« ヤビツ峠に行った | トップページ | 3日の朝食は… »

2008年9月 4日 (木)

昔みたいな変速機、ほしいな

最近の変速機付き自転車、ほとんど全部、変速機はインデックスタイプだ。どういうのかというと、1速・2速とカチカチいうラッチがあって、そこに合わせるとしっかりそのギアに変速するというモノ。だがこれ、めんどくさがりの僕は嫌い。デリケートすぎ。ちょっとルーズに油差しなどの手入れを怠ると、うまく作動しなくなる。

昔みたいな変速機ないのかなぁ。指で覚えた感覚で変速機のレバーを動かして止め、適当な歯車を選ぶタイプのやつ。インデックスタイプはすぐヘソ曲げるし、調整めんどくさいしで、ヤ。レースの出るような人たちは必要だろう。でも僕はレースに出るワケじゃない。素早くシビアでライバルに悟られないギアチェンジで勝敗の決するような景色を見る余裕すらない走りなんざもったいなくてしたくない)。サイクリング派の僕に必要なのは「ルーズな堅牢さ」。ケーブルを適当に繋いだだけで変速でき、調整しやすく何があっても変速・調整出来るのがいちばん。ちょっと手入れがルーズになっただけで、トンチンカンな変速され手がかかるなんてヤだ。僕は自分勝手だから、僕よりセンシティブな道具はキライだ。僕に世話なんぞかけさせてほしくないや。

|

« ヤビツ峠に行った | トップページ | 3日の朝食は… »

コメント

うちの小径はバーコンですが、アルテグラのSTI、デュラのスプロケの組み合わせより変速がスムースですよ。機構がシンプルだからだと思います。

市川雅敏さんのツールドスイスのビデオを見ると、走りもそうですが、Wレバーの変速が素早いことに驚かされます。(立ち漕ぎしながら一瞬で変速する)

昔の達人からすれば今の変速機は生ぬるいでしょうね。

もちろん、壊れにくいでしょうしね。

投稿: dog_song_jack | 2008年9月 4日 (木) 11時00分

昔のWレバーかバーコンを探してくればOKだよ!

投稿: JIRO@超級山岳症 | 2008年9月 4日 (木) 13時52分

最初、「バーコンって何?(^^;;)」って思ってしまった(笑)。
カリカリに焼くと美味しいやつかな(それはベーコン)とか(^^;;;)。
DHハンドルの先に付ける、あのシフトレバーのことなのね。
そうか、あれはフリクションなのかぁ。

>dog_song_jackさん
>市川雅敏さん Wレバーの変速が素早い

レースだと必要かもしれないけど、インデックスの必要ってホント感じないなぁ。フリクションの時代に、僕でもギアチェンジって、思ったところにほぼ100%スパッと決まってたしね。レバーで微調整ができるのがとてもいい。

>JIROさん
>昔のWレバーかバーコンを探してくればOKだよ!

ご教示感謝します。そうだよね。ラッチがあるのはレバー側なんだから、レバーにラッチがないやつ探してくればすぐ改造出来るんだよね。
バーコン&ブルホーンでの改造、惹かれるなぁ。でも、今乗ってるボロGIANTではそこまではいいなぁ。乗り換える時にちょっと考えようかな。次狙ってる自転車もGIANTでESCAPEなんだけどね。
せっかくだからSISももう少し理解を深めてみようとは思いだしてきました。下手に改造すると高くつくので(笑)。

投稿: さかた(Ton) | 2008年9月 4日 (木) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昔みたいな変速機、ほしいな:

« ヤビツ峠に行った | トップページ | 3日の朝食は… »