衛さん「そぉかぁ、坂田といえば坂田三吉、うーん"アホの坂田"ってのもいるなぁ。わははぁ(笑)」


このやりとりにノッたカミさん、こうのたまってしまった。

Ton's女房「"サカタのタネ"ってのもありますよぉ!」

次の瞬間、話をしていた守衛さんだけでなく他数人も含めて一瞬絶句した後、大爆笑。カミさん、キョトン?? 目の前にいる新サカタさんは新婚だ。守衛さん達がナニ想像したかは、ごソウゾウにおまかせします。

こいつ、一緒にいてホントに飽きません(^^)。

|

« 長男の作った餃子! | トップページ | Layover »

コメント

私が今の実家のある市に引っ越してきた直後、新居の新築祝いでよ○ちゃんほか、叔父さん一家がうちに来たときのことを思い出してしまいました。その当時、家の周囲には埋立地の未造成の場所にいつの間にかできた湿地と葦原が広がっており、ギンヤンマが飛び交っていたんですが、そこに私(13歳)、妹(9歳)、よ○ちゃん(11歳)の3人で遊びに行ったんですね。

妹     「あっ、ギンヤンマが交●してる!」
よ○ちゃん「交●ってなに?」
私     「・・・・・・・・・・」

当時は、小学生なんて無邪気なもんだなぁって思ってましたが、それだけじゃなかったか・・・

投稿: ウミユスリカ | 2007年10月17日 (水) 00時06分

>ウミユスリカさん
>新居の新築祝いでよ○ちゃんほか、
>叔父さん一家がうちに来たときのこと

よ○ちゃんから一言。
「この時に食べた、おばさん(ウミユスリカさんのお母さんね)の押し寿司が忘れられない」そうです。やっぱりTon's女房の記憶の引き出しは、食い物で分類されています。これも変わらないんじゃない?(笑) あいつ、高校時代にはじめて海老名時代のウチに来た時に、僕の母が出した食べ物も覚えてるしね。カルピスとおせんべいだって。

>妹「あっ、ギンヤンマが交●してる!」

うーーん、早熟だ。ウチのカミさんとは違うな(笑)。

投稿: さかた | 2007年10月18日 (木) 00時02分

押し寿司、焼いた塩鮭をほぐして入れたやつですね。食い物で記憶するというのは、私も実は近いかもしれない。基本的に視覚を味覚や嗅覚とリンクさせて記憶を確定するタイプですから。だから、ほら、すぐに「道草を食う」でしょ(笑)。その代わり、

ちなみにね、私は中学の一年の時にたまたまシカが交尾することを百科事典を読んでいて知るまで、哺乳類の交尾を知らなかったわけですよ。だって、脊椎動物の受精といえば、サケの産卵シーンでしょ、最初に脳に刷り込まれるのは。交尾といえば、やっぱり昆虫の生殖方法だったんですよね、当時の私にとっては。で、人間の皮膚のしわは、精子が移動する通路で、大人になって夫婦が親しく肌を触れ合っていれば、それを通じて精子が移動するとばかり思っていたんですよね。

投稿: ウミユスリカ | 2007年10月18日 (木) 00時28分

上記の「その代わり、」の部分の続きを書き忘れた。

その代わり、どうも耳から入ってくる部分の記憶が弱いですね。耳から入ると同時に自分の発語、発声で自分の身体感覚に変換してしまうと大丈夫なんだけど。たとえば、初めて聴く歌を、同時にあわせて歌ってしまうとすぐに覚えるけど、耳から聞いただけだとなかなかうまく覚えられない。どうも、シークエンシャルなデータ列がうまく記憶できないみたいなんだよね。

投稿: ウミユスリカ | 2007年10月18日 (木) 00時42分

>ウミユスリカさん
>押し寿司、焼いた塩鮭をほぐして入れたやつですね。

そうだって。「何かピンク色のがのっかってた」って、ちゃんと覚えてる。

>耳から入ると同時に自分の発語、発声で自分の身体感覚に
>変換してしまうと大丈夫なんだけど。

自己の体験化しないと僕も確定出来ないね。だから「歩く・見る・聞く・調べる・書く」は欠かせません。音楽もそうだね。まずプレイしてみないことにはわからん。

>交尾といえば、やっぱり昆虫の生殖方法だったんですよね、

やっぱウミユスリカさん、ふつーじゃないわ(笑)。
「精子と卵子の出会い」は本で知ったけど、出会い方まで考えたことなかったよ。でもある日突然、自分の固く屹立変形するチ○チ○の意味を天啓によって知った(笑)。
「ひょっとしてコレは、アノ部分に入るのではないかいな」(爆)と
やはり動物として刷り込まれているのだろうか???

小学生時代にウチに学研の図鑑「人体」はあったけど、「挿入中のソレ」の絵まではさすがにないもんね。いまウチにある学研の図鑑見てもやっぱりない。だから子どもが触れられる書籍からは「そうやって使うもの」だってのも、わかんないんだよね。
でもナゼカ身体が気付くんだよな、やっぱ動物だね(笑)。

投稿: さかた | 2007年10月18日 (木) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無意識過剰(2):

« 長男の作った餃子! | トップページ | Layover »