« とうとう指切った^_^;; | トップページ | 七五三の写真が上がった »

2009年11月18日 (水)

包丁研ぎに、趣味を思う

趣味の包丁研ぎ、もう次の砥石が欲しくなっている。具体的に言えば、もう少しまともな荒砥と、#5000以上の仕上砥。これが正直な気持ち。でもそれはまだまだとっておく。

次の挑戦は「砥石の修正」にする。

実験台にはお誂え向きな、妙な変形させちまった僕のファースト中砥がある。これを生き返らせられればもっとガシガシ行けそうだし、新調した砥石を長持ちさせられる。
方法としては10cmくらいの角材に#300くらいの耐水サンドペーパー巻き付けてゴシゴシやろうと思ってる。水平が出たかのチェックは手持ちの鋼尺を様々な角度で当てて。さてどうなるか。

それにしても趣味って、始めたてがいちばん楽しい(^o^)。「あれ買って、これ買って、そうすればこんなことできる」って夢想する甘美な時間が。

でも結局は「いまある道具を使いきれるか」に還ってきてしまう。それはギターと自転車でしっかり身体で学んだ。使いきれらずに道具のせいにして散財するのが、大人のストレス解消法でもあるど、もうそれはしたくない。

ギターも自転車も包丁研ぎも、自分の背たけにあった機材を、頭使って味わってみせるぞ(^o^)。それがアマチュアだ(^o^)。

|

« とうとう指切った^_^;; | トップページ | 七五三の写真が上がった »

コメント

こないだ、伊勢根付の名工の老職人に、#5000の砥石で#10000の砥石の性能を発揮する方法を教わっちゃったよ。包丁みたいな大きな刃物を砥ぐにはちょっと向いてないんだけど、彫刻刀とか精密ピンセットにだったら十分使える。

なんか、僕はどんなものでも趣味として始めても、どっかで仕事に回帰しちゃうんだなぁ。もう業だね。

投稿: ウミユスリカ | 2009年11月18日 (水) 23時07分

>ウミユスリカさん
その方法、横方向にも研いでみるのかなぁ。感覚的にそうすればそういう作用が生まれそうな気がする。

>どっかで仕事に回帰しちゃうんだなぁ。
多かれ少なかれ、仕事してればみんなそうだよね。
僕も以前、まだ独身の頃(よ○ちゃんともまともに付き合い出す前だな)、持ち帰り仕事で展示準備してて煮詰まって、原チャリでアパートの部屋飛び出した。
1時間ちょっと走って、皇居の周りへやってきた。気付いたらさっきまで持ち帰り仕事でキャプション原稿考えていた場所にきて、現地確認している自分に気付いて。自分で自分に呆れて大爆笑したよ。「もうヤダ」と思って部屋飛び出してきたはずなのに(笑)。
ギターも「芸事」という意味で伝統芸能保存に関わる活動と切れてないし(テキストとして物語を考える行為より大切だと僕は思ってる)、自転車は地域の写真記録を撮る上でそのまんまだし。業だと思う。幸せだね、僕は、ほんとに。

投稿: さかた(Ton) | 2009年11月19日 (木) 00時54分

横・・・じゃないんだなぁ。

十分水を含ませた二つの#5000の仕上げ砥をこすり合わせてもともと砥石が持っている砥粒より細かく砕かれた砥粒を含んだ砥汁を作り出しちゃうんだって。で、それでやさしく砥ぎ出していくといいらしいんだよね。

投稿: ウミユスリカ | 2009年11月19日 (木) 07時18分

>ウミユスリカさん
砥石2つの合わせ技だったのね。確かに砥粒が小さくならんことには番号は上がらんものね。道具は使いようだね。

投稿: さかた(Ton) | 2009年11月19日 (木) 15時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 包丁研ぎに、趣味を思う:

« とうとう指切った^_^;; | トップページ | 七五三の写真が上がった »