« 諦めにも似た建設的な心 | トップページ | Paul Simon/Shining like a national guitar »

2009年11月19日 (木)

LEFT ALONE

「ブラ・タモリ」、見てしまった。今日は秋葉原の昔の話。
ラジオデパートのパーツに懐かしがり、真空管に目を輝かせるタモリさん、同類だわ。古地図を歩くとか、好きにこの番組やってるなぁ。
で、万世橋駅ホームのカットのバックで流れた「マル・ウォルドロン/LEFT ALONE」にグッと来てしまった。ウルっときそうなくらい。いい曲だなぁ。ソロでアレンジしてみたいなぁ、とふと思った。

|

« 諦めにも似た建設的な心 | トップページ | Paul Simon/Shining like a national guitar »

コメント

をを~、大好きな曲♡
城田じゅんじの名演があって、コピーしたよ!
シングルノートのメロディのみだけど。
サカタ隊員がバッキングしてくれたら、多分今でも弾ける♪

ソロアレンジ期待してるよ!ヽ(^。^)ノ

投稿: JIRO@マル | 2009年11月19日 (木) 23時59分

「ブラ・タモリ」、私も毎回見てます。
タモリ倶楽部から毒を抜いた感じの番組っぽいですが、内容的にも私にとってはツボで、ホントに面白いです。

私も古いものフェチなので、割ときょろきょろしながら街を歩くほうなのですが、アキバのあの公園がお堀だったとは気づかなかった・・・

投稿: | 2009年11月20日 (金) 00時37分

>JIROさん
うん、思い出したよ。たぶんコメントくると思ってた。テープ返さずじまいになっててすまん。あれは名演だと思うよ。ギター、リペア出そうよ。山中湖の置きギターにすれば、セッションできるよ。

投稿: さかた(Ton) | 2009年11月20日 (金) 07時41分

>古いものフェチさん
これ、一太郎さんかな(笑)。恐らくmixiタイプのコメントで、名前忘れたかと(笑)。
僕、途中から見たんです。万世橋駅のCG、すごかったなぁ。あれ、設計図とか残ってんのかなぁ。古地図持って歩くと東京は本当に楽しいですよね。

投稿: さかた(Ton) | 2009年11月20日 (金) 07時49分

ハイ、マヌケな私です。よく分かりましたね~ (^^ゞ

古地図ってホントに面白いですよね。新しい地図と見比べたりしてると時間が過ぎるのを忘れてしまいます。

古地図というと最近はネットで、新しい地図と比較が出来たり、重ねて透かして見れるサイトがあったりしますよね。昔じゃあ考えられなかったです。そういう意味では、いい世の中になったかも・・・

万世橋駅は、まだ交通博物館があったころは、非公開ですがホームに上がる階段が残ってたはずなんです。もしまだあるのならば、ブラタモリでは、そこまで突っ込んで欲しかったな・・・

投稿: 一太郎 | 2009年11月21日 (土) 00時01分

>一太郎さん
>よく分かりましたね~ (^^ゞ
わかるわ~い!

>古地図ってホントに面白い。
>新しい地図と見比べたり
東京の旧御府内はホントオモシロイっすよね。旧運河が道になって残っていたり。何気ない地名に昔が残っていたりする。タイムマシンに乗ってるようですわ(^^)。

>万世橋駅
>ホームに上がる階段
まだ壊しきってないから、あるはずですもんね。突っ込んで欲しかったなぁ。そうすると思い出すのが銀座線新橋駅の廃止されたホームですね。「営団」って名前もどっかに残しておいて欲しかったなぁ。。。交通博物館の資料整理はまだ続いてると思ったけど、どうなんだろ。
ちなみに埼玉に新規オープンしたのは「鉄道」博物館なんですよね。それでも規模は大きいですが(鉄道院文書というすごい史料も持っています)、もとは「交通」博物館であり、船舶・航空・自動車含めた流通の下支えをする「交通」全般を取り扱う博物館だったんですよね。「交通」というと、もう大阪にある「交通科学館」になっちゃうのかなぁ。鉄道の浪漫はわかるけど、ちょっと悲しかったりもします。

投稿: さかた(Ton) | 2009年11月21日 (土) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LEFT ALONE:

« 諦めにも似た建設的な心 | トップページ | Paul Simon/Shining like a national guitar »