« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月24日 (日)

和音は採りづらい

作曲やアレンジは、心落ち着けて曲世界に集中していく時間がないと満足に出来ないが、耳コピ&採譜は「既にある音をただ聞き取って譜面の上に形にする」だけのハナシ。創作よりは心が集中状態にはいるまでのインターバルが少なくてすむ。だから忙しいさなかでも、数拍・数小節ずつでも前に進める。

それにしても、和音を採るのは難しい。ありがたいことに聞こえてはいるが、ほんとに「聞き分け能力の低い」耳だ。ひきつづき岩橋さんの「ツバメ」を淡々と採譜しているが、ところどころp・i・m・a(親指→人差し→中→薬)の順にポロロンと和音を弾き下ろしてる部分がある。こういう和音がなかなか採りにくい。ミュージックアナライザーで"超遅く"して分解できないかとも思ってやってみたが、そこまで遅くするとまともな音にならないのでアウト。その和音の最低音と最高音は何とかわかるので、その間の音は、動画でどの辺押さえてるかを見ながら(指一本一本が見えるほど解像度は高くない)、手当たり次第押さえてみてサウンド感から探してる。「これかな」と思って鳴らしてみる。何かニュアンスが違う。そういう場合は明らかに違う。単なるメジャーやマイナーのトライアドとはチト違いそうな感じもするし。まだ、このチューニングのからくりは気づいていない。

詰めるだけ詰めても??のままなら、敢えて前に進もうと思う。でもってひととおり出来上がったときに、岩橋さんにお願いして、目の前で弾いてもらえる機会を作ってもらえたらと思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

「ツバメ」、手強い

岩橋信之「ツバメ」の耳コピ&採譜、取りかかってみた。
手強い。チューニングが変わると、一切指の動きのカンが働かない。
まるで別の言語を学んでいるような感じ。ギターの指板上の動きでなく「音そのものの動き」に還元し、一から指板上の音を探す。こういう場合映像はなければそれでなんとかするしかないが、あるなら絶対必要だ。最初「これかな?」って思った運指で動画を見たら、全く違うところで岩橋さんは同じフレーズを弾いている。だがそれは次のフレーズを弾く上で必要なポジション。こいつぁ長丁場かも(^^;;;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

次男、経過良好

今日、ウチの次男の手術後2年の検診に世田谷にある国立成育医療センターまでいってきた。次男は1才になったばかり、2年ちょっと前の11月に手術を受けた。腎盂部尿管の狭窄により左腎が膨らんでしまう水腎症。左腎-膀胱間の尿管の狭窄している部分を切除して再吻合する手術だった。その時の入院の模様はTonの日々雑感バックナンバーの2005年11月あたりに書いている。

おかげさまで肝心の経過は良好。膨らんでしまった左腎も順調に正しい大きさになってきている。ありがたいことだと思う。

僕は、煩悩具足の小人、家族や仕事で大変だなと思うとすぐ態度に出る。「家族をジャマに思う時もある」とまで書いたことある。最低だ。
でも、この成育医療センターに行くと、そういう甘っちょろい自分に水ぶっかけられる。東日本の重い病気の子たちが集まるこの病院。病室にはシャレにならない命の闘いがある。車いすやストレッチャーに乗って院内を散歩している子たちにも、重い病気の子が多い。でもそういう子の親御さんほど、明るくポジティブ。こちらの甘ったれた心が恥ずかしくなる。

2番目の子が流産してしまった時も思った。
ほんとうに生まれてくるだけ・生きているだけで奇跡。
人生、できるかぎり使い切らないともったいない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「目を閉じて」採譜完了、さて次は?

丸山ももたろう「目を閉じて」、採譜出来ました。
1ヶ月かからなかったなぁ。今回は早い(^^)。ただ正確さはどんなもんだか?(笑) DADGADチューンの常套句が身に付いてきたかな。DADGADは3弦開放Gの扱いに特徴があるように思う。
「目を閉じて」は同じようなフレーズも多い曲だが、ももさんはそんなフレーズでも、音楽の局面に合わせてちょっとずつ弾き方を変えている。耳コピ&採譜して細部をみるとそれがよくわかる。耳コピ&採譜って、画家のタマゴ達の模写にも近い作業なのかもなぁ。

さて次なる耳コピ&採譜は、岩橋信之「ツバメ」! 曲は、Live Studio 音蔵HPの「電脳音蔵」ページで2月いっぱい試聴出来ます。「耳の奥で鳴り続けている曲」、これがコピー曲を決める基準。いままさにそうなので。

岩橋さんはチューニングもユニーク。電脳音蔵の「ツバメ」演奏の動画を、作曲者岩橋さんと音蔵さんにお願いして入手。2分30秒過ぎのハーモニクスプレイ部分をつぶさに見てチューニングを割り出し、それから岩橋さんにご教示願った。ハナから尋ねたら曲に対する姿勢として誠意に欠けるし、面白くない(^^)。そしたら正解! 俄然やる気が出た(^^)。

さて、どれくらいかかるやら(^^)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

ジム・ホール

耳コピ&採譜を始めてから、音楽雑誌はほとんど買わなくなった。譜面が自分で作れちゃうから、いらないのね。興味深いインタビューでも立ち読みですんじゃう。大切なのはミュージシャンのあり方をどう自分に活かすか。だから、エッセンスだけあればいい。一度身体に通せば、あとは自分の生き方次第。記事までとっとく必要はない。

でも、今日、つい買ってしまった。『ギターマガジン』3月号。
B.B.キングより、ジム・ホールの方に惹かれて。。。

最初に買ったのがロン・カーターとのデュオ「Alone Together」。この中の「St.Thomas」とか好きなんです。それとかビル・エバンスとのピアノ&ギターデュオ、2枚持ってる。パット・メセニーとのデュオもあるし。この人のサウンド好きなのね。気付いたら4枚ぐらいになっちゃってた。いつかコピーしたいと思ってるので、その際の資料としてこのギタマガ、買ってしまった。僕、音感があまりよくないから密集したユニークなコードってなかなか採れないのね。だから譜面からジム・ホールの常套句を仕入れておけば、コピーする時によすがになるだろうし。

いつコピーしよっかなぁ(^^)。
「St.Thomas」も「Softly as in a morning sunrise」もええなぁ(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

テレマン

いま、テレマン(Georg Philipp TELEMANN 1681-1767)のリコーダーソナタ集(WPCS-6202)にハマっている。TWV40と41が入ってる。無伴奏作品が僕にはとくにいい。「採譜したいなぁ」って曲が何曲もある。採譜する曲は別にギターだけに限らない。「いいな」と思えばなんでもやる。
ちなみにこのアルバム、ミュージシャンはリコーダーがフランス・ブリュッヘン、チェロがアンナー・ビルスマ、チェンバロがグスタフ・レオンハルト。1969-71年の録音。素晴らしいアンサンブルなんだけど、聴いてて「これリコーダーでなく別の楽器に差し替えても面白いよな」とも思う。テレマン自体は作曲当時に、使用楽器の指定はしていたのかなぁ。

いま図書館で、クラシックばかり借りて聴きまくってます。
相模原市図書館の場合、1回で2枚まで借りられるんだけど、いま、そのうち1枚はこないだ心に響いたブルックナーを借りてる。交響曲の4番でハマッて以来、7番・3番・5番・1番と聴いてきた(ブルックナーには0番もある。なんじゃそりゃ(笑))。どれも第2楽章に惹かれる。とくに7番と3番の第2楽章はエガッたなぁ。2枚借りられる残る1枚はジャケット見て「これは!」ってものを借りてる。このリコーダーソナタもその一枚。こないだ借りたブラームスのチェロソナタもよかった。

アタリマエだけどバロックはJ.S.バッハだけじゃないなぁ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

僕の耳コピ&採譜法

丸山ももたろう「目を閉じて」、耳コピ&採譜を開始した。
ところで、僕の耳コピ&採譜の手順だけど、下記の通り。

(1)キー(調)を知る
(2)チューニングを探す
そして実際の曲に入っていく。曲に入ってからは、

(3)ベースラインを口ずさめるまで何度も聞き、まず採譜する。

(4)ベースラインの上に乗っている音の動きを、口ずさめるまで何度も何度も聞く。普通の速度で余りに速いフレーズは、ミュージックアナライザーをつかって聞こえる速度まで落とし、何度も何度も聞く。長いフレーズはコマギレにして聞きとる。

(5)口ずさめるようになったら、ベースラインと組み合わせながら、右手・左手がどんな運指か、なめらかに弾けるような運指を探す。

(6)見つかった「なめらかに弾ける運指」をPower TAB Editorで採譜。ここで(3)で採ったベースラインの指板上のフィンガリングが変わることがある(ギターは同じ高さの音が出るポイントが指板上にいくつもある)。


(1)の方法だが、レギュラーチューニングをちゃんと整えたギターで、まずいちばん目立つメロディだけを単音で弾いてみる。するとその音の指板上の動きから、メジャースケールのどれの指の動きの形かがわかる。そういうやり方で探してる。僕には絶対音感(perfect pitch)はない。だから目で形を知ることからやるしかない。

(2)の方法は、聞いたサウンド感、ハーモニックスの時の音(これは大概開放弦で鳴らすことが多いから)で探すことが多いかな。今回の「目を閉じて」の場合は、以前に耳コピした「遠い空」と同じフレーズがあったのも「チューニングはDADGADだ!」の確信に繋がった。同じアーティストを何曲も耳コピしてみる利点はこういうところにもある。
実際チューニングは探すのが難しい。マイケル・ヘッジスの革新的名曲「Aerial Boundaries」などは、遊びながらでチューニング(CCDGAD)を見つけるだけで3年掛かった(完コピはもちろんしてない・笑)。だからももさんの場合は直に尋ねてしまうこともある。「目を閉じて」は、をーつきさんがももさんHPのBBSでズバリ聞いてくださってて「DADGAD(D modal)」ってわかってたのが有り難かった。ところがこれ、レギュラーチューニングかと思いきや、6弦が1音下がった「Drop D」って場合がある(こないだの「Desperado」がそうだった)。これを探すにはまずベース音だけを一曲通して聞いてみて、最低音が何になっているかで、探す。カポ付けてレギュラーで弾けなければdropしていることがわかる。

(3)(4)(5)(6)でいちばん大切なことは「口ずさめるようになるまで何度も聞く」ってこと。口ずさめないのはちゃんと身体に入ってない証拠。口ずさめれば、それがリズム的に譜面にどう書くかも、すぐ考えられる。ここで再生スピードを落とすフリーソフト「ミュージックアナライザー」が大活躍している。ほんといい時代になったと思う。


こんなふうにやってると2小節採るので30分以上、もしくはもっとかかるときがある。朝練で2小節とか2拍分とかでで終わることもしばしば(笑)。でもフレーズの繰り返しになったところで採譜スピードは上がるから、2ヵ月ぐらいかければ、1曲丸ごと採れる。今はこれがいちばん楽しい。

いま、子育ても家事もある。仕事のほうの勉強にもなるし何より楽しいから、お日さまの出ているうちはできるだけ歩いて、地域をこの目で足で感じておきたい。本もたくさん読みたい。曲作りのみに専念したいとならないのが、この僕(^^;;;)。だったらこうして、本当に美しいと思う音楽を、一つ一つ音そのものに向き合って、体に通しておこうと思う。これなら細切れの時間を積み重ね、充実感を得ることができる。小さな充実感を積み重ねる工夫、サラリーマンが仕事の傍ら続ける趣味には、大切なことだと思う。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

Desperado、採譜出来た!

ももさんのソロギター曲、「Desperado/EAGLES」、採譜出来ましたぁ。ドン・ヘンリーってすごいねぇ。冒頭の「Desperado~♪」ってところからして、コード進行が変わってるのにシンプルかつ美しい。素晴らしいなぁ。ももさんの歌心も素敵だ(^^)。

1月の頭に取りかかってるから、1ヶ月弱か。仕事忙しいけどそればっかりしてたら、能率も下がる。朝、15分ずつでも「耳コピ&採譜」はそれだけに集中出来る時間。積み重ねれば形に出来るんだな。

自分の中味が足りないと思えば、美しいと思うものをたくさん入れてみればいい。とにかく今は音符からではなく「音そのもの」に向かい合って、美しいと感じる音楽をいっぽいっぽ歩くように記し、身体に通したい。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

楕円な湯呑み

Photo 大量生産品の骨董湯呑み
また買い足してきました。
よく見たらひしゃげております(笑)。
かる~く"楕円"です(^^)

生産品としては欠陥品(笑)。
そんなとこがなおのこと好きです(^^)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

相模原は雪です

080203_111001_edited このくらいは積もってます。
明日の路面が大変だ(^_^;;;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

"Positive Climb"な息子たち

30日の晩、僕が残業でちょっと遅く帰るなりカミさんが、

「いま○○が△△と一緒にお風呂入ってるの!」
(注:○○…長男の名前  △△…次男の名前)

ちょっと風邪ひきかけ気味のカミさん、この晩は用心して風呂はいるのやめた。そしたら「僕が△△をお風呂入れるよ」と二人して一緒に入ってくれたのだそう。果たして長男は、次男の身体を洗い、泣かすこともなく頭もしっかり洗って出てきた。エライ!! 泣かすだけじゃない!!
一人っ子同士の僕ら夫婦としては息子たちがウラヤマシイ。弟に対するお母さん盗られたジェラシー、兄の理不尽(大人から見たらにすぎないが)なイジメへの怒り、お互いへの人として当たり前のマイナスな感情もちゃんと味わいながら、思いやりの部分も成長させてゆく二人の息子たち。最近長男は"おにーちゃん度""成長度"が急上昇している。集中力もすごい。

だけど今日、親に対する態度としては余りにも生意気な態度をとり、お母さん(僕のカミさんね)に座ってるイスを蹴飛ばされて猛然と叱られた長男。いやはや感情の振り子は壊れそうなぐらい振り切ってますよ、我が家は(^^)。いままさにカミさんも僕も、学ばせてもらってます。有り難いです。

Positive Climb…飛行機が滑走路から離陸直後、エンジンもフルパワー正常でしっかり上昇態勢に入った際、パイロットがコールする言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »