« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月29日 (火)

不惑

今日で40歳になった。

30歳になったときはヤバイと思った。

歳食ってヤダなぁ、ってんじゃない。こんなバカが30歳でいいのか、中身が全然伴ってないじゃんかって。ちょうど30になった年に長男が生まれたが、お宮参り(深川富岡八幡宮)で撮った僕ら夫婦と長男の写真、夫婦二人とも「学生で子供こさえちまいました」って幼い顔してる。

じゃあ40歳になってみてどうか。

30歳になった時のような愕然感はない。家族もいて、子供たちの入院もあったり、親父が亡くなってその家の処分をしたり、いろいろそれなりに経験させてもらえてる。ツラの皮が厚くなっただけとは思うが(笑)、年齢と内面の不相応感はそれほど感じない(無論もっと苦労をしてる人はたくさんいる)。親父が亡くなってから今までも、遺産分割協議・相続登記50年前の建物売買契約抹消登記(裁判所も行った)といろいろあった。この所得税の確定申告→売買利益の相続人全員への分配までまだ仕事はたくさんある。親父の3回忌もあるしたしかに面倒。だが、40歳迎えるにあたっての、親父からのいい人生経験のプレゼントとも、「いま」は思える(仏壇に向かって「親父の仕事だろ、これ! これぐらいやってから死ねよ、ちきしょう」と吐き捨てたこともあります(^_^;;;))。健康な体、生きる知恵こそが最大の宝だと思う。

年食うのは嫌なことだと思わない。いまこそ「お前自身としてどう生きるの?」って自分に問いたくなってる。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

帰る場所

親父の家、昨日売買契約を締結。お隣さんに売った。
あとは家財を処分して引き渡すだけ。ふと思った。
「これで、故郷的な僕の帰る家、なくなった」って。
いままで自分の住んできた家は、一つも残ってない。

さだまさし「関白宣言」に「帰る場所はないと思え これから俺がお前の家」って詞があった。たったいまカミさんや息子共とくらし、作りあげているこの生活こそが、ほんとうにいま「僕の帰れる場所」なんだな、って。しみじみ感じた。ありがたい。ほんとうにかけがえがない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月27日 (日)

スポーツ報知

27日の朝、通勤で電車に乗っていた。
ふと隣に座った人のスポーツ紙、覗き込んでしまった。

駅で売ってるスポーツ新聞には
"エッチなページ"があるんですね(^~^)。
目に入ってきたコラムのタイトル

「本当にあった"ヒワ~~イ"話」

ウケました(笑)。
笑いかみ殺すのが苦しかった。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

24時間営業

エコやLOHASなんて考えるなら「コンビニとかの24時間営業」ってやつ、やめてみては、と思う。たしかに夜中にここでコピーできたり、ちょっとした救急用品を手に入れられるのは便利。だが東京23区の夜空なんて半ば藍色。町自体も動きを全然止めないのは異常だ。

警察・消防・病院・電気・ガス・水道といった、休めるべきではない部分はある。ただいくらなんでも午前零時になれば、ごく普通の商店は休めてもいいのではないか?

僕らはもうソドム・ゴモラに住んでいる。欲望は止められない。ガマンなんかフザケンナって人間がいるのも、また真実(ボク自体、ガマンは不得手だ)。自然保護とかいうけど、地球には大した問題はない。人類が消え去って1万年もすれば安定するだろう。人類が自分で自分の首を絞めてるだけ。遅かれ早かれ、人類は滅亡する。それは間違いない。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2008年4月26日 (土)

香炉の灰ふるい

Kouro 仏壇には当然毎日お参りして手を合わせてる。何日かすると香炉にお線香がささりにくくなる。だから灰ふるいをする。これ僕の仕事。結構好きだ。終わったあとにお線香立てる時の、すっと入る感じがいい。

「千の風になって」じゃないけど、親父をはじめとする先祖が仏壇にいるとは思わない。何しろ死んじゃいない。生きる形が変わっただけ。僕や、カミさんと一緒になることで生まれた子ども達として生きつづけている。僕にとって仏壇の前は、先祖からの生命の繋がりの中で、誰一人欠けたって自分はいないことを、再認識する場。そうした「心をリセット出来る空間」が家の中にあるって、とても落ち着ける。

あ、ちなみに「千の風になって」の歌詞、、、
ウチの次男(3歳)が歌うと「わたしのお墓の前で…」が
「わたしの"おなか"の前で…」になっちゃう……(笑)。
食いしん坊の次男。いつも笑ってしまう(^^)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月24日 (木)

久々の長距離散歩(^^)

20080424130_edited 24日は代休とって、久々に25キロ歩いた(歩いたコースは一番下の地図参照)。写真撮影枚数195枚。満足! 僕の散歩は行き先を明確には決めない。せいぜいスタート地点と歩く方向、やめる時間を決めるくらい。あとは頭の中にある地図をベースに目に入ってくるものでどっちに行くか決めてゆく、景色とのジャムセッション。調べたものを探しに行くなんてつまらない。本を調べるのは帰ってから。必要なら後でそれだけをまたしっかり観に行く。

本で調べた手垢だらけの情報を確認に行くのと違い、僕の心は素だから、「おっ!」っていうものに出会った時の「わーい!」はひとしお。今日はとってもいい雰囲気の料亭に出会った。

「草門去来荘」っていう懐石料亭。当然金の持ち合わせなんざないから(^^;;;)、懐石は食えなかった(僕一人で食うのなんかつまらん、カミさんと来たい)。パンフレットだけでももらっていこうと思って、おずおずと入っていった。店員さんにパンフもらって出ていこうとすると、「こちらでコーヒーも召し上がれますので、お時間があればどうぞ(^^)」と。
そちらは「草門去来荘のび家」。古くはないがいい感じの洋風建築。僕はビビった(笑)。「コーヒー2000円とかいわれたらどうしよう」、そんなことはなかった(笑)。コーヒーならば500円でいただけた。

20080424120_2 20080424126_2







ほんといい屋敷森の中にある落ち着いた空間(すぐ上の写真)。緑がたくさん。すっごくやすらげた。息子共と戦ってるカミさんと来たいなぁ。僕ぁまだこうして歩いて発散出来るからいい(無論こうしてイマジネーションを保とうとすることは仕事の命。カミさんはそれを理解して出してくれる。ありがたい)。奴の方がよっぽどこういうところでぼーーっとすること必要だ。息子どもの要求もまた容赦ない。母親業はキツい。それに家が職場、住んじまって課題から逃げられないのだから。同じこと僕がやれといわれたら、たまらんだろう。

ただ夫婦で、こんなところでお酒と懐石料理でゆっくりなんて、あと5年はムリだろう。もうすこしガキ共が落ち着いていられるようになったら、ホント来たいなぁ。いちばん最初に上げた花の写真は、この料亭の庭に咲いてた花。なんて花でしょう(笑)? おわかりになる方、ご教示下さい。

下の地図は今日歩いたコースです。
Map

| | コメント (5) | トラックバック (0)

なんで男の子って?

Photo 乗り物が好きなんでしょうね。僕ぁ教えたわけでもありません。JR相模原駅脇の公園で、横浜線の電車を見つめる次男であります。こいつぁバス・電車が大好きです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年4月21日 (月)

和田峠へのリベンジ

19日(土)はお休み。カミさんと子供たちは朝、子供会の廃品回収に出ていった。その間、僕は布団を上げて茶碗洗って、ちょっとばっか床に散らかったものかたして。お昼前にカミさんと子供たちが帰ってきたところで、軽く昼食べてサイクリングに出させてもらった。

Mapまず高尾で坂田家の墓にお参りした後(お彼岸にいけなかったのだ)、多摩森林科学園と多摩御陵の間を抜けて下恩方の川原宿へ。ここから陣馬街道を西進し、一路「和田峠」を目指した(上の地図参照)。

この峠はラスト残り3キロの傾斜がちょいと急。それで実は過去に二度、自転車で登り切れなかった苦い経験を、僕はしている。一度目は大学時代。ゴミ捨て場で拾ったミキストタイプ・10段変速の自転車を趣味で修理して乗ってた時。二度目は就職後一人暮らししてすぐに買った、GIANTの廉価版レーサー(Front 52・42 Rear12-23)で行った時。どちらもラスト2キロちょいぐらいで力つきて登れなくなった。
それでも押して登るには登ったが(笑)。

今回は何がなんでも峠の頂上まで自転車で登ると決心した。僕の今の自転車にはFront28・Rear34という1:1より軽いギア比を持つ歯車がついてる。それが何より頼みの綱。

バス停「陣馬高原下」までは大した坂もなく、快調に飛ばせる。が、後ろ髪引かれる思いばかりする。この陣馬街道は佐野川往還ともいい、五街道の一「甲州道中」の裏街道。兜造りの民家建築・長屋門、廿三夜塔や庚申塔、後北条氏の城跡で有名な浄福寺城跡(すぐ南が八王子城跡だ)、洋風建築の素敵な上恩方郵便局、陣馬高原下の口留番所、北浅川川原の小仏層群の思い切り褶曲した地層の露頭、斜面を巧みに利用して日射を最大限生かす畑の工夫など、もう止まって見たい・考えたい・写真撮りたいものばかり。でもこの日の僕はサイクリスト。「今日は和田峠への雪辱を果たす」と決めてきた。「覚えてやがれ」と景色に捨てぜりふを吐きつつ、止まらずに走る。

Photo バス停「陣馬高原下」、そこにある「和田峠左折」とあるところから1キロ足らずで(断面図の9㎞地点くらいかな)、坂は本当に坂らしくなる。左の図は走ったコースとその区間の断面図、計算だと平均勾配9.7%ってところ(100m走って9.7m登る傾斜の坂ってこと)。
今回は足つき無しの峠制覇のみが目標、ひたすら鈍亀走法に徹する。ギアをいちばん軽くし、止まりそうなスピード(時速4キロとか)で負荷を軽くしてジリジリ登る。途中2度ほど、レーサー(colnagoとpinarello)に乗った人に抜かれる。軽そうだなぁ。すいすい上がってく。無論こちらは自分がデブである(体重81キロ)のがいちばん問題なのだが(笑)。

012 鈍亀走法はいい。こうして登りながらでも周りの景色を見る余裕がある。あと1キロくらいのところで、八王子方面にものすごく開けた所もあった。きれいだった。そして陣馬高原下から48分かけて、ついに押したりしないで峠の頂上(写真)に辿り着くことができた。素直に嬉しい。実力者だとこの坂を20分足らずで駆け上がるという。すごい。帰りは、藤野へ下って、相模湖通って家に帰った。登り坂にはいると膝が笑っている。体力落ちてるナァ(笑)。
こんな和田峠程度の坂でも、いま筋肉痛が残ってる。6月にはジロー隊長が大好きな富士あざみラインを、隊長&石井さんと一緒に登ろうと計画中。平均勾配12%最大勾配22%だって。いくら鈍亀走法でも少しは走り込んどいた方がいいかもなぁ。

今度は陣馬高原下まで折り畳み自転車を輪行し、八王子方面へ下りながら写真撮りまくるぞぉ(^^)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月19日 (土)

ウチの障子

Photo 昨年末に僕が張り替えた障子、
すでにこんな状態です(T_T)。



息子どもの使用武器(笑)、
フトン叩き、スーパーボール、
ハンガー、靴べら……

これが男の子二人のいる家です(T_T)。
長男がやったら、自分で直させてます。
それも手の知恵になります(^o^)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

自転車、ほしいかも……

僕にとって自転車は、
いろんな景色を見にいくための道具。
だからあまり高いのはいらない。
でも、最近、ちょっと走りやすいのがまた欲しい。
シューズもレーサーシューズはいらないけど、
スニーカーと兼用出来るような
ビンディングシューズ&ペダルは欲しいなぁ。

単なる気の迷いか。。。それとも本気か。。。

ちょいと静観してみよう。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

「シネパラ」公開開始

先日クラスタで録音した、「ニューシネマパラダイス・愛のテーマ」の自己アレンジソロギターバージョンが、YAMAHA My Soundの坂田ひろゆきのページで公開開始されました。ちょっと音が小さいかな。若干ボリューム上げ気味になるかも、です。お知らせまで。

追伸
ブログに新しく「マイ・レパートリー」のカテゴリーを加えました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年4月13日 (日)

アカペラは怖い

昼休みに国立の街を散歩している。

いまは新入学シーズン、一橋大学校門のところでアカペラサークルが部員勧誘のために、5人ほどの編成で歌っている。往々に上手い! ボイスリズム一人にベースパート一人、コードの内声含めメロディ部分を担当する3人で計5人が基本的な編成みたい。聴いてて思う。いいものはベースラインとボイスリズムだけで8割方音楽が成立している。これでトップノートのメロディに、魅力的な声がのれば大体できてしまう。

ただ、ピッチのガイドとなる楽器がないから、自分たちで互いをしっかり聞きあって、ピッチをとらなきゃいけない。ちょっとでもピッチが甘いメンバーがいると、とたんに和声感がダラケた気持ち悪いコーラスになる。聞き合うにも下手に聞きあって全員でピッチがドリフトしていっても、これまた気持ちが悪い。各人がしっかりピッチとテンポ感持ってる必要がある。
「芸は心」とはいえ、気持ち悪いものは心以前。はっきり気持ち悪い。アカペラは怖い。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年4月12日 (土)

セゴビア

アコギインストほぼ^_^;;専門のライブバー・国分寺クラスタの静かな日(ライブのない日)はよく行く。7日(月)は休日出勤した後、行った(この日は"準静かな日"の木村デー)。店に入るなり、ちょいと音質は悪いが、とてもいいクラシックギターの演奏が聞こえてきた。

「ちょっとこれ誰?」と僕。
「あ、セゴビアです」
とマスター。

セゴビア(アンドレス・セゴビア 1893-1987 wikipedia)は、クラシックギターの巨匠。マスターは、自分が高校生ぐらいの頃にダビングしたカセットテープをかけていた。音質がちょっと悪く聞こえたのはそのせい。でも演奏自体はとても生き生きとしていた。

とてもびっくり。実は先日、これもすがぬまさんにお借りしたCDだったが、同じセゴビアを聞いてとても落胆したのだった。貸してくださったすがぬまさんに大変失礼ながら「これで巨匠といわれる人なの?」と率直な感想を伝えた。でも、ここで聴いた演奏はとてもよかった。続く有名曲「モーツァルト/魔笛変奏曲」もいい。巨匠といわれるのも分かる気がした。
しかし何曲か後にバッハがかかった。
そしたら以前の、「え、これが巨匠?」の感想が蘇った(笑)。あくまで僕の感想だが、低音部の処理がとっても雑。しかもテンポの揺れが多すぎ(アゴーギグちゅうの? こうしたタメなどがセゴビアの演奏の特徴だそう)。

これでわかった。僕は「セゴビア演奏のバッハがキライ」なのだった。近代入ってからの曲だと、セゴビアのロマンチシズム・歌心がハマっていいんだけど、セゴビアのバッハはいまの僕にはダメだ。

「この巨匠がわからないなんて、おまえは音楽がわかってない!」
はい、わかってません(笑)。好き嫌いしかありません(笑)。音楽で感じたものにウソはつきたくない。好きは好き、キライはキライ。でもそれは未来永劫「キライ」とは絶対言えない。ある日突然、身体に入った瞬間、今回のセゴビアのように評価がひっくり返る時がやってくる。そういう時こそ素晴らしい。最初にウソつくと、見えなくなってしまう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

鼻息(^^;;;)

最近のお気に入り音源は「山下和仁/plays BACH」。
すがぬまさんからお借りしてMP3プレイヤーに入れ、もう10回以上聞いている。山下さんはクラシックギターでドボルザークの新世界交響曲や、ストラビンスキーの火の鳥などに前人未踏の曲に挑戦してきた人だが、この曲はひたすらバッハ。真摯に一音入魂で弾いてるのが伝わってくる。テンポはスローなんだけど、コピーしてやろうって気がおきない(^^;;;)。とても鬼気迫るスロー。テクニカルな部分より、曲に対する思索・工夫・敬意がとても深い。ここまで溜められる気合いもすごい。バッハを弾くって怖い、と改めて感じる。

しかしMP3プレイヤーで聴いていると、山下さんの鼻息も凄い。ガンガンに入ってる。グレン・グールドやキース・ジャレットほどじゃないけど(^^;;;)。人が弾いてるんだから、入って当たり前なんだよね。僕も鼻息荒いけど(笑)、あまり気にせず録っちゃえばいいんだろうな(^^)。

先日、自己アレンジ版「ニューシネマパラダイス・愛のテーマ」をクラスタで録音した。「YAMAHA My Sound」に登録公開申請中。既成曲だから作品公開までちょっと時間がかかるかも(申請に不備があって却下されたりとかもありうる^_^;;;)。公開されたらお伝えします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

通勤時にひと笑い(^^)

通勤にJR中央線を使っている。新型電車になって、ドアの上に液晶画面がある。そこではJRをはじめ劇団四季やらいろいろのCMが流れている。その中でのお気に入りのコンテンツが下記。

SUICAのCM

JRのICカード"SUICA"。ペンギンのキャラクターがエレキギターを弾くように、携帯電話を弾いている(笑)。"エアギター"っちゅーのかな。ところがこの動きがとても音楽的(^^)。ほんとにギターを弾いているように、音が聞こえるように見える。どうやってこの動きさせてるんだろう? あるギタリストにモーションキャプチャーつけて撮影して、それをもとにCGで動かしてるのかなぁ。

小栗左多里『ダーリンは外国人』

語学の好きなだんなさん"トニー"の、日本語に対する捕らえ方とか、文化・習慣の違いから来る、「なんじゃいそりゃ」を面白おかしく話にしてる。「彫りの深い顔」「踏み切り」の話、笑ったなぁ(^^)。

ペットボトルのお茶の宣伝

お侍さんが太っちゃって前に使っていた鎧を着れなくなる話。着たはいいがボタンが飛んで、床の間の壷に当たって割れ、「くせものじゃ!」となる。「高かったんでしょ」の鎧、よく見るとなぜか「Made in ITALY」なんて書いてある。そんなんあるかい!(笑) ダイエットに効くお茶の宣伝ってわけ。何て商品だったっけ??(^_^;;;)

上記、僕の心のちょっとした清涼剤になってます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Key in CのA♭maj7

「さだまさし/孤独(ソリティア)」(Key=C)を、習作的にソロギターアレンジしてるけど、こんなコード進行が出てくる。

Dm7→Dm7/G→A♭maj7→Dm7/G→Cmaj9

このA♭maj7がめちゃめちゃオシャレ(^^)。Dm7→Dm7/Gときたら、これはある種Ⅱ-Ⅴだからそのキーのトニック(C、Em7、Am7)に行きたくなる。そこをはぐらかす。
A♭maj7の構成音はラ♭(root)・ド(3rd)・ミ♭(5th)・ソ(maj7th)。ド・ミ♭・ソがCmの構成音と同じ。Dm7/GをほぼG7としてマイナーキーの5thに捉え、Cmへ転調するとみせかけて(A♭maj7は♭13thの入ったCmだもんね)またDm7/Gにもどし、Key=Cのトニックに戻る。おしゃれ~。そういえばCとE♭の関係ってなんか呼び名がなかったっけ(CとAmの関係を平行調っていうようなやつ)。忘れちゃった(^^;;)。

トニックに戻してくるコード進行のストーリーもいろいろあるもんだなぁ。もう10曲もアレンジや耳コピやったら、また理論書を読み直してもオモシロイかもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 4日 (金)

おにいちゃんはつらいよ

Sakura 結婚して11年、カミさんと二人でお風呂に入ったことなど、、ない。カミさんが「落ち着かないからヤ」と言う。だから、、、ない。

だがさっき、風呂場からカミさんに呼び出された。「□△(次男の名前)がダダこねちゃって、頭洗わせてくれない。洗ってやって」。早速、風呂場へ。そしたら長男が「僕も!」と言い出した。ここで「お前は待ってろ」と言ったら、「僕だけ一緒にお風呂入れない」と疎外感に苛まれるだろう。お母さんを弟に盗られてお兄ちゃんはツライもんだ。「おいで」といったら、喜んでやってきた(^^)。3DKの部屋の小さなバスルームに4人。いやぁぁぁぁ狭いっ!!

こうして風呂はいるなんて、3年ぐらい前の河口湖旅行、ペンションでの家族風呂以来だ。もちろん家の風呂で入ったのは、ウチの歴史上初のこと。次男も一気にご機嫌がなおって、長男も楽しそう。ただ一人、カミさんだけが、落ち着かない顔(笑)。やい女房、もっと笑え!(^^)

さて、上の写真。火曜日に長男がゴミ捨てに行った時、ゴミ集積場のすぐ隣にあるでっかい桜の樹から散ってきた花びらを、拾ってきた。「家族みんなの分、拾ったよ」って4つ。粋(いき)じゃないの、長男よ! それをカミさんがグラスに水入れて、浮かべた。桜ももう終わりか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月 3日 (木)

薄手が好き(^^)

って僕が書いてるからって、女性の着衣の話ではないっすよ。お酒の盃のおハナシです。これまでお猪口と書いてきたけど、僕が使っているのは「盃(さかずき)」と言った方がいいみたい。これからはそう書きます。

さてこうした「盃」にハマって思うが、「フチが薄い方が僕は好き」ってこと。厚手の盃だと酒の味が鈍く感じる。薄手の盃は、まず器越しに下唇に燗の温もりがやってくる。そして器をくっと傾けた瞬間に、酒の味わいがクリアにやってくる感じ。温もりから味わいまでのバトンパスに澱みがない。厚手の盃の一杯目、注いだ燗酒より若干冷ための器の味がした後、厚手のフチを乗り越えていきなり酒がなだれ込んでくる感じがする。
これ、コーヒーカップでも同じ。これも薄手の器でちゃんとコーヒーの温もりを感じられるほうが、僕にはおいしく感じる。職場のカップを厚手のものに変えてみて気づいた。味を感じるのは舌だけじゃないんだなぁ(^^)。

厚手・薄手、これも好きずき。真理はない。逆に厚手の器の方は熱しにくいが冷めにくい、二本目のお銚子に行った後、注いだ酒の温度が下がりにくい利点があると思う。ひょっとしたらいろいろな器を使う間に、厚手の器の味わいも、見つけるかも知れない。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年4月 2日 (水)

本に線、引きますか?

僕の通勤カバンには本が3冊(仕事関係の本は別)入れてある。現在は新書ばっかり読んでいる。1冊読んでから次、ってんでなく、3冊並行に読む。僕は飽きっぽく集中が長続きしないので、一つ読んでいて集中力が落ちてきたら別の、ってな感じ。

そのうちの1冊に網野善彦『日本中世の民衆像』(岩波新書)。古本で買ったんだけど、気づいてみたら前に読んだ人が赤線をバンバンひいていた(^_^;;;)。目にウルサいったらありゃしない(笑)。黙って読んでるところに、「あ、、それはね、とてもぼく面白いと思ったんだ。つまりね…」というふうに話しかけられているよう。将棋指してるときに話しかけてくる観戦者のようだ。「ダマっとれぇ!」と叫びたくなる(笑)。
読む人それぞれの勝手だが、僕は本に線を引くのは嫌い。思い出して再度その本に目を通した未来の自分にも読み方を強い、新しい発見を阻害しそう。必要ならば書き写す。だから今日、新刊で買ってしまった。

さて現在、カバンに入ってるのは下記の三冊
網野善彦『日本中世の民衆像』(岩波新書)…歴史・民俗系
服部 勉『大地の微生物世界』(岩波新書)…自然科学系
進藤榮一『アメリカ 黄昏の帝国』(岩波新書)…時事問題系
ここのところ歴史・民俗系・自然科学系・時事問題系の3分野を一冊ずつ持って読むようなスタイル。「積ん読」も切り崩しはじめてる。疲れるとマンガに行く(笑)。好きなのは曽田正人作品。『め組の大吾』あたりは、心が疲れ切ったときに全巻一気に読むと最後に元気が出てくる。

僕は活字中毒ではないと思う。文字からのイマジネーション世界には遊べない。この目で見たもの、そのそれぞれの関係性を繋げてくれる本が好きだな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »