« 孤独力 | トップページ | My 桜 »

2009年4月 5日 (日)

応急処置のノウハウ

また事故。今度は原チャリとタクシー(こちらが優先道路走行)。衝突音がして、携帯とタオルもってすぐ出た。でもちょっと今回はひどい。原チャリに乗ってはねられた女の子はたいした外傷はなさそうだけど意識不明。連れの子が泣き出さんばかりに意識のない子の名前を呼んでた。すでに119番はしたよう。「脈はあるの?」と聞いたら「ある」とのこと。なければ心臓マッサージなりなんなりをすぐしなくちゃならないけど。なので、僕には何もすることが出来なかった。なんもノウハウがない。部屋に戻って「この町内会の近所に看護師さんやってる人いない?」ってカミさんに聞いて、その人のお宅に行こうとしたところで、救急車がやってきた。今日はすごく到着が速かった。正直助かった。僕が外に最初に出た段階で人もたくさんいたので、ジャマしないように現場から立ち去ることしか出来なかった。

こういうときなにか出来る応急処置。消防署かなんかでの研修受けようかなぁ。役に立てないのが心苦しい。でも、ほんとたまらんわ、この交差点。

|

« 孤独力 | トップページ | My 桜 »

コメント

Tonさんみたいな人は、一回受けておく事をお勧めします。

その場での判断や心マやAEDの使い方も教えてくれます。
実践が物を言うことも確かですが、備えの種が無いと実践
でも芽はでません。

投稿: italica | 2009年4月 6日 (月) 05時12分

救急、応急処置の研修は一度でも受けておいた方が良いとおもいます。
爺!も日赤の研修受けたことがありますが、未だ現場には遭遇したことありませんので、実際に役に立つかどうかは判りませんが・・・
家族に万が一の時もきっと役に立つはず!

投稿: 奥武蔵爺! | 2009年4月 6日 (月) 10時33分

今日早速、相模原市の救命救急講習、調べました。
奇数月に月3回ほど消防本部で主催してるとのこと。5月にあるけど、母の引っ越しがあるので余裕が出来るかどうか、でも7月には行ってこようと思います。
信号機設置の陳情も僕のプライベートが忙しくなって出来ずじまい。忘れないでおきたいとは思ってますが。。。

>itaちゃん
>備えの種が無いと実践でも芽はでません。
まったくその通り。ここに住んじゃったおかげで意識だけはさせられてました。活かしたいです。

>爺!殿
ツール・ド・奥武蔵を主催する立て役者にこういう心得があるってステキですね。僕もこの講習、受けておけば、このレースに行ってもお役に立てそうですね。

とにかく昨日事故った子、あの意識不明が一時的なプロテクトで済んでること、祈る(もう祈るだけはイヤだわ)。今は親の立場として、10代の子の事故はたまんないです。

投稿: さかた(Ton) | 2009年4月 6日 (月) 21時15分

今日、交差点に手向け花が出ていました。
あの子、亡くなったようです。とうとう死亡事故になってしまいました。十代の子の死。もう親の立場から見てしまう僕からしたら、なんともたまりません。僕も十代の頃それなりに無茶をしてきたのに運良く生きている存在に過ぎない。あの子にとって、これからの人生のいい薬になって欲しかった。。

同時にいちばん大変な接触をしてしまったタクシーの運転手さんもかわいそうでならない。下手をすると職も失ってしまう。優先道路を走っていたのにそれでは何ともたまりません。でも、動いている以上、前方不注意がかならずついてしまう。納得いきません。ほんとうに公道は怖い場所です。改めて車を運転するのが怖くなりました。
助けられない命もあるとは思います。でも何か出来るかもしれない。5月の救命救急研修はいけないけど(家族を幸せに生かすのが僕のやりたいことです)、7月の研修はぜひ申し込もうと思います。ほんとにここの信号、何とかしないとな。

投稿: さかた(Ton) | 2009年4月 9日 (木) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 応急処置のノウハウ:

« 孤独力 | トップページ | My 桜 »