« KY(空気読めない) | トップページ | 父の飲んでた大衆酒場 »

2008年5月11日 (日)

和声の妙、楽しい(^^)

いまソロギターアレンジ中の「桜色舞う頃」、エエ曲やぁ、コレ。詞も象徴的で味わい深い。コード進行もすごく洒落てる。テンションノートが効かせすぎないスパイスのようにちりばめられてて。いま僕は「人前演奏」の精度を上げるための練習はしてない。パフォーマー(演者)ではなく研究家。「耳コピ」「採譜」「音源・譜面の資料を出来るだけ集めての習作アレンジ」で、ひたすら和声の妙を感じてる。でも、それがいま、すごく楽しい。

いまアレンジで使ってるチューニングは、カポも付けないレギュラーチューンだけど、上手く出来てるな、と思う。欲しい時に欲しい音がちゃんと近くにあるもん。ギターって奥深いね(^^)。

|

« KY(空気読めない) | トップページ | 父の飲んでた大衆酒場 »

コメント

毎度です。

チューニングの話がちょっと出ていたので一言。オープンチューニングの曲を聴き続けると「音がだらしないな」と思うのは私だけでしょうか?弾いたら弾きっぱなし。音が出たら出っぱなし。弾く方は楽だし、聞く方もサステインに酔いしれることが出来るんだろうけど、ちょっと違和感を感じるんですね、私は。

いい意味で変則チューニングの「マンネリ」を破ってくれたのがMHでしょうね。スタンダードチューニングは左手の力も借りられるから、逆にMHは右手だけでほぼ同じことをしようとしているからとても大変なことをしていたということですね。

私は思うのですが、スタンダードチューニングで表現できないのなら、オープンチューニングで曲を作ったとしてもダラダラしたしまりのない曲しかできないのではないか、と。全くの自戒の念ですが。

投稿: をーつき | 2008年5月11日 (日) 09時47分

>「音がだらしないな」

習作アレンジをする上で、自分にかけてるいくつかの縛り。

(1)メロディの歌い廻しを重視する。詞付きの曲なら原曲の詞のイントネーションをしっかり活かそうとする。「歌うこと」こそが音楽のキモだろうしね。そのへんをただ単に自分勝手にやっちゃうと、結局自分勝手な、だらしない演奏になる。自分勝手とオリジナリティは違う。
(2)ベースラインの重視。ある意味音楽って、トップノートのメロディとベースラインの動きで出来ちゃう。これを疎かにすると、なんにも自分の音楽的な幅が広がらない。狭い自分のままのツマラナイ音楽になる。
(3)コードとコードの間は音楽的に繋ぐ。よく知ってるようなフォーク弾き的なコードフォームに行きたくなるけど、それやるとたいていは唐突な繋がりになる。「そのコードであっても、ホントにその響きでいいのか」をちゃんと考えて使う。9割方は資料譜面にあるようなコードの響きを味わいつつ作るけど、必要だと思えばテンションノートも差し替えるし、ベースラインもいじる。

僕程度のアドリブだと、まだ「だらしない」だけなんだよね。これじゃマンネリでつまらん、マスターベーション演奏です、だからいまはムリせず時間かけて考え抜こうとおもってます。
僕がいま「いい」と思って取り組んでるもの、全部「ちゃんと考え抜かれて」ます。思いつきだけじゃ、ダメです。

投稿: さかた(Ton) | 2008年5月11日 (日) 10時18分

“チューニング”って私の思ってるチューニングとは違うんでしょうか??
ウチの旦那さん赴任先から帰ってくると、居間でくつろぎながら必ずギター抱えます。いいんですけど、やかましいです(^^ゞ
上手ならきっとやかましいとは思わないんだろうけど、めっちゃ下手っぴで。。。で、それに歌がついた日にゃぁ、悪いけど大爆笑です。
せめてギターはきちんとチューニングしてから弾いたらどうかと、ちょうど今日言ってみました。すると、音が狂ってることがわからないって言うんです。まぁ、本人が気持ちよく歌えるのなら、それはそれでいいのかなぁ~

投稿: ぴ~ちゃん | 2008年5月11日 (日) 21時55分

>ぴーちゃん
すみませんが、音楽に関しては歯に衣着せるつもりないので辛口です。ぴーちゃんに書いているワケじゃないですしね。

>“チューニング”って私の思ってるチューニングとは
>違うんでしょうか??

レギュラーの方は違いません。オープンの方は違います。狭義には、そちらはどこも押さえないでジャランと弾いただけで、何らかの和音(ドミソだけで構成されてる)がなるチューニングのことですね。

>ウチの旦那さん赴任先から帰ってくると、
>居間でくつろぎながら必ずギター抱えます。

同好の士はとても嬉しいです(^^)。とにかくジャラ~ンとやるだけで癒される気持ちってのもわかります。けど下は辛口です。

>いいんですけど、やかましいです(^^ゞ
>めっちゃ下手っぴで。。。
>で、それに歌がついた日にゃぁ、悪いけど大爆笑です。

ナイショで録音して聞かせてあげましょう(^^)。それでご自身で聞かれてどう感じられるか。。。。悲しいかな、芸能に関してはいくらその人が好きであろうと、ヘタクソのやるものは「公害以外の何ものでもない」んですよね。迷惑。芸は心だなんだ言っても「心以前」です。気持ち悪いんですから。
その点、ぴーちゃんやジロー隊長のやっておられるロードレースはハッキリしてます。がんばればがんばっただけ、その人の体育的才能に見合ってタイムに反映されます。どんないい自転車に乗って自慢しようが練習嫌いは勝てません。足切りタイムのあるレースなら参加資格すら剥奪されますものね。
芸能はタイムみたいな絶対的な物差しがない、好き嫌いって部分も大きいから。あいまいですね~。で、なおかつ関東人は、傷つきたくない(自分の演奏も悪く言われたくない)から、ゴミな歌・演奏すら褒めてしまう。悪循環です。僕はダメなものはダメとハッキリいいます。当然、自分の演奏もそう言ってもらえていいですしね。

>せめてギターはきちんとチューニングしてから
>弾いたらどうかと、ちょうど今日言ってみました。
>すると、音が狂ってることがわからないって言うんです。
>まぁ、本人が気持ちよく歌えるのなら、
>それはそれでいいのかなぁ~

よくありません。普通のチューニングくらいはハッキリ出来るようになれ、って強く言ってあげてください。僕、あるアマチュアライブでチューニングすら出来てないバカがいて、初対面にも関わらず「チューニングぐらいちゃんと出来るようになれ! 今のままじゃお前は全く聞けない! 人前でやるな!」ってハッキリ言ったこともありますよ。陰口はいやですから。
チューニングが出来れば、まぁガマンして聞けるようにはなります。でもそれすら出来ないなら、それ、音楽以前・ガマン以前、家の中だけでないご近所まで含めた公害です。自転車乗れない人間がロードレーサーを買うより迷惑です(自転車だと部屋に飾って磨いて眺めて満足する分には迷惑じゃないですもんね)。できないならまずそれぐらいは楽器屋さんなりギタースクールでみっちり習ってほしいです。それでも出来ないならギターだけでなく音楽やめてください。全く才能ありません。自分は気持ちよくたって家族だけでなく近所の迷惑にもなりますからね。いったいご主人はギターを何年やっておいでですか? はじめたばかりならある程度それはわかりますけどね。弦の材質の違いから来る音色の違いで、わかりにくいこともあります。
でも、その人が楽しくて心から癒されてるものに対してそういうこと言うのは、ほんとにほんとに大切な連れ合いだけに言いにくい、いや言えないですよね。自分で好きではやってますが、つくづく悲しい趣味だなと思います。

でも僕、こんなでかい口叩いたってこんなものです(^_^;;)。下記URLで僕の演奏(オリジナル&既成曲アレンジのギター曲)が聴けます。
http://players.music-eclub.com/?action=user_detail&user_id=93803

投稿: さかた(Ton) | 2008年5月12日 (月) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和声の妙、楽しい(^^):

« KY(空気読めない) | トップページ | 父の飲んでた大衆酒場 »