« 『人生を肯定するもの、それが音楽』 | トップページ | クラシックを聴くきっかけ »

2008年3月 2日 (日)

今日で結婚11周年

僕ら夫婦はアホである。

カミさんが「とんこん」と僕を呼ぶもんだから、子ども達が真似をする。悪い言葉の蔓延は早い。シモネタの出ない日はない。11年も一緒にいてくれたなんて、たいしたアホだと思う。だからアホとシモネタがうつったんだな。申し訳ない。寂しがり屋の僕はカミさんがいなきゃダメ。ほんとにありがたいです。

さてと、お祝いに何の酒、買ってこようかな。
ウチは結局、酒である。

|

« 『人生を肯定するもの、それが音楽』 | トップページ | クラシックを聴くきっかけ »

コメント

おめでとうございます。
記念日には、山形の地酒『千代寿』をオススメいたします。
…って、トラヤ酒造の回し者。(笑)

「ふたりが睦まじくいるためには 愚かでいるほうがいい」
吉野弘さんの『祝婚歌』の姿を、肩肘張らずにできるご夫婦とお見受けいたしました。
うちもそうありたいと思ってます。

投稿: ちとせ | 2008年3月 2日 (日) 09時17分

ご結婚記念日おめでとうございます。
11周年まぁ~我が家の半分というのがうらやましいやら~
先輩ぶっていいますと、まだまだ~ここまでおいで~とう感じです
でもそれとはべつに羨ましさを感じます。ちとせさんが仰いますように肩肘張らずたんたんと。普段の生活はたわいのないことからおもいもつかぬこと、舞台役者も増えてくればそれこそ筋書きのないドラマも展開されますよね。
私も舞台のそでからそっと見守っておりますね。
今日はご夫婦で祝杯(いつも?か)あげてくださいませ~。

あ!お薦めの本、予約いれました。
私のこれからの人生にピアノがどんな贈り物届けてくれるか
期待しながら??その扉開きたいです。

投稿: ねも | 2008年3月 2日 (日) 09時39分

>ちとせさん
>山形の地酒『千代寿』
ご紹介ありがとうございます。早速酒屋で探してみます!

>「ふたりが睦まじくいるためには 愚かでいるほうがいい」
「愚かでいる」のではなく、そうでしかいられないのです(笑)。
でも、ある種「自信」の裏返しでアホと自認してるかもしれません。
二人とも一人っ子で、自分の世界に遊ぶことは慣れてますから(^^;;)。

>ねもさん
ありがとうございます。

>まだまだ~ここまでおいで~とう感じです。
よーし、10年したら追いつくぞ~(デキナイって・笑)。

>筋書きのないドラマ
男の子二人ですしね。これから僕ががっつんがっつんぶつかり合っていくことと思います。ほんと心身の健康以外は望みません。それがいちばんです。

>あ!お薦めの本、予約いれました。
もうひとつ、紹介文書きますね。これも面白いです。

>これからの人生にピアノがどんな贈り物届けてくれるか
楽器やるってだけで、音楽の楽しみは数倍広がりますよね(^^)。

投稿: さかた(Ton) | 2008年3月 2日 (日) 12時17分

子供ってシモネタ覚えるの早いですよね。
地理好き人間の私としては、やっぱし息子にも地理と親しんで欲しいと思い、○ロマンガ島、、○ンタマーニ、○ンポー湖、チ○コ川、スケベニンゲン、なんて地名を教えてあげたら、案の定大うけしましたが、カミさんにはにらまれてしまいました。
そのテの会話で盛り上がれる坂田家が羨ましいです。

というわけで、結婚11周年おめでとうございます~
もしかして11年も経って、結婚記念日を覚えてるってスゴイことじゃないですか。ウチのダンナなんかもう全然駄目~忘れてる~って思ってる奥様方がたくさんいるのでは、って思います。そのへんも絆を感じます。ホントに。
今後も楽しい夫婦のあれこれ話読ませてください~

投稿: 一太郎 | 2008年3月 2日 (日) 21時33分

>一太郎さん
>スケベニンゲン
オランダはハーグ周辺の海辺の街ですよね。↑に書いた指揮者の岩城宏之さんがヨーロッパの活動拠点で住んでた街です。俺も教えてやろうかなぁ(^^)。 

>そのテの会話で盛り上がれる坂田家
長男は友達のませガキと、コンビニで青年誌を立ち読みすることがあるらしい。それをエロ本と言ってるからまだかわいいもんです。
長男は大きくなったら、早く結婚してチューしておっぱいモミモミしたいそう(^^;;;)。さすが僕の子(爆)。「エロから生まれたボク」とかヌカシてます。「おとうさんとおかあさんさぁ、ボクたちが寝た後、エロいことしてんじゃない(^~^)?」とか聞いてくるし、そろそろ子どもの作り方を聞かれてしまいそうな予感。でもまだなんか憚られてなぁ。言うべき時が来たら正々堂々隠さず教えてやるつもりです。

>ウチのダンナなんかもう全然駄目~忘れてる~
ウチの場合は結婚1年でカミさんが忘れてました
すでにボクは空気だったようです。

投稿: さかた(Ton) | 2008年3月 2日 (日) 23時47分

おお、おめでとうございます!

>寂しがり屋の僕はカミさんがいなきゃダメ

自分がそう思っていれば、そういう気持ちは相手に伝わるものですし、奥さんも同じように思ってると思いますよ。
自分が思ってないのに、相手にはそう思ってもらいたい・・と思っても、そりゃ無理というものですし(笑)。

さかた家は、いつまでも安泰ですね!

本当、幸せな家庭の見本だなあ。

投稿: 時代屋だんぞう | 2008年3月 3日 (月) 14時20分

>だんぞうさん
>幸せな家庭の見本だなあ

はい、それもひとえにボクのおかげです☆\(- -;
すみません。ボクのアホとすけべに合わせてくれる
カミさんのおかげです。

まだまだ息子たちも言うこと聞いてくれる年頃ですしね。
特に上の子はこれから話もしなくなるんでしょう。
ただ、あいつなりの答えのヒントは与えるようにして、
ずっと一人の人間として、周りを見据えてどう考えるは、
息子たちに問うて生きたいと思ってます。

投稿: さかた(Ton) | 2008年3月 3日 (月) 16時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日で結婚11周年:

« 『人生を肯定するもの、それが音楽』 | トップページ | クラシックを聴くきっかけ »