« 091029音本鍛 | トップページ | 次男、今日で5歳 »

2009年10月29日 (木)

立川談春『赤めだか』

立川談春『赤めだか』、いい本だった

すごいと思った、談春氏の師・立川談志の言葉。たくさんあったが二つだけ書く。談春師匠が前座時代、談志師匠に教わった3つ目の落語「狸」。それを稽古で師匠の前ではじめてやった時の談志師匠の言葉。


「あのな坊や。お前は狸を演じようとして芝居をしている。それは間違っていない。正しい考え方なんだ。だか君はメロディで語ることができていない、不完全なんだ。それで動き、仕草で演じようとすると、わかりやすく云えば芝居しようとすると、俺が見ると見るに堪えないものができあがってしまう。型ができてない者が芝居をすると型なしになる。メチャクチャだ。型がしっかりした奴がオリジナリティを押し出せば型破りになれる。(中略)結論を言えば型を作るには稽古しかないんだ。狸という根多程度でメロディが崩れるということは稽古不足だ。語りと仕草が不自然でなく一致するように稽古しろ」



「己が努力、行動を起こさずに対象となる人間の弱みを口であげつらって、自分のレベルまで下げる行為、これを嫉妬と云うんです。一緒になって同意してくれる仲間がいればさらに安定する。本来なら相手に並び、抜くための行動、生活を送ればそれで解決するんだ。(中略) 現実は正解なんだ。時代が悪いの、世の中がおかしいと云ったところで仕方ない。現実は事実だ。そして現状を理解、分析してみろ。そこにはきっと、何故そうなったかという原因があるんだ。現状を認識して把握したら処理すりゃいいんだ。その行動を起こせない奴を俺の基準で馬鹿と云う」


二つ目時代から談春師匠が可愛がってもらっていたさだまさしさん(ご存じ大の落語好き、談志を尊敬している)。真打ち昇進を弟弟子に抜かれ、さださんに愚痴った時、厳しくはねつけながらも放った暖かい言葉もすごかった。

談春師匠を知ったのは、実は落語ではない、僕がその激しさに生で見て一度はまった「競艇」の中継^_^;;。大レースの中継には必ず出て、レポートと解説をしている。実際噺家を目指す前には加藤峻二選手に惚れ込んで競艇選手を目指している。でも身長制限(170cm以下でないとダメ)で断念。高校中退して噺家を目指した人だ。

なのでまだ談春師匠の落語、
まともに聞いてないのね^_^;;

一度聴いたのはさだまさしさんのこのアルバムに、さださんのステージトークのネタ「父さんとポチ」を落語仕立てにして入ってる奴。こんなんじゃなくて、古典落語が聞きたくなった。まず一度生で聴きたいな~。

|

« 091029音本鍛 | トップページ | 次男、今日で5歳 »

コメント

円楽師匠亡くなってしまいましたね。笑点でしか落語家を知らなかった私とてもなじみの深い方でした。
でもきがつけば一度も 高座をきいたこともなく
落語自体もほとんどしらないのです。
そういえば図書館に落語のCDがありました。
借りてきいてみようとおもいます。
でも生でその空気しりたいですね
いつかみんなで落語ツアーオフ会してみたいですね。
民衆とともにあゆんだ古典芸能さかたさんも携わっていますよね~。
学校で英米児童文学を学んでおりますがそれにつけても自分の
国の歴史文化について知らない。。。ワタシ。
平行して楽しみながら触れ親しんでそして学んでいこう
来年のテーマでもありますぅ。まずはさださんから聴いてみようかしら!

投稿: ねも | 2009年11月 2日 (月) 08時39分

>ねもさん
>円楽師匠亡くなってしまいましたね。
僕も職場で第一報を読んで、びっくりして声を上げてしまいました。談志・円楽・志ん朝はほぼ同時期の入門でライバルでしたしね。そうそう円楽師匠のお住まいは東武沿線(竹の塚)です。

>図書館に落語のCDがありました。
>借りてきいてみようとおもいます。
文楽、圓生、志ん生、金馬(三代目)、三木助(先代)、可楽etc 昔の名人はどれ聞いてもいいですよ。片っ端からぜひ聞いてみてくださいまし。

>生でその空気しりたいですね
音楽もそうですが、音の芸術はやはりライブでしょうね(^^)。

歌舞伎なんかも、いいですよね。おしゃれしてあの雰囲気楽しんで、銀座でごはん食べてを楽しみながら行くのもステキです。
たぶん図書館に田中優子(法政大学教授)の『江戸の恋』(集英社新書)なんて本あるかと思いますが、この47頁の玉三郎演じる風鈴お姫(鶴屋南北「桜姫東文章」)の写真、すげーですよ。様式を突き詰めた先のリアリティ。これは天才の領域ですが、怖くなりますね。

文楽も人形の持つ切なさに打たれますわ。

投稿: さかた(Ton) | 2009年11月 2日 (月) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立川談春『赤めだか』:

« 091029音本鍛 | トップページ | 次男、今日で5歳 »