« 久々の長距離散歩(^^) | トップページ | 24時間営業 »

2008年4月26日 (土)

香炉の灰ふるい

Kouro 仏壇には当然毎日お参りして手を合わせてる。何日かすると香炉にお線香がささりにくくなる。だから灰ふるいをする。これ僕の仕事。結構好きだ。終わったあとにお線香立てる時の、すっと入る感じがいい。

「千の風になって」じゃないけど、親父をはじめとする先祖が仏壇にいるとは思わない。何しろ死んじゃいない。生きる形が変わっただけ。僕や、カミさんと一緒になることで生まれた子ども達として生きつづけている。僕にとって仏壇の前は、先祖からの生命の繋がりの中で、誰一人欠けたって自分はいないことを、再認識する場。そうした「心をリセット出来る空間」が家の中にあるって、とても落ち着ける。

あ、ちなみに「千の風になって」の歌詞、、、
ウチの次男(3歳)が歌うと「わたしのお墓の前で…」が
「わたしの"おなか"の前で…」になっちゃう……(笑)。
食いしん坊の次男。いつも笑ってしまう(^^)。

|

« 久々の長距離散歩(^^) | トップページ | 24時間営業 »

コメント

毎度です。

わかるな~。灰の下に埋まった線香は燃えないから、固いまま埋まってしまう。だから線香が刺さりにくくなるんですね。うちも毎日線香あげてるからよくわかります。

>僕にとって仏壇の前は、先祖からの生命の繋がりの中で、誰一人欠けたって自分はいないことを、再認識する場。そうした「心をリセット出来る空間」が家の中にあるって、とても落ち着ける。

そうですね。自分自身を感じられるところ、かな。勿論先祖の墓にいってもそうだけど、楽しかった祖母の思い出や、会ったことのない祖父への憧れ、いろんな思いがよぎる場所です。落ち着くという気持ちもよーくわかるんです。

こういうことが理屈抜きにわかる。とても幸せな気分になりました。

投稿: をーつき | 2008年4月26日 (土) 22時29分

私も毎度毎度~
私実はお線香の由来等もよくしらず少し調べてみたりしました
こんなこともさかたさんの日記の楽しみでもあります。

生命のつながり~ほんとうに命のリレーのように思います。
1本のお線香がもえるきるまではだいだい40分なんですね
座禅の時間の単位にしていたことも知りました

さかたさんの背中きっとお子さん達はしっかりみつめていますね

投稿: ねも | 2008年4月26日 (土) 23時24分

またまた毎度です。

そうそう。言い忘れてましたがこれを感じさせる曲がありました。Billy Joelの「Lullaby(Good Night My Angel)」という曲です。最後のくだりに「Someday We'll all be gone but lullabies go on and on. They'll never die that's how you and I will be.」というのがありますが、まさにそれですね。人は死んでも、その絆は消えない。特に娘と離れてクラス私としては、この曲を聞く度に号泣しております。

失礼しました。

投稿: をーつき | 2008年4月27日 (日) 00時06分

>をーつきさん
>灰の下に埋まった線香は燃えないから、
>固いまま埋まってしまう。
>だから線香が刺さりにくくなるんですね。

アハハハ、補足ありがとう(^^)。
何故刺さりにくくなるか、書いてなかったわ(笑)。

>こういうことが理屈抜きにわかる。
十代の頃じゃ、僕もムリだった。「年食う」っていいよね。
それを子どもが生まれるってのも。
僕は明後日、"不惑"です

>Billy Joelの「Lullaby(Good Night My Angel)」
をーつきさんのブログでも、この記事読んでるよ。文化や表現方法は違っても、みんな感じているんだよね。そういう命の悠久の繋がりを。。僕はこの原曲聞いてないんだけど、ぜひ近いうちに聞いてみるよ。
コメントはつけずとも、をーつきさんのこと見つめています。最近「がんばれ」ってコメントつけてる人いたけど、こんなにがんばってる人に僕は安易に「ガンバレ」なんて、無責任に書けない。泣ける時にはたくさん泣いて、何が何でも生きて欲しい。僕もそうします(^^)。

>ねもさん
>生命のつながり~ほんとうに命のリレーのように思います。

長男が産声を上げた瞬間に、ほんと瞬間で身体が理解しました。この命のバトン、ずっと遡っていけば、生命自体の始源にちゃんと繋がってるんだって、悠久そのものなんですよ、僕らは。

>1本のお線香がもえるきるまではだいだい40分なんですね
>座禅の時間の単位にしていたことも知りました

時計ですね(^^)。お線香ってアロマテラピー的な要素もあるって、ウチの仏壇が来て感じました。落ち着きます。香りの好き嫌い、でますね。

>さかたさんの背中きっとお子さん達はしっかりみつめていますね

乗り越えやすい背中だとは思います(笑)。包み込む&許しの愛はカミさんが担当してくれると思いますので、出来るだけ高いハードル、イヤミな存在にはなってやろうと思います。

投稿: さかた(Ton) | 2008年4月27日 (日) 07時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 香炉の灰ふるい:

« 久々の長距離散歩(^^) | トップページ | 24時間営業 »