« 鉄塔形態史の研究 | トップページ | 応急処置のノウハウ »

2009年4月 4日 (土)

孤独力

引っ越しに際して、冷蔵庫だけ新調。12年使ってきたら夏の冷蔵能力がやばくなってきてて、2年ぐらい前から検討してた。今日、近くの家電量販店に買いに行った。また各部屋の照明器具も揃えなくてはならない。どちらもそんな高いものにはしなかったが両方で21万円ほどの出費になった。電化製品は僕の得意分野。ウチの生活形態と予算と機能をからめて、頭を一生懸命使って決めて。いま結構達成感がある。

だがこの21万円の出費。もしギターや自転車だったら、今頃ヒドい自己嫌悪に陥ってるだろう。どちらも家族には何の役にも立たない、自分しか楽しめないものだしね。もう一つキライなのが仕事着であるスーツを買いに行く時。もうストレス溜まってしょうがない。ところが服を選ぶのはカミさんの得意分野。なので一緒に行って選ぶのはカミさんにまかせちゃう。自分で稼いで買ってるものなのに、なんでこんなに「すまなさ感」があるんだろう。

「自分が他人にとって意味のある人間」でないと耐えられない、孤独力の薄い、甘ったれた人間なんだろう(笑)。

|

« 鉄塔形態史の研究 | トップページ | 応急処置のノウハウ »

コメント

はい、あたいも電化製品は得意です!


っていうか・・・・・ある意味、電気屋さんですね。
お仕事で制御回路の設計や修理もしてますから・・・・。

投稿: 調 | 2009年4月 5日 (日) 00時10分

全く同感です。
人への贈り物や、みんなに役立つもの、に
使ったお金のことは惜しくありませんが
未だに自分の服は定価で買えない私。
パンツも靴下も一定の金額(しまむら価格)
以上にはどうしてもお金が払えません。

いい加減いい年なんだから仕事する
服はきちんとしたのを買いなさい、と
未だに母親にお説教されてます。

「すまなさ感」 心情を表す的確な言葉です。

「負け犬の遠吠え」の酒井順子さんが
「女には二種類ある。人のお金を使うことが
苦にならない女と、自分のものは絶対自分で
買わなければ気の済まない女。専業主婦に
なれるのは前者だ」という文を読んだとき
私は一生他人のお金で物を買えない女だなあ…
と落ち込みました。

昨日もそのことで夫とケンカ。何か買ってもらう時に
「自分で払うからいい!」あるいは「いらない」
というのは可愛くない女でにっこり笑って「ありがと。」
って然も当然のように振る舞えるのが可愛い女
なんですかねえ(怒)

投稿: 尻破れの妻 | 2009年4月 5日 (日) 09時59分

昨夜は携帯でざっくり見させて頂きました。
心温まる、非常に人間味のあるブログ?で、
読んでいて、ほのぼのしました。
とんちゃんは、とても奥様と子供、そして
自分を含めた家族を大切に・愛しているのが
伝わってきます。
俺も、自分大好き人間ですが、
やはり、その「自分」の中に、
妻であり、愛息が含まれています。
今の家に引っ越して約4ヶ月。
何時だかお伺いした「沖縄料理店」を
やっとこの間の水曜日に発見致しました。
散策する時間がないのが、
今の生活のタイムスケジュールに
余裕がない証拠です。
たまに顔を出します。
それでは。

投稿: おしゃべり忠 | 2009年4月 5日 (日) 10時05分

>調さん
調さんの洗濯機購入記@mixiは楽しく読ませていただいてました。冷蔵庫に関しては「どう使うか」という感覚的な部分があるので、カミさんにまかせました。カミさんがいちばん使う道具ですしね。消費電力やら機能の部分で、意見求められたときにコメントするぐらい。照明の方を一生懸命やってました。でもあまり洒落たのとかこだわってませんわ。


>尻破れの妻さん
この「すまなさ感」、社会で生きる上で「損」ですね。はっきり言って主張した奴の勝ちです。しなきゃ役に立ちません。なんか「心の傷」があるような気がします。自分で自分に「お前なんぞ」っていってる部分がある。何でしょうね?
ただ最近は、「他人にとやかく言われて落ち込んでやる程、僕にとやかく言う奴に対して『都合のいい人』になんかなるもんか!」と少しは思えるようになってきました。だが努力しないとすぐ戻る^_^;;。

>「自分で払うからいい!」あるいは「いらない」
>というのは可愛くない女で
>にっこり笑って「ありがと。」って然も当然のように
>振る舞えるのが可愛い女なんですかねえ(怒)

ウチのカミさんも言いますよ。「稼ぎ悪くてすまんなぁ」っていうと、「金がそんなに欲しけりゃ、それなりに稼ぎにいくから(^^)」って。いま専業主婦やってますが、あまり酒井順子の言葉は当てはまりませんね。そんなに図々しい女じゃないし、酒井氏の言葉はウチの夫婦からすると自立感の認識がずれた言葉にしか感じないなぁ。変に甘えて何ぞもらわなくたって、カミさんは大好きですけどね。これまで12年一緒にいてくれた時間は何にも代えられないし。それに少なくとも結婚直後よりキレイになってます(キッパリ)。


>おしゃべり忠さん
いらっしゃいまし(^^)。僕もあの広告にある忠さんの家族の様子から「ほのぼの」と決心が伝わってきますよ。あれずっと読んでて「こりゃこの人、家族観はあまり僕と違わないな」とは思ってましたから。そうそう、今度からは「Tonちゃん」でどうぞ(^^)。「忠さん(ちゅうさん…ネズミみたいでヤ?)」とでも呼ばせていただきます(^^)。

>俺も、自分大好き人間ですが、
そういう強さ、感じてるよ(^^)。ウチではこれ、カミさんとお互いで言い合ってます。「私は(僕は)自分がいちばん好きだ!」って^_^;;;。これ言い合えるから、ウチはすごく楽ですね。こうして自分が許せるようになったのは、やはりカミさんのおかげ。結婚してから喜怒哀楽が真っ直ぐ出せるようになってきました。ほんとカミさんはじめ息子たちに感謝です。

>散策する時間がないのが、
>今の生活のタイムスケジュールに余裕がない証拠です。

それなりに仕事に充実感を創りだしておられるのは伝わってます。いい背中を見せてもらってます(^^)。僕もこれからも仕事を楽しんでいきたいです。

>たまに顔を出します。
はい(^^)。僕も「う○潮」にね。また呑みましょう(^^)。

投稿: さかた(Ton) | 2009年4月 5日 (日) 12時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 孤独力:

« 鉄塔形態史の研究 | トップページ | 応急処置のノウハウ »