« このBLOGについてる広告から | トップページ | リバイバル »

2008年1月14日 (月)

子どもは怖い

ウチの息子ら、僕に「うた歌って」とはぜぇったい言わない(笑)。その場合は、必ずカミさんに行く。カミさん、何度も何度も歌わされ、たまにヘトヘトになってる。でもさっき、僕がオモチャのピアノで「キラキラ星」とか即座にメロディ弾いてやったら、「これやって(弾いて)、あれやって」になった。

大人だと、どんな下手くそな演奏でも「いいところ」や「伝えたいこと」を読みとろうとして聞こうとするが、子どもは怖い。「いい」か「ダメ」しかない。それが往々にして正しい。
僕の演奏で「こりゃちょっとマズいな」っての音出して聞いてたら、長男に即座に「ダメ!!」を出され、消された(笑)。だが、OTODAで聞いたシンドウさん、ラジオで掛かるバッハのいい演奏、いっしょに聞きに行った新日フィルの「新世界」とかは、しっかり聞く。「G線上のアリア」も好きだし。

いい音楽に子供用・大人用って、ない。

|

« このBLOGについてる広告から | トップページ | リバイバル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どもは怖い:

« このBLOGについてる広告から | トップページ | リバイバル »