« たまらん坂 | トップページ | 僕もあざみ、行ってきました(^^) »

2009年5月10日 (日)

今日、僕はたった20kmばかりを自転車で自走して、
知り合いの出る素人落語を聞きに行った。

素人落語とはいえ、長年稽古を積んだ芸はそれなりに安心して聞ける。むしろその噺への愛が伝わってきてステキ。好きなモノを淡々と続けるって大切だな、と思った。
それともう一つ。高座に上がってすぐ噺家は扇子を前に置き、お客様に深々と一礼するのだが、これが満足にできない人がいた。僕もそうだが、みんな他に仕事を持ってやってる素人芸。他人様に満足にお見せ出来るような芸が出来る人はそうはいないのだ。お客様は大半は知り合い、芸でなくその人が好きだから、半分以上"お情け"で聴いてくださっている。人前でさせていただく以上、「礼」だけは元気にちゃんとやらなきゃなぁ、と痛感した。「礼」が出来ないようでは聞く価値がゼロ(かそれ以下)になってしまうわ(^_^;;;。

|

« たまらん坂 | トップページ | 僕もあざみ、行ってきました(^^) »

コメント

私も落語、大好きなんですよね。
自分の頭の中でグングン想像が広がる感じがたまらなく面白いです。
高校生の頃は二つくらい噺を覚えてました(^^;)

投稿: PaPa | 2009年5月11日 (月) 22時22分

>PaPaさん
すいません、PaPaさん、似合いすぎっす(^^)。
存在自体にすごくフラがあって(^^)。ステキです。
噺家さんはどなたがお好きですか?
僕は三代目三遊亭金馬なんです。昭和39年に亡くなった古い噺家さんなんですけどね(^^)。2つぐらいネタをお持ちだったって、なんでしょう(^^)。それも是非聞きたいですね(^^)。

投稿: さかた(Ton)@一般人^_^;; | 2009年5月11日 (月) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« たまらん坂 | トップページ | 僕もあざみ、行ってきました(^^) »