« 鉄塔に月 | トップページ | 茹蛸化風景(笑) »

2007年11月24日 (土)

月探査機「かぐや」とApollo12

先日11月14日にNHK総合で「かぐや 月の謎に迫る」という番組が放映された。「かぐや」は日本がHⅡ-Aで打ち上げた月探査衛星。現在月の両極を周回する円軌道上におり、これから1年間様々な月の観測を行う。この番組はそれに搭載されたNHKが開発したハイビジョンカメラでの月面の映像が見られる番組。なんとこれに僕の大好きなアポロ12号の月着陸船パイロット、アラン・ビーンが出演したのだ。実は見損ねたのだが、友人が仕事柄録画していたものを見せていただいた。

月面、月面から登る青い青い地球、ウチのテレビがハイビジョンならどれほど良かったろう。それでも鮮明な映像だった。『FULL MOON』という、アポロ計画においてハッセルブラッドカメラで撮影されたスチル写真の写真集はさすがに鮮明だったが、それに負けない映像だった。「カメラが捉えた初めての、月面での地球の出の映像です」って言葉がたまにあったけど、これは言葉が足りない。スチル写真でなら初めて捉えたのはアポロ8号だ。「ハイビジョンカメラで初」だ。

アラン・ビーンが出演した理由。この放送の日・11月14日はアポロ12号の打ち上げの日。しかも彼らの着陸した月面「嵐の大洋」上のかぐやからの映像が映るのだ。だからなんだろう。番組のそこかしこでアラン・ビーンがコメントする。もういいおじいちゃん(^^)。最初のコメントで「コンラッド、ゴードン、私の三人が(月軌道上で)初めて月面を見た時…」と言った時、なぜだかわからないけどウルッと来てしまった。コンラッド(Charles "Pete" Conrad)はもういない。1999年にバイクの転倒事故で亡くなってしまった。この12号のクルー同士は、厳しいプロ同士でありながら乗組員3人とも海軍出身で、とてもお互いの仲が良かったのだ(アンドリュー・チェイキン『人類、月に立つ』より)。この番組のコメントでも「私が見た」という言い方をアラン・ビーンはせず、「コンラッド、ゴードン、私の三人が」と言った。だからこそそう感じたのかもしれない。

完璧にオタクの意見だが、もっと現地で見てきた人間(アラン・ビーン)にしかわからない生の言葉をたくさん織り交ぜて欲しかったなぁ。アランのコメントを遮るぐらいなら、月をおとぎ話でしか知らないような脚本家やタレントが、感覚だけで語るようなくだらないコメントを切りなさいって。これジャマにしか感じなかった。月面の映像とそれに関する科学的な説明は大変面白かったけど。でも僕の好む感じに番組作ったら、誰も見ねぇか。

長男も食い入るように見てた。いい番組だった。

|

« 鉄塔に月 | トップページ | 茹蛸化風景(笑) »

コメント

どうも毎度です!

英検の2次合否発表が川崎出張の日とバッティング。となると、出張から帰ってきて、会社のPCで見るということになりそう。11/27(火)だそうです。受かってたら自慢してるんだろうな、多分。

さて本題。オレも見たかったな、その番組。実に残念。NHKには骨太の番組製作を続けて欲しいですね。だからこそ喜んで受信料払う。(笑)

> 月をおとぎ話でしか知らないような脚本家やタレントが、感覚
> だけで語るようなくだらないコメントを切りなさい

そうそう、そうなんです!おっしゃる通りで、タレント風情が吐く軽い言葉なんぞ聞きたいとは思いません。ドキュメンタリーが好きだという理由は、主観が最小限に、しかも必要なものに限られるという緊張感がたまらないからです。少なくとも私にとっては。

さて、最近体調が崩れ気味。気をつけないと。インフルエンザの予防接種受けておいた方がいいかな????

投稿: をーつき | 2007年11月24日 (土) 15時11分

>をーつきさん
>受かってたら自慢してるんだろうな、多分。

ブログチェックしてるよ(^^)。こんどは一級だよね。どんどん自慢して!(^^) TOEFLとかTOEICとかは受けないの? そもそも英検とTOEFLとかTOEICの位置づけも詳しくわかってないや。

>NHKには骨太の番組製作を続けて欲しいですね。

たまに「やらせ」やるけど、基本的に骨太だよね。調査もしっかりしてるし。NHKアーカイブはほんと貴重な映像資料だと思います。「新日本紀行」はまたみたいや。あのテーマ曲(作曲:富田勲)は名曲です。

>タレント風情が吐く軽い言葉なんぞ聞きたいとは思いません。

マッドサイエンティストは確かにいるけど、優れた科学者は大体の宗教家よりよっぽど崇高な宗教家だと、僕は思ってる。物体や物質の運動なりをありのままに受け入れてその通りに法則を見つけていかないことには、なりたたないからね。宗教家が祈ったってアポロは月には到達しないもん。具体的な積み重ね以外ありません。

聞く人の恐怖や罪悪感、不幸感をあおって、そこへ言葉巧みに回答に似た嘘や救いをちらつかせ、金をむしり取っていく宗教屋が多い昨今、出来る限り物事を科学的に、また様々な側面から実証的に虚心坦懐に見つめてゆく姿勢って、大切にしたいね。

>さて、最近体調が崩れ気味。気をつけないと。

ほんと規則正しい生活って大切なんだよね。
僕も出来てないんだけど(^_^;;;;)

投稿: さかた | 2007年11月24日 (土) 17時15分

みませんでした。でも、そのうちネットで見られるようになりそうですね。


「感覚 だけで語るような~」、のくだり、同意です。
もっと本題の時間を増やしてほしいと思うこと、多々あります。
なんだか安っぽくされてしまう気がすることもあるのです。

科学、自然は容赦ないですから、それにそって生きている科学者は、諦めにも似た建設的な心がないと勤まらないと思います。

投稿: IE(Treble) | 2007年11月24日 (土) 17時35分

横やりレスです。

とりあえずTOEICとかTOEFLは資格試験とは違ったものですね。現時点でどれだけの英語力があるか、を表す指標みたいなものなので、有効期限があります。それに対して、英検は資格試験ですから、受かってしまえばどんなに英語が出来なくなっても資格として死ぬまで有効。このあたりが資格にこだわる私にとっては受験する理由となるわけ。別に取ったところであまり意味はないと思ってます。よっぽど通関士やら貿易実務検定の方がまだマシだと思ってます。

駄文失礼しました。

投稿: をーつき | 2007年11月24日 (土) 17時59分

このDVD、見たいなぁ♡
そのうちよろしく~(^^)/~~~

投稿: ジロー | 2007年11月25日 (日) 23時01分

"かぐや"って実は相当スゴイことだと思うのだけど、マスコミの扱いが地味ですよね~

ワタシが子供のころならお祭り騒ぎで取り上げていたろうに....

失敗したら大騒ぎするかな???

投稿: とり | 2007年11月26日 (月) 01時25分

>IEさん
>でも、そのうちネットで見られるように
ほんとyoutubeとか、何でも見られちゃうものね。著作権とかある意味崩壊してる仮想空間です。正直、音楽なんかではかなり楽しんでますよ。

>諦めにも似た建設的な心
これこそ「敬虔」という言葉がぴったり合いますね。この「諦め」はある意味、宇宙と自分の大きさの違いを、ちゃんと認識しているということですもん。「投げ出す」とは決して違う。わかった上で対峙する。僕も出来る限りこういう気持ちで、唯物的に関係性をつかむよう、「景観」と対峙していきたいです。

>をーつきさん
ご教示ありがとうございます(^^)。

>TOEICとかTOEFL
>現時点でどれだけの英語力があるか
>有効期限があります。

この有効期限こそがミソだね。ほんとに今、こいつ使えるの?って。

>別に取ったところであまり意味はない

ほんと資格って全て「とりあえず最低の知識は、受かった段階であります」って意味しかないものだよね。具体的に現場で生かせるよう知恵使った経験、そこで得た生きた知恵がないと意味ない。でもそれをとるための勉強って体系だってるから、自分の脳の仲を整理する縁にはなりますね。僕が取るとしたら、何かなぁ。。。

>ジローさん
>このDVD、見たいなぁ♡
>そのうちよろしく~(^^)/~~~

了解! 先約ありです~(^^)。少々お待ちを~(^^)

>とりさん
おひさしぶりです(^^)。ブログは読んでますよ。
ブラジル系の音楽にアッチこっち行かれてますね(^^)

>"かぐや"って実は相当スゴイことだと思うのだけど、
>マスコミの扱いが地味ですよね~

有人飛行じゃないのもあるのかなぁ。

でも3tもある衛星を月軌道に乗せたってのもすごいことだと思う。地球軌道ならば秒速8㎞で乗れるけど(それもすごい!)、地球軌道を突破するためには秒速11㎞必要だしね。しかも有人飛行と違って途中で自分で気付いて軌道修正をかけられる訳じゃない。観測の中で秒速9㎞ぐらいで飛んでる飛行物体の位置を3次元で正確に把握して正確な軌道に乗せなきゃいけない。バネの力で飛ばした2つの子衛星(おきな・おうな)もちゃんと軌道に乗って、データ通信の中継をしっかりやっている。かぐや自体の軌道のゆがみを観測して、それを月地殻のジオイド変化の軌跡と捉え、そこから月地殻内の質量の大きい物質の偏位を見るなんてアイデアも面白い(^^)。僕のわからない観測方法もたくさんあるんでしょうね。観測仮説もアポロの成果と決して切れてはいないし。あれは工夫と知恵のカタマリです(^^)。ほんとツマラナイ感性だけで捉えたら、科学者に対して失礼っすよ(^^)。

投稿: さかた | 2007年11月26日 (月) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月探査機「かぐや」とApollo12:

» 月探査衛星「かぐや」の映像 [  時間の外 ]
以前NHKで放送されたらしい番組が収録されたDVDを、先日見た。 日本が打ち上げた、月探査衛星「かぐや」から送られてきた、月面の映像だ。 [続きを読む]

受信: 2009年2月 6日 (金) 12時43分

« 鉄塔に月 | トップページ | 茹蛸化風景(笑) »