« ウチの障子 | トップページ | なんで男の子って? »

2008年4月21日 (月)

和田峠へのリベンジ

19日(土)はお休み。カミさんと子供たちは朝、子供会の廃品回収に出ていった。その間、僕は布団を上げて茶碗洗って、ちょっとばっか床に散らかったものかたして。お昼前にカミさんと子供たちが帰ってきたところで、軽く昼食べてサイクリングに出させてもらった。

Mapまず高尾で坂田家の墓にお参りした後(お彼岸にいけなかったのだ)、多摩森林科学園と多摩御陵の間を抜けて下恩方の川原宿へ。ここから陣馬街道を西進し、一路「和田峠」を目指した(上の地図参照)。

この峠はラスト残り3キロの傾斜がちょいと急。それで実は過去に二度、自転車で登り切れなかった苦い経験を、僕はしている。一度目は大学時代。ゴミ捨て場で拾ったミキストタイプ・10段変速の自転車を趣味で修理して乗ってた時。二度目は就職後一人暮らししてすぐに買った、GIANTの廉価版レーサー(Front 52・42 Rear12-23)で行った時。どちらもラスト2キロちょいぐらいで力つきて登れなくなった。
それでも押して登るには登ったが(笑)。

今回は何がなんでも峠の頂上まで自転車で登ると決心した。僕の今の自転車にはFront28・Rear34という1:1より軽いギア比を持つ歯車がついてる。それが何より頼みの綱。

バス停「陣馬高原下」までは大した坂もなく、快調に飛ばせる。が、後ろ髪引かれる思いばかりする。この陣馬街道は佐野川往還ともいい、五街道の一「甲州道中」の裏街道。兜造りの民家建築・長屋門、廿三夜塔や庚申塔、後北条氏の城跡で有名な浄福寺城跡(すぐ南が八王子城跡だ)、洋風建築の素敵な上恩方郵便局、陣馬高原下の口留番所、北浅川川原の小仏層群の思い切り褶曲した地層の露頭、斜面を巧みに利用して日射を最大限生かす畑の工夫など、もう止まって見たい・考えたい・写真撮りたいものばかり。でもこの日の僕はサイクリスト。「今日は和田峠への雪辱を果たす」と決めてきた。「覚えてやがれ」と景色に捨てぜりふを吐きつつ、止まらずに走る。

Photo バス停「陣馬高原下」、そこにある「和田峠左折」とあるところから1キロ足らずで(断面図の9㎞地点くらいかな)、坂は本当に坂らしくなる。左の図は走ったコースとその区間の断面図、計算だと平均勾配9.7%ってところ(100m走って9.7m登る傾斜の坂ってこと)。
今回は足つき無しの峠制覇のみが目標、ひたすら鈍亀走法に徹する。ギアをいちばん軽くし、止まりそうなスピード(時速4キロとか)で負荷を軽くしてジリジリ登る。途中2度ほど、レーサー(colnagoとpinarello)に乗った人に抜かれる。軽そうだなぁ。すいすい上がってく。無論こちらは自分がデブである(体重81キロ)のがいちばん問題なのだが(笑)。

012 鈍亀走法はいい。こうして登りながらでも周りの景色を見る余裕がある。あと1キロくらいのところで、八王子方面にものすごく開けた所もあった。きれいだった。そして陣馬高原下から48分かけて、ついに押したりしないで峠の頂上(写真)に辿り着くことができた。素直に嬉しい。実力者だとこの坂を20分足らずで駆け上がるという。すごい。帰りは、藤野へ下って、相模湖通って家に帰った。登り坂にはいると膝が笑っている。体力落ちてるナァ(笑)。
こんな和田峠程度の坂でも、いま筋肉痛が残ってる。6月にはジロー隊長が大好きな富士あざみラインを、隊長&石井さんと一緒に登ろうと計画中。平均勾配12%最大勾配22%だって。いくら鈍亀走法でも少しは走り込んどいた方がいいかもなぁ。

今度は陣馬高原下まで折り畳み自転車を輪行し、八王子方面へ下りながら写真撮りまくるぞぉ(^^)。

|

« ウチの障子 | トップページ | なんで男の子って? »

コメント

あの坂をライド・オンで乗り切るのはたいしたもの!
サカタ隊員、天晴れじゃ。(笑)

42×23じゃ、ワタシも自信ありません。(^_^;)

バス停「陣馬高原下」までもいい道だよね~♪

次回は帰りに「鯛八」も組み込んでね♡

投稿: ジロー | 2008年4月21日 (月) 15時07分

>隊長どの
>あの坂をライド・オンで乗り切るのはたいしたもの!
謝謝!! あざみをライド・オンで乗り切るのはハナから諦めております(笑)。つーかそれやったら、せっかくの富士山がもったいない。世界に冠たるコニーデ(成層火山)の富士。コンパクトにいろいろな自然の顔が詰まってる山だとか(小泉武栄先生の著作より)、後ろ髪引く思いしながらでなく、「おっ」と思ったらすぐ足を止めるTon's歩き的登り方で行きたいと思います。

>バス停「陣馬高原下」までもいい道だよね~♪
本当に素晴らしかった。裏往還になっただけに、時代が取り残されてる感じが素晴らしい。ほんとにサイクリストになりきるのがツライ道だった。

>次回は帰りに「鯛八」も組み込んでね♡
あの八王子駅前のタイヤキ屋かな?
あのねぇ、シンドウさんに紹介した酒饅頭屋もいいよ。
饅頭屋の場所が分かるブログ記事は下記。
http://blog.goo.ne.jp/cherry41/e/32c9af75d5df2e09bdddb3cb04f88e15
シンドウさんの感想はコレ
http://singsingdo.tea-nifty.com/singsingdo/2007/03/post_f5e5.html

投稿: さかた(Ton) | 2008年4月21日 (月) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和田峠へのリベンジ:

« ウチの障子 | トップページ | なんで男の子って? »