« 包丁研ぎに、趣味を思う | トップページ | 諦めにも似た建設的な心 »

2009年11月19日 (木)

七五三の写真が上がった

次男の七五三の写真が上がってきた。
僕ら夫婦的にはすごくいい写真に上がった。母も気に入ってくれた。特に義父母、僕の母、僕ら夫婦&息子たち、で撮った写真。これ眺めてるだけで酒がいくらでも飲めそう(爆)。

さて、カミさんと二人で写真を眺めてて感じたこと。。。

Tonのネクタイの色にエッ!
「写真館に行く前に、僕のネクタイの色見て頭抱えた」と、今日上がってきた写真を見てカミさんが白状した。それに引き替え、義父の選んできたネクタイはまさに自分好みだったそう。つくづく自分が父親似だということを感じたそうだ。確かに僕は「色弱(色気に弱い、のではない^_^;;)」であり、色彩センスもないが(音楽にも出てるわ)、このネクタイには意味がある。亡父の形見のネクタイなのだ。つまりこの写真には亡父も写ってる形になる(僕、遺影も持って写ってるし)。それを言ったらカミさん、もう何も言わなかった。こういう論理が通じてくれるから、ウチのカミさん、素敵だ。

長男の七五三、次男の七五三
ウチのリビングには長男の七五三の写真も飾ってある。今回次男のを並べて感じたことは、同じ年齢で撮ったのに、長男の方が大人に見えること。生後4ヶ月くらいから4歳近くまで保育園で育った苦労が出てるね、とカミさんと感慨深かった。

いまの方が好き
カミさんも僕も、いまの顔の方がはるかにいい。そりゃ年を食ってはいる。だが眼に宿る知性ははるかに今回撮った写真の方に感じる。カミさんはどんどんキレイになってる。世の中で「アンチエイジング」なる言葉があるが、僕ら夫婦の感覚からしたら「バカか」と思う。なぜ年齢を重ねることによって、その人なりに増す知性が表情に表れてきている部分を、何故見ないのだろう。

最近は、写真館もデジカメの時代だから、50カット以上撮って選べる。選ぶ際には義母のセンスが光った。ライフワークとして油絵を描き続けているから、一発で構図の善し悪しを見抜いてくれる。僕も一緒に見ていて納得のいくカットを選べたし

|

« 包丁研ぎに、趣味を思う | トップページ | 諦めにも似た建設的な心 »

コメント

子供の七五三は長期出張中だったので、私写ってないのよね(ToT)
写真右上に丸写真入れてもらおうかな(^^;)

投稿: papa | 2009年11月19日 (木) 14時54分

>papaさん
丸写真入りの七五三写真、おもしろ~い(^o^)。しかしもう出張で日本全国は行ったんじゃない。
明日の出張は泊まりなんでしたっけ? チキショー迎撃してぇんだけどなぁ(ToT)。

投稿: さかた(Ton) | 2009年11月19日 (木) 15時28分

ネクタイの色なにいろだったんでしょう。
つい気になります。
奥様のお着物に似合う色だったらなおいいなぁと思いますが
素敵な記念写真になりましたね。
家族写真ってこういうことなんですね。
このブログで息子さんたちの成長を~そしておTonさまの
奮闘ぶりみるにつけ。。私。木の陰から目がしら抑える姉の心境でございます。

投稿: ねも | 2009年11月19日 (木) 18時39分

>ねもさん
ネクタイの色、茶でした。亡父は工員だったので、形見のネクタイはこれしかないし、遺影で締めてるのはこれだから。ちなみに遺影になった写真のもとは、次男のお宮参り、その子の七五三にそのネクタイを締めていたかったっすから。確かに絵的には映えません。でも僕は次男に長男に直接流れこむ命を写真に記録することしか考えてませんでした。
これからも、下手に、ありのままに、書いていきます。このブログは「ふだん記」ですから(^o^)。

投稿: さかた(Ton) | 2009年11月19日 (木) 20時32分

茶すてきないろですね
実家の父が好きな色です。
大地の色ですもの。
あとでうんとあとで息子さんたちが写真をみて
きっとお爺ちゃん、お父さん、そして自分と命のバトンに
気づかれると思います。
ネクタイ大切にされてね。

投稿: ねも | 2009年11月20日 (金) 01時31分

>ねもさん
この写真に写った人、生まれなかった人が一人でもいたら、息子たちはいなかったんです。その奇跡に息子たちが気づくのは、自らの子供が生まれた時でしょうね。裸でぶつかります。それだけです。

投稿: さかた(Ton) | 2009年11月20日 (金) 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七五三の写真が上がった:

« 包丁研ぎに、趣味を思う | トップページ | 諦めにも似た建設的な心 »