« 競艇でECO??? | トップページ | 片側撚架 »

2008年5月18日 (日)

音楽って、エッチ(^~^)

「桜色舞う頃」アレンジ続けてるけど、入手した譜面のコード進行の工夫を味わってるうちに、音楽ってちょっと意地悪くてイタズラっぽい人間が作ったりプレイする方が魅力的かも、って感じだしてきた。

親切にすぐ「はいっ、これだよね」ってソコにいかないっ^~^;;;、わかってるのに「エヘヘぇ、ここかな、イヒヒぃ、こっちだろ」って、なかなかソコをついてあげないっ(すげぇヤラしいこと書いてる気がする^~^;;;)。トニックに辿り着いてもベース音や内声に手を加えて、単なるドミソのトライアドに簡単に解決してあげないっ。ジラす。高める(やっぱりヤラしい^~^;;;)。そういう解決点は音楽的なストーリーの句読点(ある意味イク〈緊張→緩和の〉瞬間・爆)。すぐソコに安心させちゃ高まらないんだな
な~んてエッチなんでしょ(^~^)。

|

« 競艇でECO??? | トップページ | 片側撚架 »

コメント

毎度です。

なるほど。全く同感ですが、私の場合は直球が好きですね。変化球はあまり使わない。ですがストライクゾーンの隅っこを責める。結局いやらしい。(笑)

スケールでいうとドリアンスケールって好きですね。まさにArial Boudariesがそれ。あの浮遊感が大好きで、いつかああいう曲を作ってやろうと思っています。もちろん途中のヒポリディアンの部分も大好きなんですが。あれでしびれてしまいました。

それとはあんまり関係ないですが、S&Gの「ミセスロビンソン」。余りにも有名な曲ですが、イントロが大好きです。F#ですよ、いきなり。それでAに持って行くところが大好きですね。ものすごくエロを感じるんですが、私だけでしょうか。

またまとまりのないことを書いてしまいました。失礼いたしました。

投稿: をーつき | 2008年5月18日 (日) 21時44分

>をーつきさん
>ストライクゾーンの隅っこを責める。
基本的なテクニックの精度を上げるとかかな(^^)。

>ドリアンスケールって好きですね。
>まさにArial Boudariesがそれ。
そういう意識で聞いたことなかった。そういう意識でレギュラーチューンのギターで目立つメロディラインを辿ってみたら、確かにそう。ドリアンスケールだった。スケールのキャラクターを感じる感覚を一歩進めてもらいました。ありがとう。

>ヒポリディアン
ってミクソリディアンだっけ? 教会旋法だよねぇ

>S&Gの「ミセスロビンソン」。
>F#ですよ、いきなり。それでAに持って行くところが大好き
伝えたいことや魅力が伝わるなら、何やってもいいんだよね、芸術って。オモシロイよね。

投稿: さかた(Ton) | 2008年5月19日 (月) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音楽って、エッチ(^~^):

« 競艇でECO??? | トップページ | 片側撚架 »