« 090720音本鍛 | トップページ | 090721音本鍛 »

2009年7月20日 (月)

痕跡も残さず消えたい

先日、母に付き添って買った、母のベッドと洋服ダンス・整理ダンスが今日届いた。母は「この年になって初めての嫁入り道具(^^)」と喜んでいる。父と結婚して坂田の家に入ったのはいいが、自分の女房のフォローも出来ない器の小さい父のおかげで苦労しちゃったから。

僕は長男と一緒の散歩から帰ってから、家具屋から聞いていた配達時間まで時間があったので、母の荷物の整理をした。ウチにあるものと重なる、台所用品&食器類。

これ、僕の母、ダイキライなんだよね。

僕が「捨てるの? とっとくの? とっとくなら、とっとく場所あんのかよ? 無いならジャマ」とバンバン詰め寄り、決断を要求するから。母は心に土足で踏む込まれる感じがするらしい。「そう思う?」と聞いたらハッキリ「うん、イヤ」と答えてた。でも自分の母だからこそ、僕は土足で上がり込む。キツい言葉は僕が言う。母の持ついい食器は、捨てずにウチにあるくだらない食器を捨てて入れるが(今日も長男のプラスチック茶碗を母の有田焼茶碗にチェンジした)、ウチにあるもの重なるグレードの低い&くたびれた道具は捨てる(料理の命である包丁までは捨てない)。今日は段ボール箱にして5箱分整理した。また明日からはゆっくりと母のペースで、今日買った新しいタンスに整理してもらおうと思う。
この作業を終えた後、母はムッとしながら言った。「私が死んでからいくら捨てると言っても、この今度買った新しい家具は捨てないでしょ」。僕は答えた。「その時、この家にジャマなら僕は捨てるよ」って。僕の人生は僕の人生、親の思いを継承して守って生きるのなんざまっぴらゴメンだ。

僕は死んだら、僕のものは一切、残された家族にとっておいて欲しいとは思わない。とっておきたければ勝手にやってくれてかまわないが、僕の持ち物は全部捨ててくれていい(サンタクルーズは2,3万ぐらいにはなるよ・笑)。後に残るものに僕の存在が重荷になるのはイヤだ。たぶん息子たちよりは先に死ぬとは思うが(これだけは叶えたい)、あいつらの生命の半分が僕から生まれてしまったという抗いようのない事実の他に、僕のものを大事にするなんてつまんない事のために生きて欲しくないと思う。

|

« 090720音本鍛 | トップページ | 090721音本鍛 »

コメント

さかたさん。お疲れ様でした。
私もお母様の気持ちもよくわかるし。でも我が家におばあちゃんが本格的に同居としたら8割は処分してもらわないと
かないません。だから義母は自分のことができるうちは
たくさんの思い入れのある道具のなかで生活してほしいっておもってます。

実家は知らない間にすっかり処分~アルバムさえ処分してました。お墓も買いお葬式の資金もためてどちらかがたおれたら家を売ってホームにはいるとまでいってます。

私がもしひとつだけ両親から引き継いでもらっておきたいと思うのは母が私に渡すつもりで買ってあるという指輪と父が大事にそだててくれてるクレマチスだけ。
さかたさんはこのブログの記事がなによりのお子さんたちへの
贈り物になるとおもいますよ~・
なんてそんな年代になってしまったんですねぇ・・

投稿: ねも | 2009年7月21日 (火) 00時48分

>ねもさん
ほとんど捨てちゃいないんですけどね。実の親だとどうもいつも以上に言葉がきつくなります。物置買って、段ボールからホームセンターで売ってるようなコンテナに移し替えて保存かなってかんじです。これで一生食器は買わずに済みそうです^_^;;。割ったらバンバン交換ですね(笑)。ほんと僕ぁ、死んだら何も残したくないです。

投稿: さかた(Ton) | 2009年7月21日 (火) 13時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 痕跡も残さず消えたい:

« 090720音本鍛 | トップページ | 090721音本鍛 »