« 「孤独」、アレンジ出来た | トップページ | ジプシーJAZZ »

2008年5月 3日 (土)

桜の季節は過ぎたけど、、

最近、趣味のギターは耳コピ&採譜でなく、ソロギターアレンジにハマっている(^_^;;)。次は川江美奈子(中島美嘉)「桜色舞う頃」にしようと思う。ここ数日、耳から離れなくなった(←これが曲選定の基準です)。名曲です。テレマンは当分お預けかな。

だけどこれ、CDとしては売れている中島美嘉さんで音源聞くのがどうにもヤでねぇ(^^;;;)。彼女の喉声、僕はキライ。耐えられない。好きな人には申し訳ないが、何の魅力もない、喉元・口元だけの素人カラオケヴォイス。なんでこんな素人が金取ってステージセンターで歌うのか、紅白歌合戦なぞに出るのかが、フシギでしょうがない。モデルか役者だけやってて欲しい。会社が決めたであろう、最近の「どっか身体悪いの?」的な不健康チックなメイクもキライだけど、もともとはキレイな人だ。悪いが歌って欲しくない。

なので作曲者の「川江美奈子」でgoogleかけてみた。そしたら、川江美奈子さん自身のオフィシャルサイトがあった。ご自身の「桜色舞う頃」の音源もある。こっちの方がはるかにいい。「MUSE' -DREAMUSIC・ Female Vocal Collection-」って女性ヴォーカルのオムニバスのほう(もう一個あるけどそれはオケがお化粧しすぎでイヤ)。商売的には、中島美嘉さんで売れて知ってもらえて「バンザーイ!」なんだろうけど。この川江さん、もっともっと知られて欲しいなぁ。

|

« 「孤独」、アレンジ出来た | トップページ | ジプシーJAZZ »

コメント

tonさん毎度です。

やっぱりそうですか。中島美嘉、ダメですね。私も受け付けません、あの喉声。加えて平井堅もダメです。裏声も一つなんでしょうが、せいぜいAくらいまでは地声で出してもらいたい。槇原の声が好きなのは、芯のあるぶれない太い声だから。別に声質が似てると言われてるからじゃないですよ。(よく言われますが私の声はもっと細くて気に入らない声です。)

どうして「私は歌手です」と言えるんだろうという歌い方をする人が売れていますが、まあ「趣味の問題」ということで済んでしまうんでしょうね。まあ私がこき下ろすのも「趣味の問題」でしょうけどね。

失礼しました。

投稿: をーつき | 2008年5月 3日 (土) 23時45分

連続で失礼します。言い忘れました。

浜崎あゆみさん。耳の病気は同情しますが、その前から彼女の声、終わってますね。言い過ぎかもしれませんが、聞くと吐き気を催すのです。本当に気分が悪くなるので、ファンの方申し訳ありません。生理現象ですので・・・・・・。

ちなみに、中島美嘉を含め喉声ギャルズが好きになれないのは、気持ち悪いくらいのビブラートもあります。だから吐き気を催すのかもしれません。あ、ファンの方には重ねてお詫び申し上げます。でも生理現象ですから・・・・・。

またまた失礼しました。

投稿: をーつき | 2008年5月 3日 (土) 23時54分

>をーつきさん
言い得た言葉があった。

>芯のあるぶれない声
僕の好き嫌いの場合「太く」ある必要はないけど、「お金取って」歌う人に、これは欲しいかな。aikoとかはヘタだけど、それ感じるし。平井堅を、をーつきさんはキライみたいけど、あの細い声としての表現のブレはそんなにないように思う。演歌歌手のヴォイスコントロールはホントすごいね。

こうやって書いてると、言葉が全部自分のあり方に帰ってくる。怖いね。いろいろなものしっかり身体に通して、自分を振り返っていきたいね。

投稿: さかた(Ton) | 2008年5月 4日 (日) 05時05分

またまた毎度です。

>演歌歌手のヴォイスコントロールはホントすごいね

確かに。メロディーとアレンジが単調だから聴かないですけどね。以前忌野清志郎とユニット組んだ坂本冬美の声に惚れました。

特に女性の演歌歌手の声はスゴイです。

投稿: をーつき | 2008年5月 4日 (日) 13時17分

>忌野清志郎とユニット組んだ坂本冬美の声
これHIS(旅行会社じゃないよ・笑)って言って、細野晴臣さんも入ってなかった?
僕が凄いなと思ったのは、昨年の紅白歌合戦での石川さゆりさん。大晦日はウチはお疲れさん的にまったりしたい。変なお祭り騒ぎがキライだから、紅白はテレビでなく、ラジオで聞いてる(あまりにひどい歌の場合はスイッチ消してる)。何故かわからんけどポップ系の出演者(歌手とはいいたくない)が、モニター不調だったのか悉く音をビミョーにはずして歌ってる中、唯一ビシッとはずさなかったのが石川さゆりさんでね。これ、ホント凄いと思った。

投稿: さかた(Ton) | 2008年5月 5日 (月) 06時07分

たびたび失礼!

音外さないように歌うには、絶対音感がないとダメだからね。音を聞かずともピッチを合わせるのは、絶対音感があっても結構厳しいところだから、本当にすごいんだろうね、石川さゆりさんは。

それにしても、ラジオで聴く紅白というのは粋ですね。私もテレビで見るのがイヤだから紅白はほとんど見たことがありません。

投稿: をーつき | 2008年5月 5日 (月) 09時28分

>ラジオで聴く紅白というのは粋ですね。
うん、いいもんだよ(^^)。燗酒つけてちびちびやりながら、1年のゴールを味わう。紅白の喧噪も視覚的にやってくるとイヤなんだけど、こうして味わうと風物詩になる。
視覚のまやかしがなくなるから、歌のダメな出演者は本当に聞けなくなってスイッチ消すし、素晴らしい歌手はほんとうにしみいってくる。

投稿: さかた(Ton) | 2008年5月 5日 (月) 10時24分

私も演歌ってとっても難しいと思っていました。

古くからの友人に、(私の主観で)歌がうまくない男性がいます。
カラオケに行っても生楽器で歌ってもうまくなかったのを、よくからかっていました。
最近その友人とカラオケに行ったら、演歌だけは、男性の曲も女性の曲も、音程・声量・表現しっかりと、見事に歌って驚きました。
でもやっぱり、演歌以外の歌はへたなのです。

ラインが単調ゆえ、ついていけるのか、だからついていける曲ならジャンル問わずにうまいのか・・。
どうしてなのでしょうね。
いったい演歌とはホントに難しいのかどうか、悩んでしまいました。

ちなみに私はハードロック少女だったので、音程は自信ありますが、歌い方はぜんぜん違うので演歌はあまり歌いません。

投稿: IE treble | 2008年6月27日 (金) 21時07分

>IEさん
演歌って聞けば演歌とわかる、パターンありますよね。
へたすっと僕でも一発で伴奏出来ると思える時あるぐらい。その聞かせるツボを知ってさえいれば、音程・声量・表現ともしっかりいくんでしょうね。

どんな音楽もそうなんでしょうね。JazzならJazz、ボサならボサ、レゲェならレゲェで、そう聞こえるツボを掴めないセンスのないやつはいつまでやってもダメ。自分の頭の中だけで音が鳴ってアウトプットは全然なってないオナニープレイなんでしょう。ああ、自分で書いていて胸が痛い(笑)。

IEさんのレスコメントいただいて逆に思ったんですが、ポップスが音程はずれて聞こえるって、むしろ音が聞こえるようになってきたのか、と。最近のポップスはテンションコードバリバリですもんね。それをどうオシャレに聞かせるかで存在してる部分があるから、外れて聞こえるのがむしろ自然なのかと。隠し味にするはずのピッチが
バランス悪くて突き抜けて聞こえちゃってそうなってる部分があるのかもしれないとは思いますが。。。

投稿: さかた(Ton) | 2008年6月28日 (土) 00時17分

演歌はパターンがあるゆえに、初めて聞く曲でも聞いたことがある気がしたり(笑)
彼は演歌に関しては、うまくコツをつかんでいるということなのかなぁ。


>そう聞こえるツボを掴めないセンスのないやつはいつまでやってもダメ

すみませんすみません(>_<)二度とジャズは弾かないから許してっ(笑)
でも私は自覚しているだけ、マシか?(^-^;)


テンションコードバリバリなんですか?
『テンションコード』の意味はつかめましたが、それが使われているのかはぜんぜんわかりません。
ポップスはテンションコードが使われているから、どの音を出しても、13thまでコードのどこかの音にはあたるということなのかな?
彼の場合、短二度くらいのレベルで音をはずしているように思います。演歌になると<なぜかぴたりと合う(^-^;)

投稿: IE_treble | 2008年6月29日 (日) 23時02分

>IEさん
>演歌はパターンがあるゆえに、
>初めて聞く曲でも聞いたことがある気がしたり(笑)

バッキングなんか、そういう演歌フレーズだらけですよね(^^)。でもあれを美味しく使えないと演歌らしく聞こえないんですよね(^^)

>でも私は自覚しているだけ、マシか?(^-^;)
モーツァルトでもバッハでも、らしさってあるような気がするけど。どうなのかなぁ。

>テンションコードバリバリなんですか?
むしろ「C・F・Gえいやっ」てのもあるけど、往々にして9thや♭5thあたりは当たり前に出てきますよね。連結時のディミニッシュとか。でも、しっかり耳で「これはどんなテンションが使われてる」を判別出来るようなすぐれた耳はないから、そうじゃないかってだけの甘い判断でのレスで申し訳ない。

>ポップスはテンションコードが使われているから、
>どの音を出しても、13thまでコードのどこかの音には
>あたるということなのかな?

いや、オケを聞いて歌う時に、ドミソやレファラ的な三和音とは異質な音が入ってるから、どこの音を聴いて自分のメロディを位置づければいいか、そのポップス音痴な彼には、わからなくなってしまうのではないかいな? ぼくが紅白でポップスの人がが音痴に聞こえたのも、へんにそうしたテンションノートとバランス悪くてバッティングしてまってそう聞こえたのかも、と思ったんす。

>短二度くらいのレベルで音をはずして
半音かよ(^^;;;)。それは聞いてる方が気持ち悪いだろうなぁ

>演歌になると<なぜかぴたりと合う(^-^;)
コブシなんかもかなりピッチの揺れを大きいし、そういうルーズさを受け入れる部分が演歌のオケにはあるんでしょうかね(^^)?

投稿: さかた(Ton) | 2008年6月30日 (月) 22時17分

申し訳ないですが、サカタさんのコメントの意味がわからない私(^-^;)
9thや♭5thとかはクラシックでも出てくると思いますけど・・。ポップスは多いのでしょうか・・。わかんない・・。
いや、そもそもそのテンションって、何のことですか?弦の張りの強さじゃないですよね^^;

その次の段落については、もうなんとも返答のしようがないほど、理解できません(爆)言葉の意味はわかります。あぁ、ハマさん状態^^;
ごめんなさいっ。

投稿: IE_treble | 2008年7月 1日 (火) 23時22分

>IEさん
レス遅くなってすみません。最近忙しくて。
今日はカミさん、地域の子供会。
ガキ共風呂入れて、さっきまで一生懸命寝かせてました(^^;;;)

テンションノートに関しては下記URL見てくださいまし。
http://www.aki-f.com/kouza/riron/riron_6.htm
下手に僕が説明するより確かです。
「テンションノート」でgoogleしてみてもいいかもです。

こういうコードには音の省略もあるから、それでなおのこと、その演歌さんはメロディの居場所を見失うのかもね。そう感じました。

投稿: さかた(Ton) | 2008年7月 4日 (金) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜の季節は過ぎたけど、、:

« 「孤独」、アレンジ出来た | トップページ | ジプシーJAZZ »