« 長男、初勝利! | トップページ | 勉強すら出来ねぇよ »

2008年7月24日 (木)

自転車通勤、はまりそう(^^)

Image001 さすがに仕事帰りにこれだけ歩けばもう飽きた(地図参照。これは今年の分でしかない)。自慢だが(決して謙遜しません)、僕は街中に関してはかなり方向感覚が鋭敏。道に迷いたくてしょうがないのだが、どうやっても迷えない。歩いているうちに結局知った道に必ず出てしまう。

だもんだから今日、半休とったついでに職場までの自転車通勤、やってみた。相模原から国立まで21キロを1時間10分だった。これ、面白かった。毎日やるのはツラいけど、週末に隔週ならできそう。ギターの朝練しないで自転車出て、どこか見学&写真撮影して出勤するの、いいな。帰りがけに一駅歩くのだともういけるところはほぼみんな行ってしまった。

これすら飽きたら僕はどうすればいいんだ。
車はイヤ。早いだけで止めるにも景色を凝視するにも不自由な道具。僕にはあれは点と点の間を結んで、荷物や人をたくさん運べる便利な移動手段に過ぎない。身の回りにある大切な物をしっかり眺める道具としては不向きだ。スポーツカー乗ってガソリンを大燃やしして水と二酸化炭素と窒素酸化物をまき散らし、速度違反しながらエンジン音とスピードの官能に浸る趣味は僕にはない。

|

« 長男、初勝利! | トップページ | 勉強すら出来ねぇよ »

コメント

毎度です。

あれれ、同じこと考えている人がここにいましたね。今度の会社は片道20km。ラッキーなことに、川沿いのサイクリングコースを十二分に使える。今の時期は暑すぎるけど、秋には自転車乗りまくってるんじゃないかな?確かにリッター180円というのは法外。だったらコンビニの安いジュースをエネルギー源にしたほうがまだまし。

食べ物は天の恵み。いただいたものを、汗と吐息という形で自然にお返ししましょう。そして下っ腹が引っ込めば1石2鳥。まさにいうことナシです。

投稿: をーつき | 2008年7月24日 (木) 22時28分

自分も車は好きではないのですが・・・・

困ったことに田舎に住んでると、車が無いと何も出来ないのです。
バスは無い、電車は無い、目的地までは遠い。
通勤距離の11km、毎日自転車では、この年齢ではちょっと辛いっすね。

最初は歩いて通えるところに勤務先があったので、就職を決めたはずなのですが・・・・。

投稿: 調 | 2008年7月24日 (木) 23時21分

都心に引っ越してきたら私は車は売ってしまいました。
駐車代がバカにならないし。
で、今のガソリン代のことを考えると、売って正解だったと思ってます。

自転車ってのは小回りがきくからいいですよね。
運動にもなりますし。
自転車用の道路ってものを、国はもっと重要視したほうがいいかもですね。でも、狭い日本の国土事情じゃ、難しいのかなあ・・。

とりあえず、自転車通勤の問題点は、急に豪雨が降ってきた時などですね・・。

それでも、春や秋のよく晴れた日なんか、気持ちいいでしょうね〜。

投稿: 時代屋だんぞう | 2008年7月25日 (金) 13時32分

ううう、う・・
なんてことでしょう。世の中うまくいきません。
私は迷いたくないのに。そして毎回ちゃんと新しいところに行く際は下調べもするA型気質なのに。
毎回ちゃんとしっかり迷います。
そして私と同じタイプの方も2名ほど存じてます。
その方もなんとダウンロードしてきた地図片手に
握り締めてたりします。

投稿: ねも | 2008年7月25日 (金) 20時59分

>をーつきさん
>川沿いのサイクリングコースを十二分に使える。
これ、すごくウラヤマシイね。今回走ってみて思ったけど、正直な話、道路はマジでアブナイ。車通り多いし。走りまくって生きていられるかどうかはある種「賭け」の部分も感じる。
JIROさんのブログ読んでて思うけど、荒川・利根川水系はサイクリングロードがしっかりしてるよね。これを基調に公道で上手く繋げば、結構いろいろなところにいける


>調さん
>困ったことに田舎に住んでると、車が無いと何も出来ない

何度かお邪魔してますからね。おっしゃるとおりだと思います。電車の本数も少ないし、目的地はほぼ全て道が繋いでますからね。僕も相模原に住んでいるからこういうことが出来るんだと思います。僕も自転車が全てだとは思ってません。必要な時(荷物運ぶ時、家族で動く時)は車使いますもん。便利です。ただ景色をしっかり見たい時の道具としては不向きというだけ。それやったら事故起こしますから(経験あり)。車自体が趣味じゃないから、言える言葉なんですよね。

>通勤距離の11km、毎日自転車では、
>この年齢ではちょっと辛いっすね。

しかも外気は毒ガスに汚染されてますからね。車という隔離空間がないと危険ですよね。


>だんぞうさん
>駐車代がバカにならないし。
「車に住まなきゃいけない」ぐらい、高いですものね(笑)。

>自転車用の道路ってものを、国はもっと重要視したほうが

正直言えば、川沿いには自転車・歩行者専用道路欲しいです。一般道は正直車が怖い。自転車乗りの気持ちもわかるドライバーばかりじゃないですからね。
上にも書きましたが、大河川のように河川敷が広いと満足なサイクリングロードが整備出来るんですけどね。ウチの周りの境川や大栗川なんかだと、ちょろっと整備はされてるんだけど、ちょっと大きい一般道と交叉するところでは、離れた横断歩道まで渡りにいかなくてはならない。これすごくまどろっこしい。まっすぐ走りたいのに。
でも、好きだからといってどこまでワガママ言っていいか、という迷いもあります。サイクリングロードでも自転車乗りの方がしっかり歩行者(マラソン愛好者とか)に気を使える人間でないと、また事故が起きますしね。

>自転車通勤の問題点は、急に豪雨が降ってきた時
危険な予報のある時は、ハナから乗らないようにしようと思います。僕の場合、その時は歩けばいいんだし。


>ねもさん
>毎回ちゃんとしっかり迷います。
迷う人って、きっと「言葉の人」なんだと思います。
地図を言葉で翻訳して捉えてる(何本目の角を曲がってとか)。僕の場合、もっと鳥瞰的なんですよね。方向と距離感、そして何が見えるという景観でしかない。
記事にあげた地図が僕の歩いたルートですけど、これほぼ全部地図を持たずに歩いてます。それでも大体目的地ついちゃうんです。
ねもさんみたいな言葉の人は詩人になり得ますが、僕はムリです。言葉自体からイマジネーションをひろげられない。詩人やソングライターには絶対になり得ません(^_^;;;)

>そして私と同じタイプの方も2名ほど存じてます。

そのウチの一名は、僕もよく存じ上げてます(笑)。
先日空中写真をみんなで見ながら、「絶対的自信の末に間違える」その凄さの片鱗を堪能させていただきました。あのお方の魅力です(^^)。

>ダウンロードしてきた地図片手に
>握り締めてたりします

歩く方向に向かって地図は回して使った方がいいです。頭の中で回しては迷うもとですね。

投稿: さかた(Ton) | 2008年7月26日 (土) 00時36分

おはようございます。今日はすっかり寝坊しました。それにしても朝寝坊はいつも心地いいです。

>荒川・利根川水系はサイクリングロードがしっかりしてるよね。これを基調に公道で上手く繋げば、結構いろいろなところにいける

ホントそう。うちからでも渡良瀬川・利根川・江戸川経由で葛西臨海公園までいける。これはすごいこと。群馬県は「自転車でTDLに行こう!」と、大真面目でキャンペーンしてるくらい。予算をしっかり取って整備してるよ。

さっそくだから、それを生かさないと。自宅から渡良瀬川までちょっと距離あるけど、会社まではほぼ川沿いでいけるからね。確かに片道23kmくらいあるから毎日だと大変かもね。

投稿: をーつき | 2008年7月26日 (土) 10時56分

僕も今朝は寝坊した。毎朝5:30起きで、目覚まし散歩&ギター朝練してるから、一日ぐらいしっかり寝とかないとね。いまカミさんが子ども連れて夏祭りの準備に出てる間の午前中に、勉強&家事&どっかでギター弾けるといいけど(心配の種増やしていきやがった)。。。

>自転車でTDLに行こう!
これいいね。
そうそう「渡良瀬川・利根川・江戸川経由」ってことはまさに江戸時代の内陸水運ルートを体感出来るってことなんだよな。それにもう一つ、利根川の瀬替え(江戸湾に注ぎ込んでた利根川を渡良瀬川にくっつけて銚子に流した)もテーマに出来る。
そういう歴史テーマ企画のサイクリング、あってもいいよね。

投稿: さかた(Ton) | 2008年7月27日 (日) 08時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自転車通勤、はまりそう(^^):

« 長男、初勝利! | トップページ | 勉強すら出来ねぇよ »