« 今日、親父の命日 | トップページ | インフルエンザにかかった »

2009年1月19日 (月)

男42歳の大厄

今年僕は数えで42歳。だもんで厄除けに行ってきた。
我が街の鎮守「亀が池八幡宮」へ。
そしたらお宮参りの赤ちゃん連れた家族とかも一緒だった。
待合室の日溜まり、お父さん・お母さんにつかまって歩いたり微笑んだりする赤ちゃんや子ども達。愛に溢れてたなぁ。こうして愛されていれば、まずすくすくと育つだろう。誰かをちゃんと愛せるようになるだろう。でもこの愛を受けられない子どもも世の中にはいる。悲しいかな、その陰陽は必ずこの世界にはある。僕はありがたいことにたくさんの愛を受けて育ち、いまもたくさんの愛の中で暮らせている。本当にありがたいことだ。
さて、午後は八王子は高尾まで親父の墓参り。墓前で親父や祖父母と一杯やってこよう(笑)。

|

« 今日、親父の命日 | トップページ | インフルエンザにかかった »

コメント

厄年は、前後賞合わせて3年間あります。油断しないようにしましょう

投稿: Real Man | 2009年1月19日 (月) 22時39分

>Real Manさん
いったいどんなことがやってくるだろ。
どちらにせよ折り返し点は過ぎた感じがしてますね。

投稿: さかた(Ton) | 2009年1月19日 (月) 22時57分

42歳で折り返し?
爺!から見たらまだまだ青二才じゃが・・・

ご先祖様の墓前で飲み過ぎないように、ってもう行って来たのじゃな?

投稿: 奥武蔵爺! | 2009年1月20日 (火) 09時45分

>爺!殿
>爺!から見たらまだまだ青二才じゃが・・・
当然でぇす(^^)。嬉しいっすねぇ(^^)。こう言ってもらえるって。
僕の父は72歳を目前にした71歳で亡くなりまして。父ぐらいまでは生きさせてもらえると考えると、折り返し点(ほぼ36歳)は過ぎた、そんな程度の意味っす(^^)。成熟してこれから下り坂、って意味の折り返し点ではありません。競争するように生きるつもりはないですが、死ぬまでスケベと好奇心は失うつもりはないっすぅ(^^)。
ちなみに昨日墓前で飲んだ酒は青梅沢井在の小澤酒造「沢乃井 大辛口」です。ウチのカミさんの大好きな酒故、もし全部呑んでいったら折檻されます^_^;;。ご先祖とほどほどに酌み交わして帰りましたよ(^^)。

投稿: さかた(Ton) | 2009年1月20日 (火) 12時43分

サカタ隊員殿の父上は71歳でしたか?
爺!の親父は62歳で隠居も出来ず働き詰めで逝ってしまったので、ちょっと残念ではありましたが、その分母親が長生きしてるので、文字通り相殺かな?
爺!は親父の年はとうに過ぎているので、あとは適当に人生楽しんで行こうかと思ってはいるのだが、周りがそれを許してくれず苦しんでいる毎日でござ~る。

ご先祖様の墓前では、程々だったようで、さすが気配りが上手!!!
それが夫婦円満の秘訣かな?

投稿: 奥武蔵爺! | 2009年1月21日 (水) 11時18分

>爺!殿
>爺!は親父の年はとうに過ぎているので、
ホントかなぁ。にわかに信じられませんよ。お世辞は言うつもりはありませんが、それがほんとならずっとずっと若く見えますよ。

>周りがそれを許してくれず
はい、許しません(^^)。
面白そうなレース、ずっと企画し続けてくださいまし

>気配りが上手!!!
JIN、gin、JIROの三人には敵いません。しっかりyuuさんに気を遣ってらしたもん。

>夫婦円満の秘訣かな?
爺!殿同様、カミさんにベタ惚れなだけでございます(爆)。
向こうがどうかは知りません(T_T)

投稿: さかた(Ton) | 2009年1月21日 (水) 16時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男42歳の大厄:

« 今日、親父の命日 | トップページ | インフルエンザにかかった »