« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

長男、今日で10才

Img_0864_edited とうとう"つばなれ"(意味はgoogleしてみてくださいまし^_^)だ。男の子は基本的にアホだから、言うこと聞かないわ、ムチャだわ、自分勝手だわで、担任の先生やお母さん(ボクのカミさんね)に心配はかけている(T_T)。誕生日プレゼントの、トレジャーガウスト・ナビライザーは嬉しさのあまり酷使して半日でタッチパネルを壊したっぽいし^_^;;;。基本的にかわいらしいバカである(^_^)。そろそろ、もうちょっと落ち着きが欲しいなぁ。

Img_0862 でも褒められるべき事がある(写真参照)。これ、長男が今年の天気を今年の1月1日から全部記録した記録表。僕ら親がデータをフォローした部分もあるが、天気図記号を全部書き込んだのは長男。よく頑張ったと思う。

長男が宿り・生まれてから10年。照れずに書くが「愛とはなにか」「人生でいちばん大切なものは愛」ってことは確信出来た。安っぽい歌謡曲的な、互いの存在の「自分勝手な求め合い」ではない(それは恋という名の風邪ひきでしかない)。「愛」とはその対象が仕事であれ人であれ「大切なものに自分の全存在(美しいもの・汚いもの全部)でぶつかること」だ。それを僕ら夫婦に先頭切って教えてくれてるのは長男だし、家族全員のお互いだ。イヤだな、疲れたな、と思うことは正直ある。でも息子らの存在は"未来そのもの"。ほんとうにありがたい。

改めて思うが、長男も10才か、、この10年もう一回やると、あいつは成人式。恐ろしいな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年散歩&自転車移動距離

今年の総散歩距離・自転車総走行距離・撮影写真枚数は下記のようになった。

【散歩】
総散歩距離:578.707km(GARMIN GPSで計測)
散歩時撮影枚数:3803
軌跡をカシミール3Dで図化するとこうなる。赤い線が歩いた軌跡。
Map_walk2008







【自転車】

総走行距離:3374.896km(GARMIN GPSで計測)
自転車時撮影枚数:1702
同じように軌跡をカシミール3Dで図化。赤い線が走った軌跡
Map_bike2008






自転車をベースに、隙間を埋める形で歩いてるといったところかなぁ。昨年に比べて大幅に自転車が増えている。はっきりと僕に自転車が還ってきた(^_^)。江東区に住んでいた頃は排気ガスで空気が悪く、走る気をなくしていた。サイクリングロードばかり走るのは、サイクリング派の僕にはつらいことだしね。相模原に来て、僕にとっての自転車環境は明らかによくなったな。
やはり、「地域を見つめる」という意味では「歩く」ほうが密度が濃い。距離の割に写真を撮ってる枚数("おやっ?"と思う回数)が多い。だが、一昨年の地図(散歩)・去年の地図(散歩自転車)を重ねてみてもこれだけ歩くと、一度歩いた場所を何度も歩くのはちょっとツライ。僕は発見や見つけたものの意味を考える喜びが欲しい。

別に毎年これを上回るべくやろうとは思わない。ただの記録。でも僕がものを考えるベース。僕の目を通して、多摩を中心とした関東地方の現在を、出来る限り記録しようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

大掃除のBGMは…

朝飯前に昨日やりきれなかった窓ふきを終え、現在は洗濯物を畳んでます。隣でカミさんは洗濯物を干して。洗濯が終わってるので、あとは洗濯機の下の水垢だな。これで「大掃除」はヤメにする(^^)。
BGMは「J.S.バッハ/マタイ受難曲」^_^;;;。別に「受難」を感じながら大掃除やってるわけじゃございません(笑)。下手に明るい曲より合うのね。正面切ってマジメに聞くより、すーーっと心に沁みてくる。昨日も茶碗洗う時のBGMは「J.S.バッハ/2声・3声のインベンション」だったし(笑)。バッハはエエっす(^^)。

今日の午後は25日に向けた楽しい練習だぁ(^^)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

只今、窓ふき中

朝飯前に神棚・仏壇を掃除して現在、窓ふきしてます。カミさんがお茶入れてくれてひと休みしながらブログカキコ。結露でできたカビが頑固だ。全部の窓はやらん。大掃除は気合い入れすぎると身体壊すから。結婚1年目の年末、大掃除を一生懸命やったのはいいが、疲れすぎたか元日の晩に発熱・嘔吐で救急病院に行くハメになったことがある。

午後おそくまではやらんぞ。
天気もいいし、サイクリング行こっと(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

障子を貼り替えました

Img_0854_edited 大掃除は全部なんかやるかよ^_^;;;。身体壊すからピンポイントだ。だが障子は張り替える。これは僕担当。今日やった(写真参照)。昨年もやったがウチの怪獣ども(息子たちともいう)に数ヶ月で穴だらけにされた^_^;;;。もし年内中に穴開けやがったら。。。。折檻必至じゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!

あとは仏壇・神棚と洗濯機下の水垢と窓だな。ほかはルーティンな掃除で新年迎えるぞ。年賀状は昨晩書き終えた。喪中続きで2年ぶりに出せるのが嬉しい。今晩は息子どもの風呂・茶碗洗いは僕担当、カミさんが年賀状書く時間、作らなくちゃ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

父とも飛行機見てた

Img_0842_edited 厚木基地の滑走路に南側から進入するFA-18スーパーホーネット。22日のサイクリングに行った時に撮影。僕ぁ男の子なんでやっぱり眺めてんのが好きなんです。小学生時代、父と眺めてた時はコルセアやファントムだったな。まだ哨戒機でもトラッカーが飛んでた頃だわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

芸術なんかクソクラエ

今日、ある用件である人達に出会った。ごく普通に生きるサラリーマンのご家庭。でもすばらしい人たちだった。生活そのものが愛に溢れ、心が行き届いていて。派手なものなど一切ないが、目立たない何でもない日常生活そのものがほんと素敵だった。

ステージで何かやろうなんて奴にろくな奴はいない。目立ちたいのが基本。そんななかで才能があり(誰にでも才能があるなんてウソ、僕にはつけません)、それを誠実に磨いたものだけが、他人様を感動させ、他人様の人生に役に立つことが出来る。あとは悪いが、ステージにはいなくてもいいゴミだ(僕こそそう)。別に何も伝えてもらわなくたって、人は皆、心臓が鼓動を打つ間は必死に生きようとしている。それ以上にステージで伝えられる何かが、僕にある自信なんざねぇや。ただ好きだから勝手にやっているだけだ。

今日お会いしたご家族が誠実に生きてきた生活そのもの、それがどんな芸術作品よりも高貴なものに感じた。これ、誰でもやってることなんだよね。下手に芸やるより普通に生きてるほうがよっぽど美しいよ。芸術なんかクソクラエだ。ナマハンカな芸術なら世の中に存在する必要はない。そんなもんにごく普通の人に伝えられるものなど何もないもん。単なる表現者本位のマスターベーションに過ぎない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

サンタサンへ…

「ぼくがほしいのは、トレジャーガウストのナビライザーです。そのおもちゃをください。おねがいします。○△(長男の名前)より」
25日の朝、長男の枕元に、くつしたや帽子(何故帽子をおいたのだ??)と一緒に、こんなサンタさんへのお手紙がありました(^_^;;)。でもサンタ("三太"か^_^;;;)さんのプレゼントは、「2006年サッカーワールドカップ日本代表DVD」だったようです。次男には消防車のミニカーセットだったようです。

大晦日には誕生日がやってくる長男。
年末年始には奴の「この世の春」が続きます(^^)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

今晩は、一杯やって帰りました

クリスマスイブ、いったいこれを口実に、日本では今晩、男女の交合の中でどれだけの精液・愛液が流されるのだろう(爆)。今晩、僕は立川の立呑屋で一杯やって帰りました。クリスマスなんかバカらしくて(似非インテリのヤ~な感想だこと・笑)。イエズス・キリストなる酒好き・食いしん坊な愛すべき魅力的なオッサン(「葡萄酒を我が血」「パンを我が身体」というなんて相当なヨッパライ&食いしん坊だ^_^)が生まれただけの誕生日を、何故無関係な僕が祝わなくちゃならないの? クリスマスもキリスト教の営業努力(布教とも言う)で、北欧の宗教と合体して生まれたもんでしかないでしょ。だいいちイエズスが生まれたベツレヘム(中東)にモミの木があるかよ。トナカイもサンタクロースの橇も明らかに北欧じゃんか。

でも息子どもへのクリスマスプレゼントは用意した。僕もクリスマスプレゼントはもらえたからね。同じくらいのことは息子たちにもしてあげたい。それだけ。「サンタはいるの?」と聞かれたら「お前が考えな」と突き放すつもり。息子どもの夢を守るために、それっぽい英語で書いたメッセージカードを毎年つけてる。さてこのブログにいつ長男が気付いて本当のことを知るかな。

母がカトリックのクリスチャンだから、小学生時代の僕もイブの礼拝に何度か連れて行かれたことがある。あのイブの礼拝は好き。母と共にいた空間だから「胎内回帰」的な感情が多分にあるとは思うけど(僕は母に言いたいことを言うが、やはり母は大好きな普通のマザコン男だ。ミケランジェロのピエタ像は大好きだし)、ロウソクの明かりの中で、聖堂の中でイエズスを愛する者たちが心静かに共に過ごす時間、あれはいい。イエズスなぞ、人が心を一つにする「方便」でしかない。でも、その心を一つにする時間は平和だ。2000年近くそんな方便になり続けられるだけでも、魅力的な男だったんだろう。釈尊もイエズスも、一緒に飲めたらどんな話聞かせてくれるんだろうな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

ウチの吉ブラ

Img_0811 某ピアノ弾きシンガーさんではないが、20日(土)にウチも一家四人、吉祥寺をぶらついてきた。カミさんが行きたがっていたがなかなかいけなかったので。子連れで動くと相模原-吉祥寺は、やっぱり遠いのよ。

小学生までのカミさんが育ったのは京王線沿いの杉並区内。だから吉祥寺の街や井の頭公園には、義父母とそれはよく来ていたらしい。それにカミさんの母校は東京女子大("Ton女"ねぇ^_^;;;)、隣の西荻窪とともに学生時代を過ごした街でもある。だから故郷帰りみたいなもんだ。

井の頭公園でボート遊び(ボートには僕と息子たち二人で乗り、カミさんはしばし一人)。井の頭公園ではたくさんのストリート芸人がいる。ギター弾いて歌ってたり、ナイフ芸の大道芸人さんがいたり。「人前で芸をする」ってことの意味、自然に考えた。子ども中心にしばし遊んで北口へ。アーケードをブラブラ歩いて東急百貨店のそば屋でご飯。ここ数年でいただいたりして貯まったデパート共通商品券で食べた(笑)。その他、次男のズボン買ったりして、商品券はキレーに使っちゃった。気持ちよかったなぁ(^^)。吉祥寺の街でカミさん、とってもいいカオをしてた。カミさんの実家で見る「旧姓のカミさん」の表情。ごく自然に街にとけ込んでる。都会とはいえ、ほんとカミさんの故郷なんだな。いい一日でした。
Img_0823_2

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

温浴…

という文字をたまに街で見る。

Img_0297_edited 一瞥で僕は「混浴」と読み違え(笑)、「きゃー、ヤラしいいい! すけべぇぇ! よくおおっぴらに書け…、、あ、温浴かぁ。」となる。

すけべは僕でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

Sanctus→Pie Jesu

休みの朝、メシ食った後、茶碗洗いながらいきなりフォーレのレクイエムを聴いてる。岩橋さんにもらったジョン・ラッター盤。「朝っぱらから鎮魂歌(レクイエム)かよ?」かもしれんが、聴きたいものは聴きたい。親友のお父様のお葬式に参列した影響も、あるかもしれない。
昨年、第3曲目「Sanctus」が心に響いたのだが、久々に聴き直してみて、第4曲目「Pie Jesu」への橋渡しに改めてじーんときてしまった。Sanctusで天上から降り注ぐ光を浴び、Pie Jesuの許し・慈愛に包まれてゆくようなストーリーを感じる。やっぱ、エエ曲やぁ(^^)。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

自転車、乗り換えた

Img_0803 趣味用のクロスバイク、とうとう乗り換えました。サイクルベースあさひのオリジナル商品「PRECISION」。34,800円なり。これでも、自転車知らないごくフツーの人が自転車買うお値段にしては高いよね。ちなみにJIRO隊長が今組んでる彩雲号だと、このお値段じゃブレーキレバーしか買えません^_^;;;。趣味の世界ってどれもコワイなぁ。でも僕の鈍亀な走りなら、肝心のブレーキ性能もこれで十分。素早い変速も僕には必要ない。ノロかろうが変速さえしてくれればOKだもん(^^)。

最近、自転車に結構乗りはじめて、7年乗ってきたGIANTの駆動系周りから出だした異音。BBやリアハブの点検&グリスアップしてもやはり良くならない。後はスプロケットかフレーム自体でどこかにクラック入ってるか。どこまでお金かかっていくかわからなくなってきた。もう7年使ったし通勤にも使ってるし不安なので、新調することにしました。フレームカラーは夜走っても目立つように黄色。GIANTとのお別れの時には撫でて「ありがとう」を言ってきました。いつものようにウチのマンションの下に置こうとしたら、「盗られちゃうからダメ! 上に上げて!」とカミさんに叱られ、玄関に置かせてもらうことに。

明日から早速通勤に使うつもり。28Cよりももう少し細いタイヤもつくみたいだし。これから自分に乗りやすいよう、ちょこちょこいじっていこうと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

夜景のキレイな場所

Img_0786 Image001 この夜景は日野市平山のあたり、都立長沼公園東端を八王子市南陽台へ向けて越えてゆく坂道のピーク(地図のカメラアイコン〈図の下部〉の位置)から北方面を見た時のものっす。ここ、海抜の割に目の前が浅川の沖積低地だから結構高度感があって眺めがいい(バカと地理屋は高いところが好きなんです^_^;;;)。晴れてると、はるか北の多摩ローム堆積丘陵"狭山丘陵"や西武球場すら見える。
12日の自転車通勤の帰りに通りました。この坂、北側から登ってくると勾配10%くらいのちょいとキツくて楽しめる(バッカだねぇ^_^;;)坂なのよ。下の写真は同じ場所の昼の景色で~す(^^)。
Img_0023

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

来生たかお/浅い夢

今日は、1月25日のライブに向けた相棒との練習日。メチャメチャ早起きしてしまったので、譜面の準備をしている、、いや、しようとしているのだが……^_^;;;。

「来生たかお/浅い夢」にハマってしまった。
先月、久々に相棒と合わせた時に、むか~し演ってたこの曲を、ちょろっとやってみた。見事にコード進行を忘れていたのだが、妙に気になって、さっき「来生たかお 浅い夢」でgoogleしてみた。そしたらYouTubeの音源が引っかかって。。。

聴き直してみたら、すっっっげーイイの(T_T)。

僕がはじめて聴いたのは、さだまさしさんが夏(8月9日)に長崎でやってたコンサート「夏・長崎から」の第1回目(1987年)の録画中継。これで「イイ!」と思って、ビデオに撮ったものからテキトーにコード進行拾ってやってた。もう20年も前。ああ、当時の倍も生きてしまった(笑)。でも今だからこそ、この詞の静かだけど永遠に繋がりそうな強いときめきが、メッチャメチャに沁みる。潮騒と握り合った掌の優しい温もりを感じる。作詞の来生えつこさん、すごいっ! ガァッと歌い上げず(それやったらこの曲ぶち壊し^_^;;)、しっとり歌う来生たかおさんの声、沁みる。歳食うっていいなぁ(^^)。本当にいいものの感じ方が、倍加するわ(^^)。

ただ、今の自分の耳で聞くと、10代後半の自分がいかにイイカゲンなコード進行拾っていたかがわかる。ちゃんと拾ってみたいわ。YouTubeへのリンク、つけました。ぜひ聴いてみてくださいまし(カラオケの歌詞画面のような妙なイメージ画像が玉に瑕だけど)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

カミさん誕生祝いは「鍋」

Img_0772 今晩のカミさん誕生日祝いは「鍋」にした。外で食ったら、メチャ金かかって大して食えない上に、味が濃いだけで美味しくない。やんちゃな息子共が迷惑かけないかの気遣いで落ち着けない。やっぱりウチだ。汚そうが自分の家だし(自己責任で掃除すればいい)、うるさい時は気兼ねなく怒鳴り飛ばせる。カミさんが鍋の準備してる間に、僕は長男の宿題やらせる。とはいえ最近は僕は隣で自分の勉強ができる。それだけで長男のモチベーション維持に貢献出来るようになった。長男も成長したなぁ。

いつもの休みのサイクリング(下の記事、これも僕の心の健康には大切!)から帰って、息子ども連れ出して花屋へ(^^)。カミさんの誕生祝いの花を買いに。「おかあさんらしい花を一つずつ選んでみ」って息子どもに選ばせた。次男が選んだのはオレンジのバラ、長男はかすみ草と深紅のバラを選んだ(上の写真参照)。あとは予算伝えて、花屋のおねえさんにアレンジしてもらった。息子どもにはメッセージ書かせた。次男はまだまだワケワカランもの書いてるが、長男が書いたのと読むと「いつもおいしい料理をありがとうございました」。過去形で書くバカがあるか、このボケ長男(笑)。長男のメッセージカードのウラに僕のメッセージ書いた。これで2500円でした(^^)。

鍋のお供に二人で泡盛古酒(久米仙・35度)飲んだ。鍋も野菜たくさん入れてたらふく食った(ありがたいことだ)。魚介類の具も奮発したから(それでも外で食うよりはるかに安い)、〆のおじやも美味かったなぁ(^^)。さっきみんな風呂に入って(息子ども二人の風呂は今日は僕の担当)、いまカミさんはいつも通り、子ども達寝かせる前に本を読んで聞かせてる。さてこれから僕ぁ茶碗洗いだ(^^)。BGMは何にすべぇかなぁ(^^)。おやすみなさ~い。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

久々の半原越

今日は午前中に、いつもの通りカミさんと手分けして家事やったあと(結婚して感動したことの一つは、掃除・洗濯が一人暮らしの頃の半分の時間で終わること!)、厚木&清川村周りで久々に半原越(無断リンク失礼>dog_song_jackさん)を登ってきた。ヘタレギアを使ってだけど、前回よりも楽しく楽に速く登れた。タイムは31分16秒。僕の場合は道具でも自転車に取り組む姿勢でも、速さは求めてないが、余裕が出来てきたのはとても嬉しい。鈍亀で味わいながら登る峠ってステキだな(^^)。自転車は楽しい!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

今日はカミさんの誕生日

だけれども、今年は忙しい。
カミさん自身、6日(土)は子ども会の廃品回収(カミさんが廃品回収にいってる間、僕は掃除・洗濯・茶碗洗いetc)。7日(日)も子ども会のクリスマス会、僕は出勤。まぁ、そんな忙しい年齢なんだよね^_^;;;。こんな時にお祝いしても落ち着かないから、8日の晩にささやかながらやろうかと。とはいえどっかに食べに行くんじゃなくて家で。家がいちばん落ち着くから。生きて、一緒にいてくれる。ほんとにありがたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

素敵な駅

今日の午後、JR相模線寒川駅からJR東海道線辻堂駅まで10kmほど、旧大山街道を歩いた。で、歩き始めの寒川駅でとても心温まる思いをした(^^)。

Img_0730 Img_0731 これ、駅のトイレの入口。男女別々に暖簾がかかってる。「おしゃれだなぁ。芸が細かい!」と思って振り返った駅のベンチ。小さな座布団が置いてある。なんと細やかな気遣いだろう、と感動してしまった。座ってみたけどベンチのひんやりする感じがなくてとても快適。

お客様と駅を愛するスタッフが揃ってるんだなぁ。こんな風に仕事したいなぁ、って元気もらいました(^^)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

膝掛けの温もり

Img_0729 3日(水)・4日(木)と自転車通勤。これは職場近くの市営有料駐輪場。3日の朝に僕が自転車停めた場所の隣にあった、ハンドルんとこに乳児乗せられる自転車。子どもの座席に膝掛け毛布が乗ってた。恥ずかしながらこれ見ただけで鼻の奥がむずがゆくなって、涙がこぼれそうになってしまった。

この膝掛け、さっきまで乗ってた子どもの温もりが残ってそう。仕事の心配も胸に抱え、目を三角にしながら自転車を走らせてきたお母さん。起き抜けにぐずる子どもをせかしながら無理矢理着替えさせ、ご飯をかきこんで家を出てきた光景が、この膝掛けから自然に見えてしまう。帰りに迎えに行った保育園で安心した顔で走ってくる、お子さんの表情まで。ウチの夫婦の8年前を、この自転車に投影してるに過ぎないのだろうけど。。。4日の朝にすれちがったこんな自転車では、2歳ぐらいの男の子が不安そうな表情で、この座席の取っ手にしがみついてたなぁ。保育園では子どもたち同士こそ戦いだものね。子どもは残酷だから大人社会よりもつらいかも知れない。

一生懸命、みんな生きてる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

プリウス、運転してみた

29日(土)に父の三回忌、その時に親戚が捧げてくれた卒塔婆を1日(月)に墓へ供えに行った。他にもやることがたくさんあったのでレンタカーを借りた。ちょっと奮発して、電気モーター&ガソリンエンジン両駆動(Hybrid)の「トヨタ・プリウス」。タクシーで乗ったことはあるけど、自分で運転してみたかったので(^^)。トヨタレンタカーで12時間借りて(オプションの保険つけて)、10500円也だった。

Img_0672 まずイグニッションキーからして違う。カギの形をしてない(笑)。四角い物体を差し込んで、パソコンの電源スイッチみたいなものを押す(写真参照)。これで「車が動く状態」になる。しかしこの時、ブレーキを踏んでないと単なる「アクセサリーONの状態」になるだけ^_^;;;。しかもこの動作を行って「車が動く状態」になっても、エンジン音はまったくしない^_^;;;。スピードメーターのあるパネルに「READY」の文字が出ているだけだ(笑)。プリウスタクシーの運転手さんが「ほんと『この車、今の状態で動くのかな』と不安になる時があった」って言ってたが、それがすごくよくわかった。
さて出発。アクセルを踏み込む。じんわり踏み込むとガソリンエンジンは動かない。ちょっと急発進的に踏み込むとガソリンエンジンと電気モーターで一緒に仕事をする。

Img_0673 電気モーターとガソリンエンジン、いまどういう状況で仕事をしているかは、ステアリングについてる「INFO」ボタンで、ダッシュボード中央のナビ画面に表示される(写真参照)。これ見てると、好奇心たっぷりの僕は事故を起こしそうになってアブナかったが(笑)、実に楽しかった。
ほんとモーターとエンジンの仕事分担を、実にきめ細やかにプログラミングされてる。およその巡航はモーターなのだが、トルクがいる時は一緒に仕事をする。バッテリーが減ってくるとモーターは発電機に早変わり。エンジンがタイヤを駆動&発電機を回して、バッテリーに充電してゆく。アクセル離して惰性走行orエンジンブレーキ状態になると、タイヤの回転力はモーターを回す力となって発電してバッテリーに電気を溜める。その回転軸にかかる負荷をブレーキ力に利用する「回生ブレーキ」としても機能してるのかな。

コンピュータによるきめ細やかなコントロールがあるからこそ実現されてる走行なだけに、むか~~しの車と違って、このコンピュータがおシャカになったら怖いなと思うが(僕の乗ってたミラターボ550cc(MT)は回転合わせればクラッチ無しでシフトチェンジできたもん・笑)、実に細やかな芸のある車だと思った。面白かったっす(^^)。ただやっぱり、大きさの割に、まだ高い車だよなぁ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »