« 矢野顕子/It's for you、再び!!! | トップページ | 孤独力 »

2009年4月 1日 (水)

鉄塔形態史の研究

このたび、私は某電力会社より、送電技術史を踏まえた鉄塔形態史の研究を委嘱され、古鉄塔のデータベース構築、鉄塔形態と美についての研究をさせていただくことになりました。これまでやってきた研究が実を結んだ結果となり、大変嬉しく思っております(^^)。がんばります(^^)

|

« 矢野顕子/It's for you、再び!!! | トップページ | 孤独力 »

コメント

私は今日を境に『禁酒』することを宣言します!

投稿: 調 | 2009年4月 1日 (水) 16時02分

僕は東北地方に鉄塔を3本所有しています。

投稿: ひろあ きたむら | 2009年4月 1日 (水) 16時26分

>調さん、ひろあさん
わははははは、わかってくれてありがとうございます。
今日は4月1日ですものね(^^)。
ちなみに僕は腰に伸縮自在の鉄塔が勃ってます(爆、鉄製かい!?)

投稿: さかた(Ton) | 2009年4月 1日 (水) 18時10分

 おめでとうございます。
 すごいですね。
 いくつかの鉄塔を巡って、「同じ時期に立てられた鉄塔は似ている」と思います。鉄塔形態史は趣深い研究になると思います。

 橋本線は、片側6本の送電線がぴったり重なるようになっています。それが古い送電線だと重なりません。北浜線も基本的には重なりませんが、鉄塔を新しく建替えた区間は重なります。
 私としては、いつから重なるようになったか、ぜひ鉄塔形態史に入れていただけたらと思います。よろしくお願いします・・・

と書き込もうと思いました。 

投稿: さんらぁたん | 2009年4月 2日 (木) 07時10分

これでやっと隊長になれる?

爺!の持ってる鉄塔は錆付き折れて朽ち果てそうです。

じゃない、朽ち果ててます!

投稿: 奥武蔵爺! | 2009年4月 2日 (木) 09時50分

>さんらぁたんさん
エイプリルフールとして、スレスレのウソをつかせていただきました(笑)。産業考古学的に、送電技術の発達・都市の電力需要を踏まえて、形態変遷史みたいなものは叙述できるのかなぁ、とは思います。だけど、果たしてそれにどういう社会的な意義があるのか、、、なさそうと思えてしまう自分がいます(笑)。
基本的に僕は好事家なので、すごく興味はありますが(笑)。電気の史料館(at鶴見)にそれなりの展示はしてあったように思います。鬼怒川線のバンザイ鉄塔はカワイかったです(^^)。

>爺!殿
隊長になるには人徳がありません(これマジ)。JIRO師は単なるヘンタイぢゃないと最近再評価しています(これもマジ)。

>朽ち果ててます!
ウソツキぃ(^^)。ちゃんと、隊長の彩帆写真でビキニのおねーちゃんに反応してたぢゃないすか。僕の場合、ビキニより、その中味の方が大好きですが

投稿: さかた(Ton) | 2009年4月 2日 (木) 23時25分

そんなに褒めちゃイヤン

投稿: JIRO@単なるヘンタイ♡ | 2009年4月 2日 (木) 23時45分

>JIRO@単なるヘンタイさま
はい、あなたは「Tonでもない」ヘンタイです^_^;;。
まいりましたm(_ _)m。
伊吹山、ヨルヒル2ステージ楽しんでらしてください(^^)。

投稿: さかた(Ton) | 2009年4月 3日 (金) 00時04分

変態は誉めると余計変態になる!
参ってるサカタ隊員殿も立派な変態です・・・

変態達が一列になって「へんたーい止まれ」???

ゴメンナサイ下らない爺!ギャグで・・・

これじゃ爺!も変態呼ばわりされそう?


爺!はビキニの方が好きじゃ・・・

嘘!

投稿: 奥武蔵爺! | 2009年4月 3日 (金) 09時54分

え~、本気で「ええ!凄い!!東京電力やろか?」って一人で興奮してました・・・4/1なのね(^^;)

投稿: PaPa | 2009年4月 3日 (金) 12時11分

>爺!殿
みな自分こそがマトモだとおもってますが、
自転車乗りは五十歩百歩でしょうね。

>嘘!
やっぱり枯れてないですね。僕も枯れたかぁ、ありません(^^)。

>PaPaさん
プロの方に会うとハズカシイっす^_^;;;。でも電験三種のテキストとか読んでると、安定供給のための様々な工夫に出会う。鉄塔の景色の中にそれが読みとれるのがまた楽しいですね。ぼく昔々、NHK教育TVの「はたらくおじさん」が大好きだったんで(^0^)

投稿: さかた(Ton) | 2009年4月 3日 (金) 17時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄塔形態史の研究:

« 矢野顕子/It's for you、再び!!! | トップページ | 孤独力 »