« 凡人として、僕がやること | トップページ | ブルックナーの交響曲4番 »

2008年1月 6日 (日)

Desperado

耳コピ&採譜、「夢の中でも」の次は、ももさんのファーストアルバム「誰想彼」の1曲目「夢を見た朝」をやった。難しいスケールを使わず、やさしくギターで歌い上げるももさんを味わわせてもらった。

さて次の耳コピー&採譜曲だけど、またももさん(^^)。「Desperado」に決めた。原曲はEagles(作曲:Don Henley)。ももさんの最新アルバム「夢の中でも」にソロギターバージョンが入ってる。同じアルバムの中でDADGADチューンの、「葉瑠と瑚子」や「ホンマやで」にしようかとも思ったけど、アルバムを何度も聴いてるうちに、これが自然に耳の奥に響くようになってしまった。だからこれにする。

さて、今朝の朝練で、主旋律だけをポロポロ弾いてみたらAメジャースケールになるから、KeyはAとわかった。
問題は「カポ2でGなのか、カポ無しでAなのか?」
ベース音だけ1曲通して追いかけてみたら、最低音がレギュラーチューン6弦開放のE音、ばっちりレギュラーのままならカポなしだ。ところが6弦を1音dropする(下げる)だけで、2カポでもこの音は出る。
迷うところだが、プレイの雰囲気聴いてて、ももさんはなんとなく「カポ無し」で弾いてる感じがする(いいかげんな人間だ、俺は・笑)。まずこっちでやってみて、あまりに弾きにくかったときに「カポ2でG」を試そうと思う。

ところでEaglesはしっかりと聴いたことはない。アンプラグドバージョンの「Hell freezes over」はさっと聞いてはいるが(たしかにこのアルバムでのHotel Cariforniaはすごい)、この曲の印象はそんなにのこってなかったりする。これきっかけになにか借りてきて原曲も聴いてみたい。

|

« 凡人として、僕がやること | トップページ | ブルックナーの交響曲4番 »

コメント

蛇足レスです。

多分ドロップDの2カポでしょう。勇み足で「スタンダードですね」とももさんの掲示板に書いて、ご本人からもそうだという答えをもらいましたが、どう考えてもドロップDですね。最低音がそうですから。

今日、勢いに任せてももさんのファーストアルバム「誰想彼(たそがれ)」の3曲目「北風」をタブ譜に起こしました。あとでメールで送りますね。「山の向こうに」に加えて、私の大好きな1曲です。

投稿: をーつき | 2008年1月 6日 (日) 18時14分

丸山ももたろうゼミナール、ゼミ員のさかたです(^^)

>をーつきさん
>多分ドロップDの2カポでしょう。

それも自分で弾いて確かめてみるよ。
弾かなきゃわからん、耳の弱い僕(笑)。
出来たらまた送るね。
最近二人で"ももさんゼミ"になってるね(^^)。
でもこれ、すげー楽しいな(^^)。

>勇み足で「スタンダードですね」とももさんの掲示板に書いて、
>ご本人からもそうだという答えをもらいましたが、

うん、これ読んでた(笑)。
確かにDrop Dだとレギュラーチューンの仲間だもんな。
僕も自己アレンジ曲でよく使うよ。

>どう考えてもドロップDですね。最低音がそうですから。

でも、最低音だけだったら、ノーカポAの可能性もあるよね。
やってみて演奏性の高さからどっちかの答えは出そうだな。

>「北風」をタブ譜
これ、すごく嬉しい。僕も好きな曲なんだ。
早速音を出してみたけど、いいね。
僕よりPower TABの使い方の芸が細かい。
ritって詳細設定って出来るんだっけ?

メールの返事にも、今は僕自身が「音そのものに向かい合う」と決めてるから、いつじっくり取り組むかわからないけど、すごい嬉しいです。

ところで、ももかんのアルバムは聴いてる?
まだ聴いてはいないんだけど、ライブには僕、何度も行っててね。
石井完治さんのプレイはとてもエッチで、これも大好きなんです。
採譜してるうちに、そろそろももかんにも取りかかろうかと思ってます。

投稿: さかた | 2008年1月 6日 (日) 20時39分

イーグルス、ライブ盤は、よく聴きました!
なんだかんだでスゲー好きかも(^-^)
そして“ならず者”。
だんぞうさんのサイトの情報によると、
収録アルバムがコンセプトアルバムになっていて、
一編の映画のようなつくり、とのこと~聴きたい!
と、思うものの、(ウチの近くの)図書館にはなく、レンタルも置いてないみたい。
・・・ともあれ、未聴だった“ヘル~”図書館で予約しちゃいましたのよ。

投稿: 岩橋 信之 | 2008年1月 7日 (月) 02時20分

>岩橋さん
イーグルスのアルバム「DESPERADO」、ウチの近くのレンタル屋にはあった(^^)。早速借りてきて聞いてるよ。これマジ好きだよ、僕。アコギ小僧の僕にはタマリマセンわ(^^)。
聴いてさらに聞きたくなったのはCSN&Y。乱暴な感想言えば、CSN&Yがやった音楽的実験が、ここでポップに聞きやすくなってる感じがする。最近僕がハマってるカントリーの要素もあるし、ブルーグラスも入ってる。アコースティックで、すごく好きになった。そしてこのコーラスサウンドってさらにジャーニーとかにも繋がっていくんだなぁ、とかも感じた。

>一編の映画のようなつくり、とのこと~聴きたい!

うん。これもわかる。ドゥーリン・ドルトンのプロローグで始まって、最後のスタッフロールでまたドゥーリン・ドルトン&デスペラードで締める感じ。
映像性って、ブルックナーの4番にも昨日はすごく感じた。音楽は「読みとろう」としちゃあかんなぁ。仕事しながら聞いてると音楽に向けては耳が素だから、いいかもしれん。

投稿: さかた(Ton) | 2008年1月 7日 (月) 12時21分

今年もよろしくお願いします~
割り込みスミマセン。

私もイーグルス、CSN&Y、大好きです。
ギターも勿論言うに及ばずですが、惹かれるのはコーラスワーク。ハモリ大好き人間ですので。

「DESPERADO」はアコギ弾きのココロをくすぐる何かがある、みたいですね。これをソロギターで弾きました、というのをかなり多く目にするような気がしますし。
南澤さんの「ソロギターのしらべ」のどこかでもあったし、押尾コータローさんのFMラジオでも取り上げられたことがあったし、他にも誰かがこれ弾いてるのを聞いた事があります。

余談ですが、「G線上のアリア」もそういう意味で同様かな、って思います。いろんなアコギの人がこれをアレンジして弾いてますよね。
岩橋さんもそのうちの一人です。(^^) 鷺沼(でしたっけ?)で聞けたような記憶があります。

投稿: 一太郎 | 2008年1月 7日 (月) 23時34分

度々どうもです~

Tonさま

>映像性

うう~ますます聴きたくなりましたわ~“Desperado”!
また、ブルックナーは、凝ってた時期にそこそこ聴きましたが、
交響曲の4番は、3~6番の中では一番聴きやすい、
という印象が残っている程度でして(:-:)また聴いてみます。
・・・これは、岩橋の狭い了見での感想ですが、
ブルックナーは交響曲の作りが、
行き過ぎた純粋主義とドタバタ劇の繰り返し、
にも聴こえなくない(何て偉そうに!)のですが、
9番においては、そのドタバタ劇が天使の唱に変わる、
と思っとります~生オケも聴きに行きました!
(7番二楽章も好きどす)

一太郎さん

>アレンジ

って、ホントにセンスが問われるなぁ~と思う日々です。
ギターでなくて申し訳ないのですが、
ミュージシャンからは馬鹿にされやすい、G.ウィンストン、
“Summer”収録の、R.ニューマン“Living without you”カバー、
原曲と聴き比べた時、ウィンストンの「美しさを抽出する眼」に
いたく感動したのを覚えてます。
近作では“Montana”収録の“上を向いて~”も好アレンジかと。
有名曲であるが故にこびり付いてしまったススを取り払って
また違う場所へと運ぶアレンジがステキでした。

長々と駄文を失礼しました。今年もよろしくお願い致します。

投稿: 岩橋 信之 | 2008年1月 8日 (火) 03時02分

>一太郎さん
今年もよろしくお願いいたします!

>惹かれるのはコーラスワーク。

うん。確かに、三部以上の豊かなコーラス、いいよね。
これだけでも印象的なところを採譜しようかと思うね。
別に僕、採譜はギターだけにこだわるつもり、ない(^^)。

>「DESPERADO」はアコギ弾きのココロをくすぐる何かがある、

ありますね。知らない間に口ずさんでたもの。
このアルバム自体、アコギ好きにはほんとコタエられないっす。
Billy JoelのHonestyじゃないけど、なんか僕ら世代の日本人の心の琴線、触れちゃいそう。カミさんも一聴して開口一番そう言ったよ。アコギでしっとりと歌うのにいいんだよね。

>「G線上のアリア」もそういう意味で同様かな、って思います。

僕はこれ、愛しすぎててかえってアレンジするのはダメだった。あの主旋律と対位旋律、低音部の流れが染みついちゃってるうえに、それをセットで愛してるから、挑戦できなかった。カミさんに主旋律歌ってもらって、バックを弾くってのは家でよくやったけどね。これはすっっっっっごく気持ちいいです。

>岩橋さんもそのうちの一人です。

音源が岩橋さんのHPにアップされてるけど、
何故か聞けないんだよな~。(T_T)

僕も昨晩、これ読んで「やってみようか」って気になって、遊びでちょろっとジャズ的なリハーモナイズして弾いてみた。「面白そう」ってはじめて思った。
僕も挑戦してみようかな。そういえば岩橋さんのサティの料理の仕方も、クラスタで聴いてすごく面白いなと思った。

岩橋さんの聴くのは、やってみたあとでいいや(^^)。

投稿: さかた(Ton) | 2008年1月 8日 (火) 13時24分

>岩橋さんへ
>>映像性
>“Desperado”!
アルバム全体での景色の流れをすごく意識してる気がするよ。
映像的ストーリー性って意味で、僕にはどうしてもランダムプレイで聞けないアルバムが一枚あってね。それは「Pat Metheny/Secret Story」。これはほんとに映画。一曲を抽出して聴くことはあっても、ランダムプレイでバラバラにしたら、きわめて座りを悪く感じてダメ。

>交響曲の4番は、3~6番の中では一番聴きやすい、
>という印象が残っている程度でして(:-:)

うん。今になってみれば、わかりやすいと思う。とはいえこれで??ってなってたから、ほかをまだ聴いてないんだ。でもこれで扉が開いた。図書館でブルックナー、借りまくってみようと思う。

>・・・これは、岩橋の狭い了見での感想ですが、

いんや。評論家のマスターベーションな解説は僕大嫌いだけど、アーティストが自分の制作の立場から斬ってくる言葉・感想って、僕大好きなんだ。大歓迎だよ。

>ブルックナーは交響曲の作りが、
>行き過ぎた純粋主義とドタバタ劇の繰り返し、
>にも聴こえなくない(何て偉そうに!)のですが、

同じ曲のスコアにも書き直しの異本(…年版、…年版)が多いんだよね。その「繰り返し」に、自信の振り子の振幅の大きさといった人間くささを感じちゃうな。僕も今、二年前に作った曲、書き直してますから(笑)。導入部はいいんだけど、あとの展開に納得がいかなくなっちゃった。

>9番においては、そのドタバタ劇が天使の唱に変わる、
>~生オケも聴きに行きました!
>(7番二楽章も好きどす)

これから聴いていくのを楽しみにしてるよ(^^)。


>>アレンジ
>って、ホントにセンスが問われるなぁ~と思う日々です。

横レスだけど(笑)、ほんと、同感!!
まさに茹蛸でやってて大痛感しまくったことだもの。
誰しも自分で自分のことは???だろうし、身内の褒めちぎりととられたくはないんだけど、ほんとシンドウさん・岩橋さんの作曲アレンジセンスには、惚れ惚れしてる。また音楽に敬虔にしっかり重心かけて取り組んでいるしね。伝えたいという意志かもはっきりしている。自分も頑張って(これやっちゃダメなのよ・笑)創作することを意識していたから、越えられない何かを感じて(ある意味それがセンス)、サリエリな劣等感(^^)にも苛まれたよ。これ嘘つくのはヤダから、ちゃんと書く(笑)。

でも今、無理して作ろうとせず、言語からの情報ではなくしっかり音そのものに向かい合うこと(耳コピ&採譜)、日々を一生懸命生きること、自らの力で歩き五感で世界のありのままを感じることに立ち返って、まずは一歩一歩歩いてゆける。そんなやりかたを見つけさせてもらいました。ほんと茹蛸の活動には感謝してます。

>有名曲であるが故にこびり付いてしまったススを取り払って
>また違う場所へと運ぶアレンジがステキでした。

「蘇州夜曲」でも、たまにそういうのに出会うね。
あれも名曲だなぁ。

>長々と駄文を失礼しました。
どんどんやって!! 僕の本文は起爆剤でしかありません。コメントまで含めて記事のバラエティになります。岩橋さんには随分前にウチのスレッドが長いことを指摘されたけど、それでいいとおもってる。これからもよろしく!!
13日、充実したスタジオワーク、お祈りします!

投稿: さかた(Ton) | 2008年1月 8日 (火) 13時25分

最近バタバタしてて少し目を離してるすきに、なんと!イーグルスの話題!
イーグルスの話題とあっちゃ、黙ってられません(笑)。

「デスペラード」のアルバムは最高ですよね。
本来イーグルスはカントリーロックバンドとしてスタートしたので、「デスペラード」というアルバムこそ最高傑作!と言いきるファンは、案外多いのです。

レコードではB面に入っていた「サタデーサイト(ベイシティローラーズではない)」なんかも好きです。
マンドリンがいいんですよね〜。

ここあたりのイーグルスのサウンドは、まだけっこう荒削り。
でも、荒削りってことは、将来性&可能性もあるわけで。
実際、彼らはとんでもないスゴイ将来をむかえましたよね。

「デスペラード」のアルバムのようなコンセプトで、ライブなどできたら最高だろうな・・などと妄想をもったこともあります。
ステージの後ろにスクリーンなんかも用意し、メンバーは統一性のある格好をして、アコースティック楽器を何本も用意し。


なんか「デスペラード」というアルバムを褒めてもらって、自分のことのように嬉しいです。

投稿: 時代屋だんぞう | 2008年1月10日 (木) 14時22分

>だんぞうさん
待ってました(^^)。ありがとうございます。

>「デスペラード」のアルバムは最高ですよね。

はい。聴いてよかったです。ほんとイキイキしてます。

>本来イーグルスはカントリーロックバンドとしてスタート

あ、やっぱりそうなんですか。でもロックorポップって手法は面白いっすね。ハワイアンなんかもそれですごく聞きやすくなったりする。今流れてるカントリーにも、ハワイアンにも、ポップの手法ってすごく入ってますね。その上あのあたりの人たち歌唱がしっかりしてるからすごく聞きやすい。ゴリゴリのエスニックな雰囲気がいいって人には、ふざけんな、って方向なのかもしれませんが、それも一つですよね。

>「デスペラード」というアルバムこそ最高傑作!

僕的にはHell freezes…より、好きです。
ドゥーリン・ドルトンのインストバージョンはギターの方、採譜したくなってますよ。ブルーグラス的にカッコイイです。

>ここあたりのイーグルスのサウンドは、まだけっこう荒削り。

それがイキイキしたライブ感に繋がってるのかもしれませんね。クリックの檻にはめた感じがしませんもん。クリックに対して完璧にシモベになって、正確にノリ出すのもまた一興なんですけどね。

>「デスペラード」のアルバムのようなコンセプトで、

これやるにはそうとう緻密な仕込みが必要な気がしますね。パット・メセニーのライブなんかもそういう一連の映画的な流れ、感じたりしますね。そういえばパットもカントリーの影響すごく強いんだよな。

投稿: さかた | 2008年1月10日 (木) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Desperado:

« 凡人として、僕がやること | トップページ | ブルックナーの交響曲4番 »