« ぜぇ、ゼェ、税、はぁ…^_^;; | トップページ | 090523音本鍛 »

2009年5月22日 (金)

十代の生き直し

20代はまず自分で生きる自信をつけるため、学問より僕は一人暮らしがしたかった(僕の商売でそういうこと言っていいのか)。それは出来たと思う。自分で自分の世話する力は身につけたし、カミさんにも出会えた(振り返ったらそこにいたような感じだけど)。
30代はやっと親の「食わせてやってる」引力圏から離れ、コンプレックスから脱皮しつつ、好きなことし直してた10年だった。ギター中心に遊んだなぁ(マジメに仕事しろよ、バカ^_^;;)。自転車にもいい形で再会できたし。

20~30代で僕的には十代的な「おバカ」青春を生き直してたようにも感じる。おかげで、ほんと音楽的にも自転車的にも、「たかだかの自分」ってのには気づけたわ。自分の才能の中でどう地道に楽しんでいけるかは確実に見えた。音楽も自転車も、下手に気合いを入れてはもうやらん。徒労だ。豊かじゃないもん。下手に力まないだけよ。好きだもん。やめない。

さて40代の残り10年間弱、どうやって生きてやろうかな(^^)。
重荷にしたくないから、ここで宣言はしない。。
まずは子供時代を生き直させてもらって、ありがとうだわ。

|

« ぜぇ、ゼェ、税、はぁ…^_^;; | トップページ | 090523音本鍛 »

コメント

ちゅうは、女房の寛大な心のお陰で、子供として生きさせてもらってます。
子供の子供なんだけど、絶えず自分試しの人生だったのかなぁ。
全てにおいて、自信過剰を打ちのめされてるんだけど、いつまでも自信過剰でチャレンジしていける自分でありたいなぁ

投稿: お喋りちゅう | 2009年5月23日 (土) 22時12分

>ちゅうさん
自信は過剰、生意気なぐらいの方がいいよ。ウラヤマシイ。ウチの次男なんかもそういう強さ、あるだろうね。
僕ぁ、小さい頃から強烈な大人のなかにいて、少し引いたところから見て、譲歩しつつ生きる方が楽になっちゃった。あまり口論とかは得意じゃない。理不尽気味に主張して、ぶんどってゆく傲慢さは、どうももてない。大人になってそれじゃいかんと少しずつ変えては来たけどね。あまりワガママになりきれない。ま、それも僕だわ。そういう僕じゃなきゃ見えないものもあるしさ。

追伸
旧居の修繕費、10万越えるかも、と、このブログにも記事書いたけど、5万弱で済みましたわ(^^)。助かった(^^;;;)

投稿: さかた(Ton) | 2009年5月23日 (土) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十代の生き直し:

« ぜぇ、ゼェ、税、はぁ…^_^;; | トップページ | 090523音本鍛 »