« 長男とサイクリング(その2) | トップページ | いいスピーカーは、いいなぁ »

2009年3月21日 (土)

酒と飲み手の仲人

Img_1567_edited いま僕のいちばんオキニイリの盃がこれ。職場関係でお世話になっている陶芸家の先生に「テストピースなんだけど…」ってことでいただいた。その晩に早速使ってみて唸った。

盃って、お酒と飲み手の仲人だと思う。この盃、唇をつけた時、とても優しい。冷たくもない、かといって鈍くもない。僕の体温をそのまま受け止めて返してくれる感じ。
燗酒を注ぐ。薄手の盃だとシャープに酒の温度を僕の唇に伝えてくるけど、これだといったん盃の懐に落とし込んだ後、優しく「はい」って渡してくれる。だから安酒だろうとちょっといいお酒だろうと、どんな酒も美味しくなる。酒・盃・飲み手の最高のアンサンブルを演出してくれる。

感動した。いい道具ってどんな世界にもあるもんだ。古道具で始まった僕の盃趣味だけど、こりゃまずい。出会ってしまった。こういう素敵な仲立ちをしてくれる盃、いろいろ欲しくなってしまうかもしれない。

|

« 長男とサイクリング(その2) | トップページ | いいスピーカーは、いいなぁ »

コメント

さかたさん~このタイトルいいですね。
ぐっときました
私の先だって割れてしまった豆皿、いろんな仲人引き受けてくれてたんですね。とりもったというか・・・
お菓子も。香の物も。本来の豆も。。梅干も。
ほっとする時間だったり団欒だったりしたわけですが。。。
私も早くあたらしい仲人をさがしてこなければ。。なんだか最近
ちょっとだけ物足りないもの。それは一目ぼれ~運命の出会いをまだしてないからですね~!今日吉祥寺でふらりと見たんですが家までついてきてくれそうなお方には出会えませんでした。

投稿: ねも | 2009年3月21日 (土) 21時08分

お水もグラスで味が変わるといいますからね。
器って大切なものだと思います。

投稿: papa | 2009年3月21日 (土) 23時48分

前はぐい呑みに拘ったコトもあったけど、、、
最近はお湯割りもマグカップで呑んじゃってます(^_^;)
久々に美味しい日本酒を呑んでみようかなー♪

投稿: JIN | 2009年3月22日 (日) 20時39分

>ねもさん
この盃が割れたら、ちょっといままでの盃よりショック大きいかもしれません。でも、僕は使いまくります。これ、僕が使うばっかりじゃありません。カミさんと燗を飲るときにはカミさんにも使ってもらってます。カミさんも「いいね、これ」って言ってくれますよ。
モノとの出会い。求めてれば絶対にやってきます。僕の場合、楽器も自転車も、みんなそうでした。ねもさんの器との出会いも、勝手に確信してますよ(^^)。

>papaさん
酒って気分が大きいですよね。ヨルクラなんかだと何飲んでも最高に美味しいですよ(笑)。器といえば柴犬さんが肝トレにつかってる^_^;;;あの青いグラス、「いいなぁ」と思っていつもブログ読んでます(^^)。

>JINさん
こだわると、すごそうだな、JINさん(笑)。変態号並のぐい飲みとか使ってそう。円錐形にとがってて、テーブルに置けないぐい飲みって知ってます?(使ったことありそうだなぁ)

>お湯割りもマグカップ
湯呑みで飲る時なら、僕もあるよ。ちなみに湯呑みは埼玉県北本市にあった古い肥料屋さんがずっと昔に販促品で配った古道具を使ってます(100円でした)。

>久々に美味しい日本酒を
あざみのヨルクラステージでどうぞ!

そうそう、今日、お彼岸の墓参に行って、帰りはJR中央線八王子駅近くにある「天下一品」で昼飯にしましたよ。この辺にも天一、増えたね(^^)。

投稿: さかた(Ton) | 2009年3月22日 (日) 21時07分

たまにですが、私も土をこねて器を作ることがあります。
誰でもできる陶芸教室なんですが。
ぐい呑みは作ろうと思うと難しくて、なかなかできません。
厚すぎず、薄すぎず、大きすぎず、小さすぎず。
しかも焼き上がりが縮むので、出来上がりはイメージが違ってしまったりして。

これは、写真で見ただけでもいい感じですね。
テストピースといえど、さすがプロ。

私がお気に入りに入れて読んでいる酒飲み人のブログがあるのですが、その人は「マイ盃」を持ち歩いているそうです。
店で出された器が気に入ればそのまま飲む、気に入らなければ自分のを出す、というこだわり。
ガラスの器で酒を出されると、がっかりするそうで。

投稿: ちとせ | 2009年3月23日 (月) 09時03分

>ちとせさん
ご自身で作られてると感じ方はさらに深いですよね。使ってみてこれほど違うとは思いませんでした。まだまだスゴイ盃はあるのでしょうけど、日用的にガンガンに使って仲良くなれる、今の僕に最高の器をいただけたと感謝してます。

>マイ盃
これ、マジでそうしようかと思ってます。いろんな酒、これで呑んでみたいですよ。ところで、その方のブログどれだろう。ところでこのブログ、ちとせさんのお気に入りの「あんちゃんず」さんなのでしょうか? ざっと見てみてもわかりませんでした。是非見てみたいです。教えていただければ、幸いです(^^)。

投稿: さかた(Ton) | 2009年3月23日 (月) 21時06分

ttp://ameblo.jp/raizin-akihiko/


最初に“h”をつけてくださいね。
マイ盃の話は、かなり前だったような。

投稿: ちとせ | 2009年3月24日 (火) 09時13分

>ちとせさん
ご教示ありがとうございます。アーティストの本音満載っぽそうなブログ、ゆっくり読むのが楽しみです。

ところで、シンドウさんBBSにちとささんが書いたスレッドのタイトル「ゆらりと揺れた福寿草」、これさださんの『寒北斗』じゃありませんか?
「いくつになっても里へ帰るのはいいもんだ」もさることながら、「お袋は座ったまま眠ってる 胸をつかれて不覚にも…」のあたりが沁みますね。
ちとせさんのあのスレッドにこのレスぶら下げるのは、とてもジャマに感じたので、ここで書かせていただきました。

投稿: さかた(Ton) | 2009年3月24日 (火) 15時11分

『寒北斗』です。
福寿草が出てくる歌というとほかにもありますが、真っ先に浮かぶのがこれですね。
さかたさんならわかると思ってました。(笑)

投稿: ちとせ | 2009年3月25日 (水) 08時35分

>ちとせさん
やはりそうでしたか。それにしてもだんぞうさんやちとせさんの頭の中の、フォーク&ニューミュージックデータベースはすごいですね。僕はせいぜい、こうしてわかるのはさださんの15年前くらいまでのアルバムのみですわ。

投稿: さかた(Ton) | 2009年3月25日 (水) 16時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酒と飲み手の仲人:

« 長男とサイクリング(その2) | トップページ | いいスピーカーは、いいなぁ »