« Alex de Grassi | トップページ | レイチェル・カーソン『センス・オブ・ワンダー』 »

2009年1月15日 (木)

カラオケ再考

カラオケバーの前を通ると、結構外に歌声が漏れてくる。上手ならいいが7割方はヘタクソ。「ヘタクソ! 公害だ!」と呟いちまうこともあった。僕は耳にはツマラナイ音楽はできるだけ入れたくない。だから自分からはカラオケのある飲み屋にはいかなかった。美味い酒を他人のヘタクソな歌で不味くして飲むなんざヤダったから。

だが昨日、縁があって自宅近くのカラオケのある居酒屋に行った。知らない人ではあったがご近所の70歳ぐらいの男性がお二人、カウンターにいた。お一人はカラオケの前に陣取って、ポツポツと思い出したように。演歌を歌っている。僕はもう一人の方と野鳥の写真について盛り上がって話してた。

とりたてて上手い訳じゃないが、音程ははずしてない。呑みながら何の気なしに耳にしていて「こうして歌って癒される」っていいもんだな、と思った。それなりにご年配の方が歌っておられたのもあると思う。若い人間と違って、誰に聞かせようとするわけでもない。歌いたいから歌う。通りすがりに「ヘタクソ!」なんてヌカしてた僕と何ら変わることはない。誰にも求められはしないレベルってことは向こうも僕も一緒。邪念がない分、この方の歌のほうがよっぽど素敵だ。しかも居酒屋さんにカラオケ代という利益を生み出している。こちらは音楽や歌声自体になんの魅力もないくせに「聞いてください」なんか言ったりする。自分が気持ちいいだけで誰の利益にもならない。サイテーだ(笑)。

ただ身体の中にある「気持ちを外に出したい!」って衝動、それを素直に出してやるっていいことだな。ブログもそうだし。それで明日からまた元気に、日常生活に戻れるんだから。これからは外に漏れてくるカラオケの歌声に、優しくなれる気がした。

|

« Alex de Grassi | トップページ | レイチェル・カーソン『センス・オブ・ワンダー』 »

コメント

カラオケ店で無駄に騒いでいる馬鹿共や、
素人カラオケレベルの歌手共の為に、少々
過敏になっていたのかも?

昔たまに行ってたバーで親父連中と一緒に
歌ってた時は、上手い下手ではなく歌い合い
と聴き合いの一時で、それなりに勉強にもな
った。

投稿: italica | 2009年1月15日 (木) 20時09分

>itaちゃん
「無駄」ほど癒しになるモノ、ないかもしれんよね。全てに意味があったらそれも疲れちゃうしさ。素人カラオケレベルでも、そういうタレントは歌で食ってる訳じゃないし、品を変えた露出部分増やしてお金儲けしてるだけだし。レコード会社もプロダクションもどうせ使い捨てるんだからできるだけ資源は使い切ってお払い箱にした方がいいだろうしね(爆)。アーティストとチヤホヤされても、レコード会社のサラリーマンに食われちゃうんだから哀しいよね。

ほんと、他人が好むと好まざるとに関わらず、僕らは「ただ吐き出さざるを得ない」からやってるに過ぎない。必要・不必要はお客様が決めて下さるんだから、まずやればいいんだと最近は思ってるよ。理屈よりもお客様の心掴んだ人の勝ちですよね(^^)。

投稿: さかた(Ton) | 2009年1月15日 (木) 20時38分

カラオケバー、数回しか行った事ないですね。
一度、一人で来ていた方に「浪漫飛行」をリクエストされて歌ったことがあったなぁ。その前に何を歌ったのか覚えてないんだけど、気に入ってくれたんだろうな。
自惚れは強い方だが、坂田との練習テープ聞くと自らがっかりしてしまう^^、俺、こんなもんだったか。。。と。。。

投稿: 鼓動 | 2009年1月17日 (土) 23時27分

>近藤
僕もカラオケバーには職場関係で「行く」ってなった時しか行かないです。そうそう、僕もリクエストされたことあるよ。ハモを(笑)。職場の人にハモ着けてたの聞いた他のお客さんが「にいちゃん、おれ『冬の稲妻(アリス)』歌いたいんだけど、ハモ出来るか?」って(笑)。「オッケーっすよ」で答えて、気持ちよくやってきました(^^)。ほんと僕の声、録音とってわかるけど存在感=魅力ないよね。でもハモには使えるみたいだわ。近藤の声は存在感あるよ。これは才能。どんなに努力してもつかない。
歌ってそういうもんだよね。ボイトレ受けてもハッキリ才能(魅力)のない奴は金の無駄。まぁ音域が広がって、ピッチが安定するぐらい。魅力には何の貢献もしない。ましてやサラリーマンが余暇で一日1時間くらいやる程度じゃね。人前でやるなら録音とって、自分の声やプレイ、客観視するって大切だよね。kikimimiさんやシンドウさんのレコーディング、僕にとってほんといい修練になったよ。

一時期「こんな程度で、人前でやる意味あるのか」と思ったけど、今ちょっと違ってきたね。小学校とかの音楽発表会見に行くじゃん。そうすると演奏は傷だらけでもマジ感動するのよ。我が子がやってるから、子どもがやってるから、っていうのも違う。それってその瞬間だけは集団化して「音楽そのもの」になってるからかな、って感じてね。大人になると「上手く聞かせよう」「かっこよく見せよう」の方が先に立って邪心のカタマリみたいになる。これ、ほんと見ていて聞いていていやらしい。サラリーマンが余暇にやる程度じゃ、才能がもつ魅力を修練した音楽的技術で越えることは決して出来ないんだから、生活を壊さない程度に出来るだけの練習したら、その瞬間だけは音楽そのものになろうとすればいいじゃん、ってね。
だから25日は何より、楽しみたいわ(^^)。よろしくね!

投稿: さかた(Ton) | 2009年1月18日 (日) 07時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カラオケ再考:

« Alex de Grassi | トップページ | レイチェル・カーソン『センス・オブ・ワンダー』 »