« 090901音本鍛 | トップページ | オケツがイタイのぉ(090902音本鍛) »

2009年9月 1日 (火)

9月1日、再ヤビツ

時折、僕は壊れる。今日、その日だった。

昨日から次男が発熱、最高が昨夜で39度4分、ほぼずっと38度5分で推移していた。次男が「耳が痛い」って言ってたから、昨日台風の雨の中、カミさんはかかりつけの耳鼻科へ連れて行った。次男がよくやる中耳炎もなし。インフル検査をしたがこれも陰性。でもこのインフル検査、発熱当日は検査に引っかからない場合がある。今朝も熱が下がらない。耳はOKだから、今度はかかりつけの内科へ連れて行くことにした。ところが今日は始業式兼ねて、防災の日にちなんだ避難訓練があった。親が引き取りに行かなきゃいけない。かといって熱でヒーヒー&頭も胸も痛いと泣く次男を、午後の診察時間まで待たせるのもかわいそう。膝の悪い僕の母に長男の迎えに行かせるのも酷。なので怒濤の仕事がふと一段落した僕が、休みを取って諸々フォローすることにした。

幸い今日もインフルエンザ陰性。良かった。
午後から仕事にも行けたが、8月休み無しで突っ走ったのもあり、休みとったら緊張が切れた。サラリーマンとして「壊れ」ました。かなり急を要する仕事もないので1日休みにした。午後からは次男も元気を持ち直す。いつものことながら、次男の基礎的な体力は驚くべきものがあるわ。

Img_3568 そして、開いた午後は、やはり自転車に乗った。ヤビツ峠に行って来た。悪いジンクスを消したいという思いもあって。

実は昨年の今日もヤビツ峠に行っている。その時、裏ヤビツに下り宮ヶ瀬を過ぎたところで、僕の携帯にメールが入った。「高校以来の友人(女性)がガンで亡くなった」というメールだった。半原から先はかなり暗い思いでペダルを漕いて、家に帰った。そのブログ記事にある「こういうことも生きているからこそできる」は、この友人への思いをこめて書いた。この友人の命のバトンは、いつも意識して生きている。ガンに病んだ彼女がさらに脳梗塞で右半身が不自由になり(神というものがいるなら本当に酷だ)、左手で書いた渾身の絵手紙は、いまも僕ら夫婦の宝物。でも、その命を活かし続けたいからこそ、ヤビツにブルーな思い出を残したくない。だから集中して走った。

ヤマザキデイリーストアからピークまでタイムもとってみた。53分15秒。いやはやおそい。でもいいのだ。これで僕の一生懸命なんだから。当社比の基準が出来た。

裏ヤビツに下る気にならなかったのは、まだ克服してないのか。でももう気合い入れて登った後は、もうあまり走る気がなかった。高校以来走りすぎて、正直、県内の道は飽きちゃってて。。。だから秦野まで下って、相模大野まで輪行してしまった。

まずは寝る。それで朝生まれ変わってからだわ。
日々是好日(にちにちこれこうにち)。

|

« 090901音本鍛 | トップページ | オケツがイタイのぉ(090902音本鍛) »

コメント

私も辛い事や嫌な事があった日は、早々に寝る事にしてます。
日が変わると(しっかり寝ると)自分自身が変わった様な気になるんです(^^)v
それに前日の事が冷静に考えられます。

投稿: papa | 2009年9月 1日 (火) 23時58分

>PaPaさん
寝るってすばらしいですよね。本当に生まれ変わるような感じすらします。そういえば思い出すのは長男がまあ2ヶ月ぐらいの時。なぜだか知らないけど、朝起きると、すごくニコ~ッと笑うの(^^)。「ボク、新しい朝に生まれました」って感じに。あれすごくかわいかったなぁ。いまはそれなりに男の子としてフツーに乱暴になってますが、カワイイ奴です(^^)。

投稿: さかた(Ton) | 2009年9月 2日 (水) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月1日、再ヤビツ:

« 090901音本鍛 | トップページ | オケツがイタイのぉ(090902音本鍛) »