« ウチの吉ブラ | トップページ | サンタサンへ… »

2008年12月24日 (水)

今晩は、一杯やって帰りました

クリスマスイブ、いったいこれを口実に、日本では今晩、男女の交合の中でどれだけの精液・愛液が流されるのだろう(爆)。今晩、僕は立川の立呑屋で一杯やって帰りました。クリスマスなんかバカらしくて(似非インテリのヤ~な感想だこと・笑)。イエズス・キリストなる酒好き・食いしん坊な愛すべき魅力的なオッサン(「葡萄酒を我が血」「パンを我が身体」というなんて相当なヨッパライ&食いしん坊だ^_^)が生まれただけの誕生日を、何故無関係な僕が祝わなくちゃならないの? クリスマスもキリスト教の営業努力(布教とも言う)で、北欧の宗教と合体して生まれたもんでしかないでしょ。だいいちイエズスが生まれたベツレヘム(中東)にモミの木があるかよ。トナカイもサンタクロースの橇も明らかに北欧じゃんか。

でも息子どもへのクリスマスプレゼントは用意した。僕もクリスマスプレゼントはもらえたからね。同じくらいのことは息子たちにもしてあげたい。それだけ。「サンタはいるの?」と聞かれたら「お前が考えな」と突き放すつもり。息子どもの夢を守るために、それっぽい英語で書いたメッセージカードを毎年つけてる。さてこのブログにいつ長男が気付いて本当のことを知るかな。

母がカトリックのクリスチャンだから、小学生時代の僕もイブの礼拝に何度か連れて行かれたことがある。あのイブの礼拝は好き。母と共にいた空間だから「胎内回帰」的な感情が多分にあるとは思うけど(僕は母に言いたいことを言うが、やはり母は大好きな普通のマザコン男だ。ミケランジェロのピエタ像は大好きだし)、ロウソクの明かりの中で、聖堂の中でイエズスを愛する者たちが心静かに共に過ごす時間、あれはいい。イエズスなぞ、人が心を一つにする「方便」でしかない。でも、その心を一つにする時間は平和だ。2000年近くそんな方便になり続けられるだけでも、魅力的な男だったんだろう。釈尊もイエズスも、一緒に飲めたらどんな話聞かせてくれるんだろうな。

|

« ウチの吉ブラ | トップページ | サンタサンへ… »

コメント

「私の血液はワインでできてるの」などと
おっしゃってた川島なお美さんは
きっと熱心なクリスチャンなんでしょうな。(笑)
※実はこのあと色々書いたんですが、
 人様の所に書くべきことじゃないと
 判断して消しました。12月は複雑ですな。
 

投稿: ひろあ きたむら | 2008年12月25日 (木) 04時36分

>ひろあさん
御ブログで、消したと思われること、読みましたよ(^^)。23日は一般参賀も行われてるんですよね。一度入ってみたいなぁ。皇居。東御苑はあるんですけどね。
クリスマスもただお祭り騒ぎだけが残るのも、日本らしいといえば日本らしい。でもねぇ、教会のあの厳かなクリスマスを知っちゃうと、ほとんどが恋人達の口実にしかなってない気がしてねぇ。僕も結婚前、確かにこの前後に、カミさんと会ってましたしね。
信者じゃないけど、ウチのカミさん、聖書は好きでして。パウロの言うところの「霊、霊性」について議論になることはあります。信仰としてじゃなく、ちょっと引いたところから、聖書やお経をよむとオモシロイと思います。

投稿: さかた(Ton) | 2008年12月25日 (木) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今晩は、一杯やって帰りました:

« ウチの吉ブラ | トップページ | サンタサンへ… »